「フォトギャラリー」とは?

関連ニュース

アイデムフォトギャラリー[シリウス]  小学生・中学生・高校生対象第14回 アイデム写真コンテスト 「はたらくすがた」 入選作品展 期間:2018年11月22日(木)~12月5日(水) - 11月19日(月)10:00 

[株式会社アイデム] [画像: https://prtimes.jp/i/2663/890/resize/d2663-890-685369-0.jpg ] アイデムフォトギャラリー「シリウス」を運営する株式会社アイデムは、2005年より小学生・中学生・高校生を対象としたアイデム写真コン...
カテゴリー:

女優「樹木希林」さん 写真展開催 40年間ありがとうございました。 - 11月07日(水)14:44 

2018年11月 富士フイルム株式会社 40年間ありがとうございました。女優「樹木希林」さん 写真展開催のお知らせ日程: 2018年11月9日(金)~11月29日(木) 入場無料会場: FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン・ウエスト1階  FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)では、2018年11月9日(金)から11月29日(木)まで、女優「樹木希林」さんの生前のご活躍に感謝申し上げる写真展を開催いたします。 樹木さんには、1978年から40年にわたって「お正月を写そう」「フジカラープリント」「写ルンです」「PHOTO IS」など、富士フイルムの数多くの広告・テレビCMにご出演いただきました。 1980年の「フジカラープリント」のテレビCM「美しい人はより美しく、そうでない方はそれなりに」というご本人もアイデアを出されたフレーズは当時の流行語となるなど、樹木さんご出演のCMは常に注目を集め強いインパクトを残しました。 本写真展では、「あなたにとって写真とは」の問いに、ご自身の言葉で語っていただいた2006年のテレビCM「PHOTO IS」を中心に、デビュー当時から、人気ドラマの一コマ、今年インタビューを受けられた際の写真までを展示します。また、当社テレビCMの名シーンも、写真と動画でご紹介します。写真...more
カテゴリー:

『西郷どん』40話、鈴木亮平と瑛太の友情と握り飯に感動の声 - 10月29日(月)10:50 

 NHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の40話「波乱の新政府」が28日に放送され、鈴木亮平演じる隆盛と、瑛太演じる大久保利通が交わしたラストシーンに感動する声が続出した。【写真】瑛太、『西郷どん』大久保利通役のストレスで「白髪が増えました」 岩倉具視(笑福亭鶴瓶)と大久保(瑛太)が勅書を携え、薩摩へやってきた。そこには、島津久光(青木祟高)がすぐ東京に上り、新しい政府に力を貸すようにと書かれていた。だが久光は仮病を使って固辞する。 隆盛(鈴木)は大久保に、政府の企みを問いただす。彼の口から飛び出たのは「日本全国の藩を取り潰す」という言葉。いわゆる“廃藩置県”だった。従道(錦戸亮)が憂慮する中、隆盛は打開策として「天子様の軍を作ったらどげんじゃ?」と“御親兵”の創設を提案する。 だが廃藩をめぐり、新政府の足並みはなかなかそろわなかった。強引に事を進めようとする大久保に対し、武士の反乱が起きること、その対策となる御親兵の創設より先に産業の充実を図るべきであること、そうしないと政府の金がなくなると心配する土佐や肥前。 紛糾する中、隆盛は「今すぐわれらの給金を減らし、質素倹約に努めればよか」と指摘して会議は気まずい雰囲気に。さらに大久保や岩倉具視(笑福亭鶴瓶)ら新政府の面々が豪勢な仕出し弁当を食べる中、隆盛は1人、家から持ってきた握り飯をほおばるのだった。 ハイラ...more
カテゴリー:

アイデムフォトギャラリー[シリウス] 高野 経将 写真展「錆びた記憶」 期間:2018年11月15日(木)~11月21日(水) - 11月12日(月)10:00 

[株式会社アイデム] [画像: https://prtimes.jp/i/2663/888/resize/d2663-888-455786-0.jpg ] 昭和20年10月帰京。上野駅で見た「ふるさと東京」は真っ黒な世界だった。 翌年8月足立区千住。家族全員が1つ屋根の下での生活に戻った。...
カテゴリー:

<写真展のご案内>「アメリカ近代写真の至宝 ギルバート・コレクション展」開催のお知らせ - 11月07日(水)14:00 

2018年8月24日 富士フイルム株式会社 FUJIFILM SQUARE 企画写真展「アメリカ近代写真の至宝 ギルバート・コレクション展」開催のお知らせ  FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)では2018年11月9日(金)から11月28日(水)まで「アメリカ近代写真の至宝 ギルバート・コレクション展」を開催いたします。本展は昨年のアンセル・アダムス展に続き、京都国立近代美術館所蔵の貴重なオリジナル・プリントを展示するものです。  現代の写真表現は、1900年代にアルフレッド・スティーグリッツが提唱した「ストレート・フォトグラフィー」を出発点の一つとしています。絵画的表現から分離し、レンズの直截な描写を生かす写真独自の芸術を求めようとしたこの潮流は、フォト・セセッション(写真分離派)を中心として始まり、現在も世界中で発展しつづけるすべての写真表現の源流の一つを成したと捉えることができるでしょう。アメリカではその後、1932年にエドワード・ウェストンやイモジェン・カニンガム、アンセル・アダムスらによって「グループf.64」が結成され、ストレート・フォトグラフィーの美学がプリント作品として極められていきました。そして、1940年代、50年代に入ると、彼らと後進の写真家たちによって、アメリカの写真は自然や宇宙、人間の営みをも示唆する精神性に満ちた独自の写真表現へと進化...more
カテゴリー:

「2PM」ニックンの起用は意外な理由? 凸凹兄妹の騒動を描くタイ産ラブコメディ - 10月29日(月)09:00 

 第31回東京国際映画祭のアジア映画特集シリーズ「国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA #05 ラララ♪東南アジア」に出品された「ブラザー・オブ・ザ・イヤー」が10月28日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、キャストのサニー・スワンメーターノン、ウィッタヤー・トーンユーヨン監督がティーチインに臨んだ。 ・【フォトギャラリー】この日のティーチイン、その他の写真はこちら  さえない兄と聡明な妹を中心に繰り広げられる騒動を描き、タイで興行収入トップを記録した青春ラブコメディ。本作が長編4作目となったトーンユーヨン監督は構想について問われると「映画では兄妹のキャラクターがよく出てきますが、彼らが主役という作品はあまりないんです。夫婦であれば配偶者を選ぶことができますが、兄妹は選ぶことができない。この点に着目しました」と回答。そして「家族によって兄妹の関係が異なると思いますが、本来であれば“兄が妹を守る”というものを逆にしてみたらどうなるのだろうか――そのようにして、今回のストーリーを考えたんです」と補足していた。  日本文化を象徴する要素が多数登場している「ブラザー・オブ・ザ・イヤー」。「タイでは、日本の作品がテレビで頻繁に放送されているんです。例えば『ドラえもん』『キャプテン翼』『ドラゴンボール』『ONE PIECE』。時代によって放...more
カテゴリー:

「フォトギャラリー」の画像

もっと見る

「フォトギャラリー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる