「ビットコイン」とは?

関連ニュース

GS、ブランクファインCEO、仮想通貨が存続していく可能性も除外しない【フィスコ・ビットコインニュース】 - 06月22日(金)04:04 

*04:04JST GS、ブランクファインCEO、仮想通貨が存続していく可能性も除外しない【フィスコ・ビットコインニュース】。
カテゴリー:

ゴールドマンサックス、仮想通貨のデリバティブ取引を検討【フィスコ・ビットコインニュース】 - 06月21日(木)16:23 

*16:23JST ゴールドマンサックス、仮想通貨のデリバティブ取引を検討【フィスコ・ビットコインニュース】。
カテゴリー:

今、ジンバブエでは「スマホ決済と仮想通貨」がアツい - 06月21日(木)15:20 

中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まりました。ジンバブエです。※ちなみに、上の写真は首都のハラレ。想像以上に都会です!キャッシュレス化は必然!?ジンバブエといえばハイパーインフレのイメージです。自国の通貨であるジンバブエドルが紙クズ同然になり、パンひとつ買うために持ちきれないほどの札束を抱える人々をニュースで見たことがあります。実際、2009年には自国通貨を廃止して、アメリカドルなど9つの外貨を国内通貨として使用することに。とはいえ、ことはそんな簡単に解決するはずもなく、肝心の外貨が不足し、今現在も経済の混乱は続いている模様。そんな背景から、ジンバブエの人々は“通貨”そのものに見切りをつけ、キャッシュレス化への動きが加速したようです。仮想通貨取引所が中央銀行に勝訴その象徴ともいえるのが「Zapper」というQRコード決済用アプリの存在。同国のテクノロジーメディア「TechZim」によると、今多くの経営者たちがこの「Zapper」を積極的に取り入れる動きがあるとのこと。日本でいえば「LINE Pay」のようなものでしょうか。なんせ、通貨の流通が滞っているジンバブエでは、銀行からお金を引き出すのにも上限が決められており一苦労。スマホ決済が当たり前に...more
カテゴリー:

世界中の富裕層が殺到!? 元経済ヤクザが解説する臓器移植ビジネスの闇 - 06月21日(木)08:52 

 山口組の直系組織に所属する経済ヤクザとして、海を渡って暗躍。さまざまな国でビジネスを手掛けてきた猫組長は“現役時代”に様々な修羅場を目の当たりにしてきた。中でも忘れられないのが、人身売買ビジネスが平然と行われていることだという。ここでは中国のある病院で猫組長が見たおぞましい実態について触れたい。  * * *  ベトナムへ行ってきた。ハノイから南へ約150㎞、車で3時間ほど走るとタインホアだ。トンキン湾に面したサムソンビーチはリゾート開発が進み、観光客で賑わう。日本でいうと熱海のような場所だが、経済特区のニソンは、クウェート国際石油や出光興産の出資でベトナム最大の製油所建設が進む、成長著しい土地である。  私がタインホアを訪れたのは、西原理恵子さんの絵でおなじみの「人買い」こと井上君の仕事ぶりを見るためだった。彼はハノイとタインホアで、日本への留学、就職を希望する若者のために学校を運営している。ベトナム政府からの信頼も厚く、外交官以上の扱いで入国審査もない上に花束での歓迎まで受けた。  ベトナムに限らず、発展途上国に政治腐敗はつきものだ。国家的プロジェクトは役人とマフィアの利権の巣窟と化す。私たちが地元マフィアのボス宅を訪れた時にも省の高官が同席し、空港建設の利権について話し合っていた。  社会主義体制のベトナムは特権階級とマフィアの癒着が特に顕著で、公共工事から麻薬取...more
カテゴリー:

NASDAQのフリードマンCEO、ICOに懸念表明【フィスコ・ビットコインニュース】【フィスコ・ICOニュース】 - 06月21日(木)07:30 

*07:30JST NASDAQのフリードマンCEO、ICOに懸念表明【フィスコ・ビットコインニュース】【フィスコ・ICOニュース】。
カテゴリー:

米Stルイス連銀FRED、4つの仮想通貨組み入れ【フィスコ・ビットコインニュース】 - 06月22日(金)02:06 

*02:06JST 米Stルイス連銀FRED、4つの仮想通貨組み入れ【フィスコ・ビットコインニュース】。
カテゴリー:

孫正義氏、「ブロックチェーンなどを使った技術に取り組んでいる」【フィスコ・ビットコインニュース】 - 06月21日(木)15:26 

*15:26JST 孫正義氏、「ブロックチェーンなどを使った技術に取り組んでいる」【フィスコ・ビットコインニュース】。
カテゴリー:

仮想通貨のイベントスケジュール:6月21日更新【フィスコ・ビットコインニュース】 - 06月21日(木)11:14 

*11:14JST 仮想通貨のイベントスケジュール:6月21日更新【フィスコ・ビットコインニュース】。
カテゴリー:

W杯現地入りサポーターが知らない「ロシア最新事情」――街中の撮影は警官が制止する!? - 06月21日(木)08:31 

 「2018 FIFAワールドカップ ロシア」が開幕、日本代表のグループリーグ初戦、コロンビア戦を2-1で勝利した。連日熱戦が繰り広げられているが、その舞台となっているロシアについて、我々はどれだけの知識を持っているだろうか。  プーチン大統領、面積がもっとも大きい国、名物料理はボルシチ……という以外に堂々と現在のロシアについて語れる人はそう多くないだろう。  いったい、2018年のロシアとはどういう国なのか。産業事情から市内の風景まで、現地に頻繁に足を運んでいるロシアの“プロ”に話を聞いてみた。 ◆理系の国、ロシア 「一言で言えば、理系と農業の国。それが今のロシアです。旧来型の小麦栽培に加えて、高度な理系の研究者を携え、FinTech関連の技術開発が進んでいます」  そう語るは、Bsmoグループ代表取締役の清水正氏。清水氏は現在、ロシア商工会議所のメンバーをパートナーに迎え、ロシアで高度医療機器を販売するプロジェクトを進めている。実質的に、日本で唯一ロシアに進出しているベンチャー企業だ。  なぜ、ロシアに進出する日本のベンチャー企業は少ないのか。 「高度医療機器の仕事をする場合、ロシア政府からの許可が必要なのですが、それがとても煩雑。承認書で修正点が一箇所でもあった場合、お役所仕事なので、その修正に3か月かかるなど、かなりの時間を取られることも珍しくありません。決し...more
カテゴリー:

トランプ米政権のマルバニーOMB局長、仮想通貨の監督で最も効果あるポイントを探す【フィスコ・ビットコインニュース】 - 06月21日(木)06:40 

*06:40JST トランプ米政権のマルバニーOMB局長、仮想通貨の監督で最も効果あるポイントを探す【フィスコ・ビットコインニュース】。
カテゴリー:

もっと見る

「ビットコイン」の画像

もっと見る

「ビットコイン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる