「ヒット曲」とは?

関連ニュース

かりゆし58が語る 沖縄のアーティストに受け継がれてきたものとは - 05月25日(金)07:40 

母への感謝の思いをつづったヒット曲「アンマー」など、心に響く楽曲を生み出し続ける4人組バンド「かりゆし58」。結成13年を迎えた彼らの“核”やこれからの夢、そして100年後に残したい音楽について、前川真悟さん(ヴォーカル&ベース)、新屋行裕さん(ギター)が語り合いました。 人の営みのそばに寄...
カテゴリー:

工藤静香、インスタで生歌披露 紅白出場曲をピアノアレンジで - 05月24日(木)16:32 

歌手の工藤静香さんがインスタグラムを更新し、1992年のヒット曲「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」の一節を披露した。2018年6月23日から始まるアコースティックライブツアーのリハーサルの合間に撮られたものと思われる。
カテゴリー:

ウィル・スミスの娘ウィロー、「12歳でリストカット」の過去を語る - 05月24日(木)14:45 

ウィル・スミスの長女のウィロー・スミス(17)が、オンライン番組「レッド・テーブル・トーク」に出演し、5年前まで自傷行為をしていた過去を告白した。 【写真を見る】うつろな眼差しと硬い表情…12歳当時のウィローに一体何が?/写真:SPLASH/アフロ ウィル・スミスとジェイダ・ピンケット・スミス夫妻は、2人合わせて2億8000万ドル(約310億円)の資産を誇るセレブ一家だ。有名俳優の両親の庇護のもと、長男のジェイデン・スミスと長女のウィローは、ホームスクールで学びながら何不自由なく暮らしてきた。ウィローは7歳で子役として映画に初出演したのち、2010年には歌手デビューも果たし、弱冠10歳でデビュー曲「ホイップ・マイ・ヘアー」をリリースした。同曲はビルボードで最高11位だったが、その後はヒット曲に恵まれていないようだ。 14日に放送された番組には、ウィローの祖母エイドリアンさんと母ジェイダ、そしてウィローの3人が出演し、番組タイトルの通り「レッド・テーブル」を囲んでトークを披露。その席でウィローが投下した爆弾発言は、以下のような内容だった。 「デビュー曲のあとぐらいだったかしら?歌のレッスンもやめちゃって、『私って一体何?何がやりたいの?私にできることは、これ以外に何かあるの?』みたいなグレーゾーンに迷い込んじゃったの」「ツアーやプロモーションが終わったら、今度はアルバムと言われて、『...more
カテゴリー:

【沖縄】引退する安室奈美恵さんに沖縄県から県民栄誉賞贈呈 翁長知事が表彰 - 05月24日(木)01:56  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180523/k10011449771000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_032 5月23日 19時47分 シェアするhelptwitterfacebookline 沖縄を代表するアーティストの1人で、ことし9月に芸能界から引退する安室奈美恵さんに沖縄県から県民栄誉賞が贈られました。 ヒット曲を連発し、その人気が社会現象にもなった沖縄県出身の歌手、安室奈美恵さんは、ことし9月に芸能界から引退することを発表しています。 平成12年の九州・沖縄サミットでイメージソングを披露するなど安室さんの25年にわた...
»続きを読む
カテゴリー:

【オリコン】西城秀樹さん作品が急上昇 8位「ブルースカイ ブルー」など5作がTOP100 - 05月23日(水)04:00 

 今月16日に急性心不全のため亡くなった西城秀樹さん(享年63)が残した数多くのヒット曲が、5/28付オリコン週間デジタルシングル(単曲)/アルバム両ランキングで急上昇した。 【動画】西城秀樹さん、最後のアルバムでの力強い歌声  デジタルシングルでは「ブルースカイ ブルー」(1978年発表/2017年11月配信開始)が週間6788DLを売り上げ、8位にランクインして初TOP10入りしたのを筆頭に、21位に代表曲「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」(79年発表/17年11月配信開始)、47位「ターンAターン」(99年発表/17年6月配信開始)など5作がTOP100入り。TOP200内には9作がランクインした。  デジタルアルバムでは『70’sシングルA面コレクション』が6位となり、初ランクインで初TOP10入り。『80’sシングルA面コレクション』は22位に初登場した.  また、CDアルバムランキングでは、『GOLDEN☆BEST 西城秀樹 シングルコレクション』(2012年7月発売)が77位で初TOP100入りしたのをはじめ、計4作がランクイン。多大な功績を残した西城さんの歌声を手元に残そうとするファンの想いがランキングに反映された。 ■西城秀樹さんランクイン作品一覧(5/28付) ▽デジタルシングル(単曲) 8位「ブルースカイ ブルー」 21位「YOUNG MA...more
カテゴリー:

『イッテQ』お祭り男、劇的すぎるBGMで大爆笑! - 05月25日(金)07:00 

 5月20日、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」を放送。お笑い芸人の宮川大輔(45)がラオスのお祭りに挑戦した。  今回宮川は、ラオスで行われる「橋祭り」に挑戦。このお祭りは、池にかけられた細い板の橋上を自転車で走り、落水することなくゴールを目指すというもの。  過去にも自転車で細い橋を渡るお祭りに参加したことがある宮川だが、今回は橋の途中で4つの巨大なボールが回転しながらチャレンジャーの邪魔をするため、さらに難易度が上がっているという。  まず練習に挑んだ宮川は、橋の途中まで順調に進んだものの、そこでボールに当たって落水。練習を重ねるうちに、ボールを避けようとするとかえってバランスを崩すことに気づき、宮川はボールを気にしないで進む作戦を思いつく。すると、この作戦が功を奏し、練習で橋を渡りきることに成功した。  宮川は、練習で成功した良いイメージを維持したまま、お祭りの本番に挑戦。当日は「久々に表彰台上がると思います」と自信をのぞかせた。  そして、満を持して宮川の出番が訪れる。スタートした宮川は、練習通りボールは無視して直進。しかし、その宮川の顔面にボールが直撃し、そのまま落水。スタートからわずか数秒で宮川が泥水に落ちると、その瞬間、バックではLittle Glee Monsterが歌う『Jupiter』...more
カテゴリー:

BiSHが即完ライブで初の全国ホールツアー開催を発表! - 05月24日(木)16:00 

"楽器を持たないパンクバンド"BiSHが、5月22日に横浜アリーナにてワンマン公演「BiSH "TO THE END"」を開催した。 【写真を見る】開演と同時に熱狂に包まれた会場のもよう 同公演は、2017年12月に「ミュージックステーション」(毎週金曜夜8:00、テレビ朝日系)に初出演した際にテレビCMで解禁され話題になり、平日にも関わらずチケットも即日完売となったBiSH史上最大キャパシティでのワンマン公演。 公演では、1万2000人の清掃員(BiSHファン)で埋め尽くされた会場は開演と同時に熱狂に包まれ、メンバーは新旧ヒット曲を織り交ぜたセットリストで終始会場を魅了した。 また、6月27日(水)発売の両A面シングル「Life is beautiful / HiDE the BLUE」を初披露。 そんな中、10月より全10公演を行う自身初となる全国ホールツアー「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR」の開催を発表。さらに、5月26日(土)に岩手・カウンターアクション宮古にて「”TO THE END,THE END”」を開催することを発表した。 この模様は6月23日(土)にAbemaTVにて放送される。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・氣志團「オラ、わくわくすっぞ!」BiSHら出演アーティストが意気込み ・広瀬すず主演の...more
カテゴリー:

Jポップ:全米歌手デビュー 作曲家、芹澤さん古希の挑戦 - 05月24日(木)11:00 

 「ジュリアに傷心(ハートブレーク)」など1980年代の大ヒット曲を数多く手がけた作曲家の芹澤廣明さん(70)が24日、オリジナル曲「Light It Up!」で歌手として全米デビューを果たすことになった。古希での夢実現が話題になりそうだ。
カテゴリー:

米津玄師CMソング「LOSER」、アルバム曲からの新たな波及ヒット - 05月23日(水)18:00 

 米津玄師のHonda『JADE』テレビCMソング「LOSER」がオンエアスタート。過去のアルバム収録曲が各種ランキングにうねりを起こす、デジタル音楽時代の新たな波及ヒットになっている。 【順位】ランキングに“うねり”を起こしている米津玄師楽曲 ◆ドラマ主題歌「Lemon」に続くムーブメントに  テレビCMが5月17日より全国でオンエア開始された今週のランキングでは、「LOSER」だけでなく、これまでの主な米津作品が軒並み順位を急上昇させた。興味深いのは、新曲ではなく、過去のアルバム収録曲がCMソングとしてフィーチャーされたことで、同アルバムだけでなく、ほか収録曲から最新ヒット曲までシングルにも影響が現れ、それもライトユーザーが動きやすいデジタルとともに、すでにコアファンは所有しているであろうフィジカルをも動かす大きなうねりになっていることだ。 『BOOTLEG』に収録されていた「LOSER」は、16年9月の配信開始からロングヒットとなり、今年に入ってからも毎週2000~4000DLをキープ。CM放送前の先週は36位(0.3万DL)だったが、今週一気に3位(2.0万DL)に駆け上がった(累積9.6万DL)。そして、この波及効果は、名曲「Lemon」の爆発的なヒットで米津作品が動きやすい状況になっていたなかで、見事に各種ランキングに及んだ。 『BOOTLEG』がデジタルアル...more
カテゴリー:

BiSH横アリ公演は1万2000人の清掃員が集結、10月には全国ホールツアー開催へ - 05月23日(水)00:13 

5月22日、BISHが横浜アリーナでワンマン公演「BiSH "TO THE END”」を」を開催した。平日にも関わらずチケットも即日完売となったBiSH史上最大キャパシティでのワンマン公演を無事成功させ、10月から全10公演の全国ホールツアー「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR」の開催を発表した。即日完売となったこの日の公演、2017年12月に「ミュージックステーション」に初出演した際にテレビCMで解禁され話題になり、チケット発売後即ソールドアウトとなった。1万2000人の清掃員(BiSHファン)で埋め尽くされた会場は終始一体感に包まれ、あらためてBiSHと清掃員の結びつきを強く感じさせた。新旧ヒット曲を織り交ぜたセットリストで、6月27日発売の両A面シングル「Life is beautiful / HiDE the BLUE」も初披露となった。意味深な公演名ではあったが、ライブ中に発射された銀テープには「TO the END TO the START!!」と記されていた。一つの完成形を見せたBiSHにとっての「終わり」であり「始まり」のステージ。MCでアイナ・ジ・エンドは「精進します」と言い、モモコグミカンパニーは「清掃員にこれからも打ち勝っていく」と断言。さらなる高みを目指すBiSHの飽くなき挑戦。これからの活動からも目が離せない。「BiSH "TO THE...more
カテゴリー:

もっと見る

「ヒット曲」の画像

もっと見る

「ヒット曲」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる