「フォトグラファー」とは?

関連ニュース

「日本3大音楽フェス」関係者だけが知っている歴代ベストシーン:フジロック編 - 07月15日(日)09:00 

今やすっかり夏の風物詩となった、音楽フェスが日本に根付いてから20年が経つ。近年は子連れで参加するオーディエンスも増えており、ビギナー/リピーターを問わず音楽と戯れ合う光景は、カルチャーとしての成熟ぶりを感じさせる。そのなかで、「日本の3大音楽フェス」と呼ばれるFUJI ROCK FESTIVAL(フジロック)、SUMMER SONIC(サマソニ)、ROCK IN JAPAN FESTIVAL(RIJF)は、アーティストと観客の熱狂が生んだ無数のドラマに加えて、フードやファッションといった音楽のみにとどまらないエンターテイメントの多様性でも時代をリードしてきた。そこで今回RSでは、それぞれのフェスと縁の深い関係者にインタビューを実施。彼らが目撃したベストシーンとエピソードを振り返ってもらった。vol.01 FUJI ROCK FESTIVAL(フジロック)1997年に誕生した、日本を代表する野外ロックフェス。国内外から集うラインナップの多様性や、自然に恵まれた開放的なムード、十人十色のスタイルで楽しめる懐の広さで、多くのリピーターを生み出し続けている。このようにフジロックが愛される理由を今一度確かめるべく、公式ファンサイトのカメラマン総括にインタビューを行った。音楽を被写体にするきっかけをくれたのがフジロック公式ファンサイト「FUJIROCKERS.org」(以下org)は、「FU...more
カテゴリー:

コムアイ、アイルランド人と交際順調 結婚は「全然考えてない」 - 07月14日(土)17:33 

 音楽ユニット・水曜日のカンパネラのボーカル・コムアイが14日、都内で行われた写真集『月刊コムアイ・嘘写真 二階堂ふみ』囲み取材に出席した。テレビ番組などでアイルランド人との交際を公にしているコムアイは「今のところ大丈夫です」と順調を報告。出会いは「去年、忘年会で会いました」という彼氏とのゴールインには「全然考えてないです。結婚願望が全然なくて…ぴんと全然来ないです」と話した。 【全身ショット】コムアイ&二階堂ふみ  ミュージシャンをはじめ女優やモデルなど、さまざまな顔を持つコムアイの初写真集を彼女と親交の深い女優・二階堂ふみがフォトグラファーとして撮影。ヌード写真にも挑戦したコムアイは仕上がりに「ナショナルジオグラフィックみたい。動物を観ているような感覚に近い。やっぱりセクシーだなというよりは生き物としての生命力にはなかなか自信が持てました」と胸を張った。  アイルランド人の彼にも同写真集を観てもらったそうで、二階堂が撮り下ろした大胆ショットが掲載された「『(週刊)プレイボーイ』をもう買ってて。コンビニで見つけて、わざわざ18禁のコーナーに置いて写真が送られてきました。いいね、みたいな感じでしたね」とうれしそう。「写真を見せたら喜んでました。やきもちとかはないみたいですね」と微笑んだ。  会見には二階堂も同席。被写体としてのコムアイについて「撮影二日間あったんですけど最初...more
カテゴリー:

広末涼子伝説の大ヒット写真集20年ぶりデジタル復刻 貴重なポジフィルムも公開 - 07月10日(火)11:37 

 女優の広末涼子(37)が20年前に発売し、25万部を超える大ヒットを記録した写真集『NO MAKE』(集英社)が、デジタル完全版として復刻し9日から期間限定で配信中(来月9日まで)。これを記念し、『週刊プレイボーイ』30号では、当時の貴重なポジフィルムを独占掲載した。 【写真】青春の日々が蘇る…広末涼子の10代に密着!  同写真集は「広末涼子、ポケベルはじめる」「ビーチボーイズ」「MajiでKoiする5秒前」など、ドラマに、CMに、歌と90年代後半を象徴するスーパースターだった広末の10代の日々に500日間密着し、約5万枚から厳選された素顔を凝縮。今回のデジタル完全版では、20年の時を越えて未公開カットも加えた完全版として配信する。  広末は本作について「撮影している頃は、本当に忙しかったけど、小さい頃からこの世界に入ることが夢だったから。落ち込んでいる暇もないから、起きているときはずっと元気で! 気づいたら寝てる、みたいな感じでした」と振り返る。  『週プレ』本誌では、広末とフォトグラファーの熊谷貫氏の対談も掲載。撮影当時の思い出や、これまでの20年間を語り合った。  本作は「週プレ グラジャパ!」ほか各電子書店で発売(税込1620円)。 【関連記事】 広末涼子、CMで20年ぶり制服姿「恥ずかしかったです」 【写真】広末涼子の秘蔵写真を“蔵出し” 貴重なグラビアシ...more
カテゴリー:

紙での発表にこだわったオールジャンルの同人写真集即売会イベント「ノンバーコード・ブックス」 - 07月09日(月)09:45 

イベントイメージ 2018年7月16日(月・祝)の13:00〜18:00に、ベルサール秋葉原のB1ホールにて、オールジャンルの同人写真集即売会イベント「ノンバーコード・ブックス」が開催される。入場料は当日1000円 / 前売り900円 / 特定サークル専用待機列チケット1500円。紙という発表形態へのこだわりがある「本・写真集」の頒布イベントで、今回が初開催となる。 本イベントでは、「NON BARCODE=同人」の写真集というテーマにもとづき、フォトグラファーやクリエイター、タレント、コスプレイヤーなどが出展者として一堂に集まる。商業出版では実現することが難しいニッチなテーマを紙にこだわって発表したい人々が参加するイベント。今後も「写真をどうしても本という形でアウトプットしたい」と考える出展者とファンの交流の機会として継続していく予定だ。 出展内容は、同人写真集をメインコンテンツとしていれば、その他の頒布アイテムは自由(成人コンテンツの販売は禁止)。出展者がそれぞれブースに立ち、同人写真集やグッズの頒布を行う。 入場チケットのうち、「特定サークル専用待機列チケット」は、人気が予想される長澤茉里奈さん(まりちゅう)、ゼロイチファミリア(川崎あやさん / 青山ひかるさん / 桃月なしこさん / 林ゆめさん)、似鳥沙也加さんの計3サークルの待機列に、開場時間より早めに優先入場して並べる...more
カテゴリー:

TBS宇垣アナ、グラビア登場に「関係ない仕事をさせるな!」と会社に非難殺到 - 07月07日(土)21:00 

TBSの宇垣美里アナウンサー(27)が、5日発売の『週刊ヤングジャンプ』(集英社)31号の表紙を飾ったことが、ネットで話題となっている。 グラビアページは6ページにわたり、「アイドル顔負けのルックスと飾らないキャラクター」と紹介されている。 欅坂46・長濱ねる(19)の写真集『ここから』(講談社)などを手掛けたフォトグラファー、細居幸次郎氏が撮り下ろしたもので、初夏の休日を思わせるショットを披露したという。 宇垣は『週刊プレイボーイ』(集英社)で連載を持っている縁で、これまでも何度かグラビアに登場しているが、マンガ雑誌のグラビアに局アナが掲載されることは珍しい。 ◆タレント気取りと批判が 宇垣は現在、『炎の体育会TV』や『ひるおび!』などのテレビ番組にレギュラー出演。 ラジオ番組『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ)では、時折サブカルチャーに対する熱い発言や、本音をぶつけた発言などで人気を博している。 しかし、女性向けネット掲示板「ガールズちゃんねる」では、グラビアの仕事を受けた宇垣に対して批判的な意見が集まっている。 「こないだ『あざとい』って言われて嫌みたいに自分で言ってたのに、こういう仕事は受けるんだ……」 「現役の局アナがヤンジャンの表紙……。目立ちたいだけならアナウンサーやめてタレントになれば?」 「会社員がこういうの出ていいんだ。フリーになったときの足がかりかな...more
カテゴリー:

画像に透かしを入れることが無意味に。NVIDIAがノイズも透かしも除去できる技術を開発 | ギズモード・ジャパン - 07月14日(土)22:10 

画像に透かしを入れることが無意味に。NVIDIAがノイズも透かしも除去できる技術を開発 | ギズモード・ジャパンImage: NVIDIA/YouTube画像に透かしを入れることが無意味に。NVIDIAがノイズも透かしも除去できる技術を開発2018.07.14 22:00 便利な技術ではあるけれど…。 写真の無断転載を防ごうと、今のフォトグラファーたちはすでに苦しい戦いを強いられています。しかし、NVIDIA(エヌビディア)の新技術によって、オンライン上の...
カテゴリー:

出張撮影「fotowa」のサービスが沖縄県でも開始!夏休みの旅行のお供に、沖縄ウエディングフォトに、家族の記念写真に最適 - 07月11日(水)12:11 

[ピクスタ] [画像1: https://prtimes.jp/i/8963/46/resize/d8963-46-387345-1.jpg ] ■fotowaとは 「fotowa(フォトワ)」は、撮影して欲しい人とカメラマン(以下、フォトグラファー)をつなぐ、個人向けの出張撮影プラッ...
カテゴリー:

グラフィックからファッション、工業製品、空間まで!デザイナーのお仕事 - 07月10日(火)10:03 

「デザインを考えるのが好き」「デザインの仕事に興味がある」と、デザイナーにあこがれている人もいるのでは?デザインの仕事というと、グラフィックデザイナーやファッションデザイナーをイメージする人も多いけど、実は、ありとあらゆる業界で「デザイナー」が活躍している。そこで、専門学校 桑沢デザイン研究所の進路支援セクション・就職担当の高橋清司さんに、デザイナーにはどんな仕事があるのか、どんな人が向いているのか、デザインの仕事をしたいと考えている高校生にアドバイスをしてもらった。 デザインにかかわる仕事は大きく分けて4つ グラフィックデザイナー、ファッションデザイナー、インテリアデザイナー、アートディレクター、Webデザイナー、エディトリアルデザイナー、ゲームデザイナー、広告デザイナー、CGデザイナー、DTPデザイナー、パッケージデザイナー、インダストリアルデザイナー、エクステリアデザイナー、空間デザイナー、住宅デザイナー、スタイリスト、パタンナー、テキスタイルデザイナー、あなたはいくつ知ってる?これは全部「デザイナー」と呼ばれる職業。さらにアートな分野となると、イラストレーターやフォトグラファーなどもデザインにかかわる仕事のひとつ。 「野菜や肉・魚など、自然にそのままある食料品以外、お店で買えるモノのほとんどにデザイナーがかかわっているといっても過言ではありません。一見、デザインされて...more
カテゴリー:

フォトグラファー トヤマタクロウの写真展が神宮前で開催 - 07月08日(日)23:50 

このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
カテゴリー:

ページを開く覚悟がいる写真集『MY BIRTH』 - 07月07日(土)10:10 

 夫にすがりついて陣痛に耐える女性の背中、メスで切開される膣、膣から頭をのぞかせる嬰児。アメリカで活動するフォトグラファー、カルメン・ワイナンによる『MY BIRTH』は、カルメン本人の写真と、同じく出産経験を持つ女性たちによるファウンド・フォトを織り交ぜて構成された写真集です。よく「生命の神秘」と賛美される出産ですが、その神々しさは一切ありません。壮絶さがストレートに表現されているのです。痛々しすぎて思わず顔をしかめてしまった写真もあり、徐々にページをめくる手が重くなりました。『MY BIRTH』は見る覚悟がいる一冊だと思います。 MY BIRTH by Carmen Winantアメリカ・オハイオ州で活動するフォトグラファー、カルメン・ワイナン(Carmen Winant)の作品集。本作は3人の子供を産んだ母親でもある作者の写真と、同じく出産経験を持つ匿名の女性たちのファウンド・フォトを織り交ぜて構成している。詳しくはこちらから。Top image: © twelvebooks
カテゴリー:

もっと見る

「フォトグラファー」の画像

もっと見る

「フォトグラファー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる