「パラシュート」とは?

関連ニュース

戦争世代ってだいたいもう死んだよね、人殺しのクズ共が死んでようやく平和になるんだな - 07月21日(土)23:57  news

TransitionはFAA(連邦航空局)やNHTSA(米国運輸省道路安全局)いずれの基準にも適合し、自動車としてはシートベルトやエアバッグ、ドライブモードでのリアビューカメラなど、飛行機としてパラシュートの安全装備も搭載する。 動力源はガソリンエンジンと、他のリチウムイオン電池よりも安全性の高いリン酸リチウムイオン電池のハイブリッド構成とする。 巡航時の最高速度は時速161kmで、地上走行時の最高速は記載されていないものの、「高速道路を走れるほど」だとする。航続距離は約644km。2人分のシートをもち、有効積載量は約227kg...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】「空も飛べる車」が2019年に市販開始(※動画あり)!!!!! - 07月21日(土)07:48  news

「空も飛べる車」が2019年に市販開始 まるでSFにでてくるような「空飛ぶ車」を開発する米Terrafugiaは17日(現地時間)、同社が開発した「Transition」を2019年より市販することを発表した。まさにSF作品のロボットのように翼を収納・展開することでモードを切り替える同機は、法律上も「スポーツ用軽飛行機でありながら自動車」という異色の存在となるようだ。 TransitionはFAA(連邦航空局)やNHTSA(米国運輸省道路安全局)いずれの基準にも適合し、自動車としてはシートベルトやエアバッグ、ドライブモードでのリアビューカメラなど...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】「空も飛べる車」が2019年に市販開始 - 07月19日(木)23:53  bizplus

まるでSFにでてくるような「空飛ぶ車」を開発する米Terrafugiaは17日(現地時間)、同社が開発した「Transition」を2019年より市販することを発表した。まさにSF作品のロボットのように翼を収納・展開することでモードを切り替える同機は、法律上も「スポーツ用軽飛行機でありながら自動車」という異色の存在となるようだ。  TransitionはFAA(連邦航空局)やNHTSA(米国運輸省道路安全局)いずれの基準にも適合し、自動車としてはシートベルトやエアバッグ、ドライブモードでのリアビューカメラなど、飛行機としてパラシュートの安全装...
»続きを読む
カテゴリー:

ジェフ・ベゾスのBlue Originの打ち上げテスト成功――カプセル、ブースターとも予定どおり無事回収 - 07月19日(木)06:50 

今日(米国時間7/18)、ジェフ・ベゾスの宇宙企業、Blue Originはテキサスの基地でこれまででもっとも重要な発射実験の一つを実施した。今回のテストでは上空で乗員カプセルの脱出用ロケットが点火され、カプセル、ブースター双方を無事回収することに成功した。ブースターからの切り離し直後に乗員カプセルのロケットが予定どおりのタイミングで点火され、カプセルはこれまでで最高の高度を達成した。 このテストの成功はジェフ・ベゾスの宇宙企業にとって非常に大きな意味がある。Blue Originでは、このテストが成功すれば今年中に最初の有人飛行に進めるとしていた。 Liftoff! New Shepard has cleared the tower on its way to space. Escape motor to be fired after booster separation. — Blue Origin (@blueorigin) July 18, 2018 今日のテストはBlue Originとしては9回目、New Shepardロケットとしては3回目の打ち上げだった。2万人以上がYouTubeでのライブ中継を見た。Blue Originによるハイライトを下にエンベッドしてある。回収されたカプセル、ブースターとも再利用を前提にデザインされているという。 ブー...more
カテゴリー:

バイク爆走・大爆破・ヘリ操縦・スカイダイビング……トム・クルーズと江戸川コナンの驚愕アクションを比較! - 07月13日(金)21:00 

全世界累計興収3000億円以上、トム・クルーズが伝説的スパイ「イーサン・ハント」を演じる大人気アクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ。その最新作となる『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(原題:MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT)が、8月3日(金) 日本公開となります。 すでに、パリ・凱旋門前を爆走する “バイクアクション”や、撮影中のアクシデントにより骨折を負ったことが大々的に報じられるも、見事な回復力によって驚異的なスピードで撮影を再開し大きな話題をさらった”ビルジャンプ”、2000時間の飛行訓練の末にトム自ら “ヘリコプター”を操縦した”超絶ヘリスタント”など、世界を驚かせ続けるトム・クルーズ自らがノースタントで挑む「全て、本物」のド迫力のアクションは本作でも健在! ”フォールアウト=予期せぬ余波”というタイトルと、これまでイーサンが挑んだミッションすべてが本作の物語に繋がるという、さらなるストーリーの拡がりに期待が高まり、さらに先日、トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督4人の来日が発表され、ますます意気上がり日本中からの熱い注目を一身に浴びています。 本作でも大注目...more
カテゴリー:

Official: 空飛ぶクルマTerrafugia、2019年の市販開始を発表。吉利の買収で開発体制が安定 - 07月21日(土)15:00 

Filed under: ハイブリッド, 工場/製造 折りたたみ翼式空飛ぶクルマの開発を続けるTerrafugiaが、2019年にも市販モデルの販売を開始すると発表しました。2006年から続く開発では、もともと2011年の出荷を目指していたものの、のちに2013年へと修正。その後さらに延期を重ねて、2017年にはTerrafugiaが中国浙江吉利グループ(浙江吉利控股集団)に買収される流れとなりました。 しかしこの買収が資金の確保と開発人員の3倍増という体制の充実化をもたらしたことにより開発が加速。買収された時点で目標に掲げた「2019年の市販開始」が現実のものになりそうです。 「Transition」と称する最新の開発機体は、従来からいくつかの仕様変更を受けています。たとえば動力はガソリンエンジンとLiFePO4(リチウム鉄リン酸塩)バッテリーを使うモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド式となり、スロットルには加速重視モードがオプション追加されました。 安全面では航空電子工学のDynonが開発に協力し、BRSの航空機パラシュートシステムが提供されることになったほか、車内(機内?)の座席が改善され、操縦用のUIも美しくかつ直感的に改められました。またシートベルトやエアバッグの安全性が向上し、荷室も拡大するなど多方面に渡る改善が加えられました。 記事執筆時点では、まだTerra...more
カテゴリー:

【自動車】「空も飛べる車」が2019年に市販開始(動画あり) - 07月20日(金)08:23  newsplus

◆「空も飛べる車」が2019年に市販開始  まるでSFにでてくるような「空飛ぶ車」を開発する米Terrafugiaは17日(現地時間)、同社が開発した「Transition」を2019年より市販することを発表した。まさにSF作品のロボットのように翼を収納・展開することでモードを切り替える同機は、法律上も「スポーツ用軽飛行機でありながら自動車」という異色の存在となるようだ。  TransitionはFAA(連邦航空局)やNHTSA(米国運輸省道路安全局)いずれの基準にも適合し、自動車としてはシートベルトやエアバッグ、ドライブモードでのリアビューカメラな...
»続きを読む
カテゴリー:

米軍が津堅島でパラシュート降下 今年5度目、地元反対押し切る - 07月19日(木)12:48 

 【うるま】米軍は19日午後0時29分、うるま市の津堅島訓練場水域で、今年5度目となるパラシュート降下訓練を実施した。  米軍ヘリから、パラシュートを着けた兵士5人が海域に降下しているのが確認された。  同訓練は県や市、市議会は危険性が高いとして同水域で訓練しないよう強く求めていた。  訓練は午後5...
カテゴリー:

トム・クルーズが来日会見 骨折も笑い話に「人生を映画作りに捧げてる」 - 07月18日(水)12:36 

 米俳優のトム・クルーズ(56)が18日、都内で行われた映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(8月3日公開)の記者会見に出席。約2年ぶりにして、通算23回目の来日を果たし「日本に戻ってこられてうれしい。家に帰ってきた気がしますし、仲間と一緒に『ミッション:インポッシブル』を届けられることをうれしく思う」と笑顔であいさつした。  同作のアクションシーンを撮影中に右足首を骨折し、一時撮影を中断するアクシデントにも見舞われた。当時は全治数ヶ月の重症と診断されたほどだったが「足首をくじいて、骨を折りました。とっても痛かったです」と笑い飛ばすと「壁にぶつかった瞬間に『あ、折れた…』と。しかし芝居上、我慢して立ち上がって、カメラの前を走り抜けた」と回顧。  続けて「病院に行ったら『手術がいらない』と言われて、ひと安心しましたね。保険のカバーが効かないので」とジョークを交えて笑いを誘いつつ「(完治には)9ヶ月くらいかかると言われていたけど、私は6週間で現場に戻りたいと言った。やっぱりちゃんと6週間で現場に戻れて、それから11週間は走りっぱなし。骨折はそのままで痛みも感じていたけどね」と役者魂を垣間見せ、報道陣を驚かせた。  メガホンをとったマッカリー監督も「僕もそれ(骨折したこと)をすぐに分かった。かなり腫れていたからね」と振り返りながら「映画を半分まで撮り終えていたけど、脚...more
カテゴリー:

【映画】 「70年代外国映画ベスト・テン」発表!『キネマ旬報』創刊100年 ★3 - 07月12日(木)14:46  mnewsplus

1919年の創刊以来今年で100年を迎える『キネマ旬報』。これまで創刊70年、80年、90年と節目ごとに「映画史上のベスト・テン」アンケートを行ってきましたが、創刊100年を迎えるにあたり、趣向を変え10年ごとに区切ったベスト・テンを行うことにしました。 その第1弾として、『キネマ旬報』7月下旬特別号では、本誌レギュラーの評論家・ライターなど中心に127名に選んでいただいた、1970年代外国映画ベスト・テンをお届けします(次号8月上旬号では第2弾・日本映画篇を掲載します)。 第1位 タクシードライバー アメリカ建国200年...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「パラシュート」の画像

もっと見る

「パラシュート」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる