「ハリウッド映画」とは?

関連ニュース

「学位」が取れるニュージーランドのクリエイティブ専門教育機関--手に職つけながら経営も - 06月24日(日)08:00 

映画シリーズ「ロード・オブ・ザ・リング」などのロケ地として知られ、ハリウッド映画の製作会社「WETA」のスタジオもあるニュージーランド。そんな同国の首都ウェリントンに2月に設立されたのが、“学位”を取得できるクリエイティブ専門教育機関「Te Auaha」だ。
カテゴリー:

【eスポーツ】ゲーム世界市場、知らぬ間に激変 日本劣勢、攻略の鍵は 史上最高の賞金30億円も ★2 - 06月22日(金)11:52  mnewsplus

コンピューターゲームが新興国にも普及し、世界市場が拡大している。「お家芸」としてきた日本のゲーム業界にとってはチャンスのはずだが、そう単純ではないようだ。流行が大きく変化している市場を、攻略できるのか。  14日まで米ロサンゼルスで開かれていた、世界最大級のゲーム見本市「E3」。会場の一角に、とりわけ長い列ができていた。  「90分待ちです!」  列の先の大画面には、手元の銃が大きく映し出されている。  「よし。うまいぞ」  発射した弾が敵をとらえると、自分の順番を待つファンから歓声が上が...
»続きを読む
カテゴリー:

まるでハリウッド映画 ―― 米国公式の「地球近傍天体対応計画」では小惑星への核攻撃なども検討されている - 06月22日(金)08:00 

宇宙は広大な場所であり、そしてほとんど中身の詰まっていない空間だ。しかし私たちと出会い、私たちの生命を脅かす可能性のある物体は沢山存在している。このような物体を検出して対処するための新しい国家計画が本日(米国時間6月20日)提案された。その提案内容には、到来する小惑星に対する核攻撃や、その他の「惑星防衛ミッション」の可能性が記されている。 今朝明らかにされたこの計画は、もちろん冗談ではない。ただこうしたスケールで脅威に対応しようとすると、どうしても議論がハリウッド映画レベルになってしまうだけだ。 なお、この計画は「これを実施しよう」というよりは、むしろ「何ができるかを検討しよう」というものに近い。ともあれ、それは5つの主要な目標を持っている。 第1の目標は、地球近傍天体(near-earth object:NEO)を検知し追跡する能力の向上だ。私たちはそれを何年も前から行ってきており、NEOWISEのようなプロジェクトが、信じられない数のこうした物体を捕捉している。それが対象としているサイズは、軌道上で安全に燃え尽きるようなものから、(チェリャビンスクの隕石のような)深刻な損害を生じさせかねないもの、そして真に地球を破壊する大きさに至るものだ。 しかし私たちがしばしば耳にするのは、NEOが衝突するほんの数日前、あるいは事後に初めて検出されたという報告だ。このため、報告書では、既存...more
カテゴリー:

見るほど深みにはまる! 究極の だまし絵 エッシャー展 - 06月21日(木)16:30 

上野の森美術館で『ミラクル エッシャー展』がはじまりました。見るほど深みにはまるトロンプ・ルイユ(だまし絵)をはじめ、不思議で奇妙な版画作品が勢ぞろい! 思わず「ありえない!」と声を上げたくなる究極のアートも登場します! 『ミラクル エッシャー展』、スタート! 【女子的アートナビ】vol. 113 この展覧会は、オランダ出身の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャーの生誕120年を記念して開催。彼の代表的な作品ともいえるトロンプ・ルイユ(だまし絵)をはじめ、初期作品や直筆ドローイングなどを紹介しています。 日本でも人気の高いエッシャーは、これまでも何度か作品展が開かれてきましたが、今回は約150点もそろう大規模展。世界的なエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から来日した作品で構成され、日本初公開となる秘蔵コレクションも見ることができます。 エッシャーって? 1898年にオランダで生まれたエッシャーが最初に版画制作を行ったのは、中学校での美術の授業。でも、大学では当初建築を学んでいたそうです。その後版画科へと転じて版画家メスキータのもとで技法を学び、自身も版画制作の道へ進むことになります。 旅好きのエッシャーは各地を周りながら作品を制作。特にイタリアは好きだったようで北から南まで多くの街を訪れています。イタリアにしばらく定住し結婚もしますが、ファシズム台頭によりスイスに...more
カテゴリー:

「つくもがみ貸します」片岡愛之助がナレーション 主題歌にMIYAVI、シシド・カフカ、倉木麻衣 - 06月21日(木)15:30 

 テレビアニメ「つくもがみ貸します」の追加キャストが発表された。奈良徹、仲野裕、平川大輔、明坂聡美、井口裕香らが、年月を経て魂を宿した道具“つくもがみ”を演じるほか、歌舞伎役者の片岡愛之助がテレビアニメのナレーションに初挑戦する。  同作は、畠中恵氏の小説「つくもがみ」シリーズ(KADOKAWA刊)が原作。江戸時代の深川を舞台に、日用品から美術品まで、さまざまな品を貸し出す「出雲屋」を営むお紅と清次が、つくもがみたちの力を借りながら、町で起こる騒動を解決していく人情物語だ。  奈良は、コウモリの形をした根付に宿るつくもがみで、とある理由から人間に厳しい野鉄役を担当。仲野は満月が描かれたかけ軸で、プライドの高い月夜見(つくよみ)、平川は美しい芸者の持ち物だったキセルの五位、明坂は出雲屋の道具の中でも特に高価なものとされる姫人形のお姫、井口はうさぎの柄の櫛(くし)で、おしゃべりなうさぎを演じる。各キャラクターは、新たに公開されたキービジュアルにも、主人公の清次、お紅、佐太郎たちとともに、その姿が描かれている。  また、主題歌アーティストも発表された。世界的ギタリストで俳優としてハリウッド映画にも出演するMIYAVIと、メキシコ出身のドラマー歌手でモデルや女優としても活躍するシシド・カフカが、「MIYAVI vs シシド・カフカ」としてオープニング主題歌を担当。さらに、「名探偵コナ...more
カテゴリー:

森崎ウィン、ハリウッド映画出演後のプレッシャーと覚悟 - 06月23日(土)08:00 

 スティーブン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』に日本人・ダイトウ役で出演し、一躍注目の的となった俳優・森崎ウィン。「どこへ行っても『ハリウッド、ハリウッド』って言われる(笑)。うれしいこともたくさんある反面、プレッシャーが…」と、気を引き締める。 【写真&動画】『Win-Win』収録のイメージカットやメイキング映像も  「自分の周りが怒濤(どとう)のように変わって、自分の意識も変わってきたというか、次の作品のことを考えると、自分に何ができるのか、どこまで期待に応えられるかって。僕からしたらまだまだ見習いの身ですけど、映画『レディ・プレイヤー1』に出たってことは事実だし、背負っていくものだし、全部、これからの自分にかかっていると思うから」と、覚悟を語った。  映画『レディ・プレイヤー1』に出演するきっかけは、年齢や英語に関する条件をクリアしていれば誰でもチャレンジできるオーディションだった。「カメラテストの時、スピルバーグ監督が一番、楽しそうにしていましたね。『Ready…、Action!』『Good! Good!』、いいね、いいねって感じで(笑)。子どものような純粋さで、本当に映画を作ることが好きなんだなぁ、と思いました。撮影現場では、ものすごい数のスタッフとキャストを束ねる超大所帯のビッグダディ、大黒柱のような存在でした。本編では、『俺はガンダムでいく!!』...more
カテゴリー:

【ハルマゲドン】地球衝突コースにある小惑星の現実的な対象方法は今のところ重力牽引装置なんだそうだ - 06月22日(金)11:27  news

宇宙は広大な場所であり、そしてほとんど中身の詰まっていない空間だ。しかし私たちと出会い、私たちの生命を脅かす可能性のある物体は沢山存在している。 このような物体を検出して対処するための新しい国家計画が本日(米国時間6月20日)提案された。 その提案内容には、到来する小惑星に対する核攻撃や、その他の「惑星防衛ミッション」の可能性が記されている。 今朝明らかにされたこの計画は、もちろん冗談ではない。ただこうしたスケールで脅威に対応しようとすると、どうしても議論がハリウッド映画レベルになってしまうだけ...
»続きを読む
カテゴリー:

dTV、単独出資で大作映画製作 配信を二次コンテンツとする独自IP戦略の狙い - 06月21日(木)20:00 

 現在の映画界で通例となっている製作委員会方式ではなく、dTVが単独出資で製作した映画『パンク侍、斬られて候』。日本の配信事業者による単独での実写映画製作は初となるが、この試みにはどんな狙いがあるのか。本作のプロデューサーを務めた伊藤和宏氏と責任者の笹岡敦氏に聞いた。 【画像】談笑する綾野剛の撮影合間のメイキングカット ◆単独で劇場公開映画製作に踏み切った背景  dTVは、サービスの前身であるBeeTV時代から、行定勲監督を起用したオリジナルドラマ『女たちは二度遊ぶ』や、劇場公開映画と連動したオリジナルドラマの製作など、意欲的な試みを繰り返してきたが、今回、単独で劇場公開映画製作に踏み切った。 「3年ほど前、NetflixやHulu、Amazonプライムビデオなど海外勢の参入による危機感がありました。いいものを作るというのは大前提なのですが、より多くの人に対して訴求力のあるエンタテインメント作品をいかに作っていくかを模索していました」(伊藤氏)  そのきっかけを作ったのが、伊藤プロデューサーと20年来の知人である石井岳龍監督だ。石井監督が手がけた『ソレダケ/that's it』(15年)から感じた“熱”を万人に向けた娯楽作品として昇華することで、より多くの人にアプローチできると考えた。 「石井監督を核としパンクをキーワードに、監督をリスペクトする宮藤官九郎さんの脚本、1...more
カテゴリー:

SIE、PS VR「シアタールームVR」でハリウッド映画3D映像版のベータテストを開催 - 06月21日(木)15:56 

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation VR用動画視聴アプリ「シアタールームVR」において、ハリウッド映画(3D映像版)のベータテストを、7月4日から実施すると発表。PlayStation Plus加入者を対象として、ベータテストの参加者を募集している。対象タイトルは「スパイダーマン:ホームカミング(吹替版)」と、「バイオハザード:ザ・ファイナル(吹替版)」。
カテゴリー:

アメコミヒーローをロボに乗せるのは日本の伝統!? 映画『ニンジャバットマン』ガジェット裏話も!中島かずき×水﨑淳平インタビュー - 06月21日(木)08:00 

『天元突破グレンラガン』や『仮面ライダーフォーゼ』の中島かずきさんが脚本を手がけ、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズOPや『ポプテピピック』などで注目を集める水﨑淳平監督率いる神風動画が初の長編アニメーションに挑戦した戦国タイムスリップ・アクションエンターテイメント『ニンジャバットマン』が6月15日(金)に公開。 世界中で愛されるアメコミ『バットマン』のキャラクターが日本の戦国時代にタイムスリップするという、前代未聞のストーリーは情報解禁とともに話題に。 『バットマン』という作品に対し、「ダークな雰囲気もポップな雰囲気も出せる幅広いイメージ」を持っているという中島さんと水﨑さん。今作は『バットマン』シリーズの中でも、ぶっ飛んだエンターテインメント作品に仕上がっています。 ガジェット通信では、そんなお二人に作品の裏話からネタバレありの小ネタまで、たっぷりとお話を伺いました! ※ネタバレありですが、文字で読むだけでは何を言っているかわからないと思うので、ネタバレにならないかもしれません(笑)。 集められたスタッフを見て「察した」水﨑監督 ――今作で意識したことは? 中島:クリストファー・ノーラン的なシリアスなテイストももちろん良いんですけど、アメコミの幅というのはあって、アダム・ウェスト版のある種ファンキーな楽しさみたいなものが最近は少なくなっている気がしたので、ああいう明快な『バット...more
カテゴリー:

もっと見る

「ハリウッド映画」の画像

もっと見る

「ハリウッド映画」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる