「ビースタイル」とは?

関連ニュース

<主婦の「ネット就活」調査 ~スマホアプリ編~>アプリで仕事「探したことある」61.7%、LINE利用率91.7% - 05月23日(水)14:57 

[ビースタイル] ■調査結果概要 [表1: https://prtimes.jp/data/corp/3176/table/257_1.jpg ] [画像1: https://prtimes.jp/i/3176/257/resize/d3176-257-613640-6.jpg ] 1.スマホアプリの使用頻度 「毎日」 71.7% [画像2: ...
カテゴリー:

就活で急増! 企業が親まで巻き込む「オヤカク」って何だ? - 05月20日(日)16:00 

2019年春卒業の大学生の就職活動が本格化しているが、近年、「オヤカク」という就活用語が広がっているという。「オヤカク」(親確)とは、「親に確認する」ことが語源。企業が内定者を確保するため、内定予定者の親に対して「内定承諾」を確認するという。子どもの就職に、ここまで親が干渉する時代になったかとの感慨があるが、当の親たちは「オヤカク」をどう思っているのだろうか――。 内定予定者の「親の承諾を確認する」 主婦に特化した就労支援サービスを展開するビースタイル(東京都新宿区)の調査機関「しゅふJOB総研」が、712人の働く主婦に子どもの就活への関わり方や、「オヤカク」に関する意見や印象を自由に書いてもらったところ、親の半数近くが「オヤカク」を行なう企業には批判的で、「(企業の印象が)悪い」と答えた人が、「良い」と答えた人より2.5倍も多かった。調査は2018年5月7日の発表。 「オヤカク」は、具体的には「挨拶を兼ねて親に電話する」ことから、「会社紹介のパンフレットやDVDを親に送り、どういう会社か説明して安心させる」ことや、「採用担当者が家庭訪問をする」「親の同意書をとる」ことまで、さまざまなケースがあるといわれる。 J-CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に応じた「しゅふJOB総研」の川上敬太郎所長はこう説明した。 「『オヤカク』は数年前から脚光を浴び始めた言葉です。企業が内定者の親...more
カテゴリー:

働き方改革で収入「減った」が「増えた」の7.8倍 働く主婦に聞く、働き方改革で労働時間と家庭の収入はどうなった? - 05月21日(月)14:24 

[ビースタイル] ■調査結果概要 [表1: https://prtimes.jp/data/corp/3176/table/256_1.jpg ] 1.働き方改革が推進されて労働時間減少を実感することが「ある」24.6% [画像1: https://prtimes.jp/i/3176/256/resize/d3176-25...
カテゴリー:

「ビースタイル」の画像

もっと見る

「ビースタイル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる