「ピカデリー」とは?

関連ニュース

【英国】ロンドン地下鉄新車両、日立勢は受注逃す 猛アピールした独シーメンスに競り負ける - 06月19日(火)09:34  newsplus

ロンドンの地下鉄の新型車両のイメージ(ロンドン交通局提供) ロンドン交通局は15日、老朽化するロンドンの地下鉄で2023年から入れ替えとなる新型車両94編成を独鉄道製造大手シーメンスに発注すると発表した。契約額は15億ポンド(約2200億円)。入札には、日立製作所もカナダのボンバルディアと共同で応札したが、英国に鉄道車両工場の新設を発表して猛アピールしたシーメンスに競り負けた。 新型車両はヒースロー空港などとロンドン北東部を結ぶピカデリー線に導入する。冷房を完備し、車両間の仕切りがない設計...
»続きを読む
カテゴリー:

胸焼けしちゃう?衝撃の映像美が話題『ニンジャバットマン』公開記念舞台挨拶レポート! - 06月18日(月)11:42 

 DCコミックのおなじみキャラクターが戦国時代にタイムスリップし大暴れする、日本発の『ニンジャバットマン』。『ポプテピピック』で一世を風靡したCGスタジオ「神風動画」の初長編映画で、早くも国内外で話題沸騰中! 6月15日(金)の公開を記念し、翌16日(土)に舞台挨拶が行われました。  舞台挨拶には、バットマン役の山寺宏一さん、ジョーカー役の高木渉さんをはじめ、加隈亜衣さん、釘宮理恵さん、梶裕貴さん豪華声優陣と、監督の水崎淳平さん、脚本を担当した中島かずきさん、キャラクターデザインを担当した岡崎能士さんが登壇。  FIFAワールドカップ真っ只中ということもあり、山寺さんの「バットマン役のクリスティアーノ・ロナウドです」というボケから始まった同イベント。いきなりのボケに「何を言おうと思ったか忘れちゃった」と高木さん。和気藹々とした雰囲気に包まれ、イベントがスタート。  本作といえば、公開前から予告編の衝撃的な映像美が話題に。見終えたばかりの観客たちを目の前に「朝からこんなものを見せてしまってすみませんでした。役者は悪くないです(笑)」と監督。脚本を担当した中島さんも「大丈夫ですか?胸焼けしていないですか?」と観客を心配していました。 これまで数々のバットマンを演じた山寺さん。同作の役は「カッコイイ!」と大絶賛 山寺さんは以前にも『レゴバットマン ザ・ムービー』など様々...more
カテゴリー:

バットマン役・山寺宏一のサプライズバースデーも! 「ニンジャバットマン」レポート! - 06月16日(土)18:17 

いよいよ日本発の「バットマン」アニメーションが公開された! 6月15日(金)から公開している「ニンジャバットマン」、その公開記念舞台挨拶が6月16日(土)東京・新宿ピカデリーで開催され、監督の水﨑淳平さん、脚本の中島かずきさん、キャラクターデザインの岡崎能士さん、バットマン役の山寺宏一さん、ジョーカー役の高木渉さん、キャットウーマン役の加隈亜衣さん、ハーレイ・クイン役の釘宮理恵さん、ロビン役の梶裕貴さんが登壇しました。 「ニンジャバットマン」公開記念舞台挨拶より/BATMAN and all related characters and elements (C) & TM DC Comics. (C)2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved. メインスタッフである3人の「日本でもアメリカでも拍手をいただきまして、これでようやく眠れます」(水﨑)、「皆さん大丈夫ですか、胸焼けしていませんか。90分お付き合いいただきありがとうございます、楽しんでいただけたら幸いです」(中島)、「やっと日本の皆さんに届けられたという思いがあります」(岡崎)というコメントからトークが展開。水﨑監督は完成から約1年が経過し、完成時のテンションが落ち着いてしまい、待っている間にだんだん不安になってきたそうです。 山寺さんはバットマンを演じたことにつ...more
カテゴリー:

長瀬智也&ディーン・フジオカ“秘密プロジェクト”で意気投合!?高橋一生は次作を宣伝 - 06月16日(土)15:15 

池井戸潤氏のベストセラー小説を映画化した「空飛ぶタイヤ」の公開記念舞台挨拶が6月16日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、主演の長瀬智也(TOKIO)をはじめ共演のディーン・フジオカ、高橋一生、深...
カテゴリー:

「ニンジャバットマン」山寺宏一、梶裕貴に“あーん”されたケーキは「バットマン味!」 - 06月16日(土)14:23 

劇場アニメ「ニンジャバットマン」の公開記念舞台挨拶が、本日6月16日に東京・新宿ピカデリーで行われた。ステージにはバットマン役の山寺宏一、ジョーカー役の高木渉、キャットウーマン役の加隈亜衣、ハーレイ・クイン役の釘宮理恵、ロビン役の梶裕貴が登壇。水崎淳平監督、脚本を担当した中島かずき、キャラクターデザインを手がけた岡崎能士も出席した。
カテゴリー:

長瀬智也「もうアイドルに戻らなくていい」と俳優後押しの監督からの手紙に感動 - 06月18日(月)14:26 

映画『空飛ぶタイヤ』公開記念舞台挨拶が6月16日に丸の内ピカデリーで行われ、主演の長瀬智也をはじめ、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、寺脇康文、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、六角精児、本木克英監督が登壇した。
カテゴリー:

長瀬智也「もうアイドルに戻らなくていい」と俳優・長瀬を後押しする監督からの手紙に感動 - 06月18日(月)09:30 

映画『空飛ぶタイヤ』公開記念舞台挨拶が6月16日に丸の内ピカデリーで行われ、主演の長瀬智也をはじめ、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、寺脇康文、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、六角精児、本木克英監督が登壇した。 本作は、人気ドラマ『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』などの原作者として知られる池井戸潤の初となる映画化作品。トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長の赤松徳郎(長瀬智也)が自社の無実を証明すべく、製造元の自動車会社がひた隠す不正を暴く闘いに挑む姿を描いた大逆転エンターテインメント作品だ。 長瀬は「ようやくみなさんに見ていただけることを嬉しく思います。今回は、社長役という自分とはかけ離れた役柄だったので、非常に学ぶことが多かったです。素敵なキャスト、スタッフの方々に囲まれて幸せでした」と挨拶。長瀬と対立する大手自動車会社社員の沢田悠太役を演じたディーンは「1人ひとり違う立場から作品を見てもらうことで、大きなドミノみたいに繋がって1つのムーブメントになってくれれば」と語った。 また、グループ会社の経営計画に疑念を抱く銀行員の井崎一亮役を演じた高橋も、ディーン同様「“正義と悪”が混在するメッセージ性の高い作品となっている」と本作の意義を熱弁。本作が初の映画出演となった長瀬の後輩である阿部は、公開初日にグッズを買い込んだエピソードを語ると...more
カテゴリー:

長瀬智也&ディーン・フジオカ秘密プロジェクトで意気投合!?高橋一生は次作を宣伝 - 06月16日(土)15:15 

 池井戸潤氏のベストセラー小説を映画化した「空飛ぶタイヤ」の公開記念舞台挨拶が6月16日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、主演の長瀬智也(TOKIO)をはじめ共演のディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、寺脇康文、阿部顕嵐、六角精児、メガホンをとった本木克英監督が出席した。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  15日に全国329スクリーンで封切られた今作は、脱輪事故を起こしたトラックの所有主である運送会社社長・赤松徳郎(長瀬)が、製造元である大企業・ホープ自動車の隠蔽工作に立ち向かうさまを描く。長瀬は「社長役という、自分とはかけ離れた部分はありましたが、この役から学ぶことがたくさんありました」と振り返り、観客に感謝を示しつつ「豪華キャストの方々、監督にもお世話になりました」と述べた。一方で本木監督は「名前を言えば誰でもわかる、総勢70人の俳優さんが出演しています。撮影が終わってから1年間、『大丈夫だろうか』とヒヤヒヤしていた。誰ひとり問題を起こさずこの日を迎えられて、本当に嬉しい」とぶっちゃけ、場内の笑いをさらった。  長瀬と初共演となったフジオカは、すっかり意気投合したようで「ずっとしゃべってたよね。さっきも、扉が開く瞬間までしゃべっていた。長瀬さんの“秘密プロジェクト”を聞いちゃって。世の中の人に早く知ってもらいたい。すごいこと」と目を細める。長瀬は「ディーン...more
カテゴリー:

長瀬智也、高橋一生との再会に「お互い年をとった」としみじみ。ディーン・フジオカも同世代共演 - 06月16日(土)14:30 

累計180万部を突破した池井戸潤のベストセラーを映画化した『空飛ぶタイヤ』の公開記念舞台挨拶が6月16日に丸の内ピカデリーで開催され、長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、寺脇康文、阿部顕嵐、六角精児、本木克英監督が登壇。長瀬が同世代であるディーン、高橋との共演の喜びを語った。 【写真を見る】長瀬智也、本木克英監督からの手紙に感激! 本作は、トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長・赤松(長瀬)が、巨大企業の不正に立ち向かう姿を描く社会派ドラマ。長瀬は「社長役という、自分とはかけ離れたところもあったんですが、この役から学ぶこともたくさんありました」と“熱い男”赤松との出会いに感謝した。 長瀬、ディーン、高橋という同世代スターが共演したことでも話題の本作。長瀬は「(同世代など)そういうことを考えなくてもいいくらい溶け込めていた」と絆を育んだことを述懐。ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」(00)、「ハンドク!!!」(01)などで共演歴のある長瀬と高橋だが、長瀬は「久しぶりの再会。中身は全然変わっていない。中身はね!」と高橋との再会を喜び、「お互い年をとったね」としみじみ。「20年弱が経ったいまでも一緒にお仕事ができるのがうれしい」と語ると、高橋も「ありがたいこと」と目を細めていた。 長瀬とディーンは今回が初共演。ディーンによると「ずっとしゃべっていた」そうで、「...more
カテゴリー:

山寺宏一、梶裕貴からケーキあ~ん 「ニンジャバットマン」公開でサプライズ - 06月16日(土)14:20 

 アメリカの人気ヒーロー「バットマン」を日本のクリエイターがアニメ映画化した「ニンジャバットマン」の公開記念舞台挨拶が6月16日、東京・新宿ピカデリーで行われ、声優を務めた山寺宏一(バットマン役)、高木渉(ジョーカー役)、加隈亜衣(キャットウーマン役)、釘宮理恵(ハーレイ・クイン役)、梶裕貴(ロビン役)、監督の水崎淳平、脚本の中島かずき、キャラクターデザインの岡崎能士が出席した。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  15日に60スクリーンで公開された今作。日本の戦国時代にタイムスリップし、最新テクノロジーから切り離されてしまったバットマンが、戦国大名に成り代わって歴史改編をもくろむジョーカーら悪党と戦うさまを描いた。作品の出来栄えに対し、客席から大きな拍手が上がり、キャスト陣も一様に自信をにじませる。水崎監督は、バットマンを大胆アレンジしたことで「アメリカでは卵が飛ぶんじゃないか」と戦々恐々だったそうだが、「でもそんなこともなく拍手をいただき、日本でも拍手をいただいた。やっと寝られるかな」と安堵の表情を見せていた。  また山寺は、今作を振り返り「何回かバットマン役をやらせていてだいて、ついこの間までギャグ寄りだったんですが、今作でかっこいいバットマンをやることができた」とニッコリ。続けて「日本で作ったすごいクオリティの高い作品に参加できて嬉しい」といい、「『レゴ ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ピカデリー」の画像

もっと見る

「ピカデリー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる