「ハンセン病」とは?

関連ニュース

ハンセン病の歴史と差別解消を教育の場で伝えて 愛楽園が教員向け講座 - 08月18日(土)10:48 

 【名護】名護市済井出の沖縄愛楽園は17日、愛楽園の歴史とハンセン病、らい予防法について学ぶ教職員向け講座を同園で開いた。県内外から約40人の教職員や学生らが参加し、体験者による講話やワークショップ、施設見学などを通して理解を深めた。講座は愛楽園自治会がハンセン病問題の継承と現在も残る差別解消に...
カテゴリー:

「ハンセン病の子」といじめ… 沖縄県内の2人が証言する患者家族への差別 - 08月07日(火)10:47 

 【熊本で謝花史哲】国が長年続けたハンセン病強制隔離政策のため、患者本人だけでなく、家族も深刻な偏見や差別を受けたとして、元患者の家族で沖縄県内在住の244人を含む568人が国に謝罪と損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が6日、熊本地裁(遠藤浩太郎裁判長)で開かれた。沖縄県の原告女性2人が、国の政策で...
カテゴリー:

【観光】日本人は地域の“ダークサイド”に無関心すぎる 「悲しみの土地」巡る“ダークツーリズム”が人気 - 08月14日(火)23:28  newsplus

※総踊りスレ 人類の悲劇を巡る「ダークツーリズム」が世界的に人気です。悲しみの土地をあえて気軽に観光することで見えてくるものは何なのでしょうか?  日本ではまだなじみが薄いこの旅のポイントを観光学者の井出明氏の新著『ダークツーリズム 悲しみの記憶を巡る旅』から抜粋して考えます。 ■ダークサイドを観る意義  「闇があるから光がある」  この言葉は、プロレタリア作家・小林多喜二が、愛する田口タキに送った恋文の一節である。小樽で育ち、地元の名門校を出て銀行に就職した多喜二は、親に売られ、小料理屋で...
»続きを読む
カテゴリー:

ハンセン病の元球児、仲間と島抜け出した一夏の「遠征」 - 08月01日(水)19:49 

 瀬戸内海に浮かぶ長島(岡山県瀬戸内市)。かつてここに、国内13カ所の国立ハンセン病療養所で唯一の高校があった。強制隔離政策が根強かった約60年前、この高校の野球部員たちにとって、甲子園とは夢のまた夢…
カテゴリー:

「ハンセン病」の画像

もっと見る

「ハンセン病」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる