「ビデオメッセージ」とは?

関連ニュース

【皇室】天皇皇后両陛下、来月北海道に。利尻島を初めてご訪問へ - 07月19日(木)15:59  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180719/k10011539881000.html 天皇皇后両陛下が、来月初めに北海道を訪れ、利尻島などを訪問されることが正式に決まりました。 宮内庁によりますと、両陛下は、来月3日の昼すぎに特別機で北海道入りし、車に乗り換えて 北広島市にある夫婦で営む農園を訪ねられます。 この農園では、障害者と連携した野菜作りを行っていて、両陛下は、ピーマンなどの袋詰めの作業をご覧になります。 翌4日には、北海道北部の利尻島を初めて訪問し、特産のエゾバフンウニの種苗を生産している利尻町の施設...
»続きを読む
カテゴリー:

同級生に優勝報告!6年分の涙も吹き飛んだ!【ツアーカメラマンの景色】 - 07月17日(火)20:40 

毎週、ゴルフツアー会場で選手たちを撮影し続けるプロカメラマン。インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する【サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース編】。 【関連写真】号泣の有村智恵、6年分の涙がコースを濡らした 6年間という長い未勝利期間を乗り越えた有村智恵。苦難の日々を思い出し、涙を流すシーンは、多くのファンの心に響いた。ホールアウト直後から目を潤ませていた有村。優勝が決定した瞬間、家族、関係者とともに喜びを分かち合った。 優勝インタビューと表彰式の間には、高校の同級生で10年以上のつきあいがある原江里菜から祝福の電話がかかってきて、さらに涙。その後、関係者に促され、原へのビデオメッセージを撮影することになったときに見せた、この涙と笑顔が入り交じった表情が印象的だったと話すのは、有村のプレーを追った佐々木啓カメラマンだ。 「強かった時代から、米国での苦難の時代。日本に戻ってきてからの苦労も聞いていましたので、心からおめでとうございますといいたいですね。原選手の話が出たときから泣いていたのが印象的でした」という佐々木カメラマン。同級生に一生懸命メッセージを送る姿に思わずシャッターを押していたという。 「あれだけ強かった有村選手。今...more
カテゴリー:

「半分、青い。」で異例のシーンを放送へ! 俳優陣の役者魂が試される - 07月16日(月)08:17 

第16週に突入した、連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】永野芽郁、結婚式シーンで白無垢姿をお披露目!/(C)NHK 7月16日(月・祝)に放送された第91回では、ヒロイン・鈴愛(すずめ、永野芽郁)と涼次(間宮祥太朗)が鈴愛の実家である楡野家で結婚のあいさつを済ませ、晴れて夫婦となるまでが描かれた。 そんな転換点を迎えた本作だが、7月17日(火)にオンエアされる第92回では、ある“変わった試み”がなされている。 それは、鈴愛の結婚に際して贈られる、仲間たちからのお祝いのビデオメッセージのシーン。鈴愛を見守り、支えてきた秋風(豊川悦司)、菱本(井川遥)、ユーコ(清野菜名)、ボクテ(志尊淳)、ブッチャー(矢本悠馬)、菜生(奈緒)、貴美香(余貴美子)らが登場するのだが、これがアドリブで撮影されているのだ。 北川悦吏子が執筆した台本に書かれているのは、「これだけは言ってほしい」という要素と、「役の気持ちになってスズメに祝福の言葉、お願いします。」というコメントのみ。この役者魂が試される異例のオーダーに、出演者陣が応えている。 メッセージを鑑賞するシーンの撮影を終えた永野は、「秋風先生が映っただけで感動してしまって、すごく大変な時期を共にしたからこそ、いろんな気持ちもわいてくるし、ずっと泣いていました。私をとりあげてくれた貴美...more
カテゴリー:

母校ユニホームでエール=プロ選手会が高校野球応援 - 07月13日(金)17:56 

 一般社団法人日本プロ野球選手会は13日、大阪市内で記者会見し、今年で第100回を迎える全国高校野球選手権を応援するため、プロ選手が母校のユニホーム姿で球児にエールを送る企画を発表した。大島洋平理事長(中日)は「選手からの意見もあって実現した。プロ、アマチュアが一体となり、野球界を盛り上げたい」と述べた。 47都道府県を代表する選手ら計57人が選出され、ユニホーム姿などを選手会のホームページ、選手個人のSNSなどで公開し、出身都道府県へのビデオメッセージも撮影する。 久々に大阪桐蔭高のユニホームに袖を通した中田翔内野手(日本ハム)は「懐かしい。高校時代はいろんな経験をさせてもらった」としみじみ語った。 [時事通信社]
カテゴリー:

ピチピチのキャミソールで女装も披露!?シュワちゃんがはしゃぎ過ぎな殺し屋に! - 07月11日(水)18:03 

盟友シルヴェスター・スタローンの72歳のバースデーパーティに贈られたビデオメッセージで、自身の放ったジョークに爆笑しながらお祝いコメントを述べるユーモラスな姿が、アメリカのエンタメサイトで報じられたアーノルド・シュワルツェネッガー。数々の映画でもイメージそのままの快活な暴れっぷりでファンの心を掴んできた彼だが、最新作『キリング・ガンサー』(7月14日公開)では、いろんな意味でシュワちゃん史上最も“やり過ぎ”な姿を披露している!? 【写真を見る】シュワちゃんがカントリー歌手に転向?なんとも微妙な歌唱力を披露/[c] 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED [c] 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED 本作は“ガンサー”と呼ばれる世界最強の殺し屋と、彼の命を狙う暗殺者集団の壮絶な戦いをドキュメンタリータッチで描く異色のアクションコメディ。シュワちゃんは、手がかりを一切残さず、痕跡も目撃者もいない、正体不明かつ神出鬼没のガンサーを演じている。 “世界最強の殺し屋”と聞いて、『ジョン・ウィック』シリーズの主人公のようなハードボイルドな男を想像する人も多いことだろう。ところがこのガンサーは、ハードボイルドとは程遠く、むしろおちゃらけまくりな人物。 敵をライフルで始末して笑顔&カメラ目線で「大当たり!」...more
カテゴリー:

<半分、青い。>秋風ロス民が大歓喜!トヨエツ再登場で「これは泣く…」 - 07月17日(火)23:11 

放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の第92回(7月17日放送)でヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の婚礼シーンが放送され、鈴愛は映画監督志望の青年・森山涼次(間宮祥太朗)と結婚。森山鈴愛となった。鈴愛に贈られた祝福ビデオメッセージには、秋風羽織(豊川悦司)ら懐かしい面々が登場。視聴者を沸かせている。 【写真を見る】鈴愛(永野芽郁)の結婚式!花嫁姿の鈴愛がキュート!!/(C)NHK ■ 秋風羽織「この物語に締め切りはない」 まず登場したのは鈴愛の漫画家時代の同期、ボクテ(志尊淳)とユーコ(清野菜名)。「何があっても、私たちはずっとずっと友達」(ユーコ)、「いろいろあったね。最初会ったときなんて、ホントどうなることかと思ったけど、どんなにつらい時とか苦しいときでも明るい鈴愛ちゃんを見て勇気をもらってました」(ボクテ)と笑顔でメッセージ。 続いて登場したのが人気漫画家で鈴愛の師匠だった秋風。黒の羽織袴を着こなし、「人生もまた、物語だ。今日から君は、毎日毎日少しずつペンを入れて“森山鈴愛”という物語を描き続けることになる。この物語に締め切りはない。一コマ一コマ丁寧に、大切に…描きなさい」とサングラスの奥の目を潤ませた。 ゴージャスな花柄ワンピースで登場したのは、秋風のマネージャー・菱本若菜(井川遥)。「鈴愛さん。まさかあなたに先を越され...more
カテゴリー:

全員アドリブシーンはどうやって?【朝ドラの裏側をのぞきたい!(19)】 - 07月17日(火)17:30 

第16週を放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。7月17日(火)に放送された第92回では、ヒロイン・鈴愛(すずめ、永野芽郁)のもとに結婚式のビデオテープが届けられ、仲間たちの隠しメッセージが映し出されるシーンがオンエアされた。 【写真を見る】秋風役・豊川悦司のアドリブにも絶賛の嵐!「さすがの貫禄…」/(C)NHK SNS上では感涙の報告が続々と上がり、また、ヒロインの高校生時代や漫画家時代の主要キャストが再登場したことで、喜びの声もあふれた。 ■ 北川悦吏子からの「挑戦状」に、奈緒は…? 脚本を手掛ける北川悦吏子は、自身のTwitterで該当シーンの台本の一部を公開。「挑戦状」と称したシナリオには、「ここから、全ての方、ご自分の言葉でしゃべっていただきます。その役をやってきて、その役のことをその人なりに、生きてきたと思います。その役の気持になって、スズメに祝福の言葉、をお願いします。」と書かれている。つまり、ビデオメッセージ部分は俳優陣のアドリブで撮影されているのだ。 菜生役で出演する奈緒は、この時の撮影を振り返り、「初め、考えてきたものをやろうとしたらうまくできなかったんです。でも、監督さんから『今までの鈴愛とのシーンを思い出して、どう?』と言われて。卒業式の後、みんなでお好み焼きを食べるシーンだったり、上京する鈴愛を見送...more
カテゴリー:

少年ら ビデオメッセージで感謝 タイ・洞窟から救出の13人 - 07月14日(土)18:25 

少年ら ビデオメッセージで感謝 タイ・洞窟から救出の13人
カテゴリー:

メディアの極北でも最優秀賞! マキタスポーツ、スージー鈴木も喜びのコメント - 07月13日(金)07:15 

7月12日、東京・千代田放送会館にて「第8回衛星放送協会オリジナル番組アワード」の授賞式が行われた。 【写真を見る】北大路欣也も登場!「三屋清左衛門残日録 三十年ぶりの再会」が大賞に選ばれた オリジナル番組賞 バラエティー部門の最優秀賞に輝いたのは、BS12 トゥエルビで毎週金曜深夜に放送されている「ザ・カセットテープ・ミュージック」(夜2:00-2:30)。プロデューサーの高橋良美氏、演出の浅沼雄介氏が登壇した他、番組に出演するマキタスポーツはビデオメッセージで登場。さらに、ゲストとしてもう一人の出演者であるスージー鈴木が駆けつけ、会場を盛り上げた。 同番組はマキタスポーツとスージー鈴木が1980年代の音楽シーンを振り返り、テーマに沿った名曲を紹介するというもの。今回のアワードでは番組の初回としてオンエアされた「A面に入れたいサザンの名曲」が選考対象となり、見事 最優秀賞を獲得した。 ■ 高橋良美プロデューサー 受賞者スピーチ このたびは大変名誉な賞をいただきまして、ありがとうございます。私どもはBS12 トゥエルビと申しまして、リモコンの中でも一番端っこにある、無料放送でございます。 その中でも深夜2時という丑三つ時で、私たちは自虐的に“メディアの極北”と呼んでいます。そこでマキタスポーツさんとスージー鈴木さんという、非常に希有な才能と出会うことができまして、今回、このような賞...more
カテゴリー:

「ビデオメッセージ」の画像

もっと見る

「ビデオメッセージ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる