「ノブ」とは?

関連ニュース

大泉洋のかけ算グルメを小松菜奈が称賛! - 05月25日(金)19:00 

5月24日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に、大泉洋と小松菜奈がゲスト出演。意外な食材を組み合わせる“かけ算グルメ”を大泉が紹介し、小松が「うん! おいしいです!!」と笑顔を見せた。 【写真を見る】パワフルに試食した小松菜奈/2016年ザテレビジョン撮影 櫻井翔「(一口が)多いな! すごいね(笑)」、有吉弘行「すごいね、パワフルだね!」、大泉「この子、食べるんですよ! もう、すごい食べる」と、出演者らが驚くほどの大食い女子・小松が、まだ食べたことのないであろう“かけ算グルメ”に挑戦した。 長嶋一茂は肉まん×ごま油・ラー油・マヨネーズ、小峠英二(バイきんぐ)はミートソース×ひきわり納豆と、守りに入った組み合わせ。 だが大泉は、炊き込みご飯×粉末すし酢「すしのこ」という攻めの組み合わせで勝負をかけた。 「すしのこ」は、温かいご飯に混ぜるだけで酢飯が作れるという粉末のすし酢だが、大泉は、妻の母に振る舞ってもらった際に、この組み合わせを知ったという。 大泉は、茶わんによそった炊き込みご飯の表面が白っぽくなるほどにすしのこをふりかけたが、その量たるや、粉が舞って小松がむせるほど。 しかし、いざ実食してみると小松は「うん! おいしいです!!」と驚きを隠せない様子。 櫻井が「ちょっとお酢、きつかったりしないの?」と尋ねても、小松は「ちょうどいいです」とふたくち目をパクリ。 気になる味の...more
カテゴリー:

「副業芸人」という生き方 お笑い芸人交差点 兼業するのは悪なのか? - 05月25日(金)08:40 

 バラエティ番組ではお笑い芸人たちがひな壇を賑わせ、毎年誰かしらがブレイクするのが通例。一方で、“一発屋”にもなれずに人知れず消えていく芸人たちが多いのも現実…厳しくもあり、また飽和状態のお笑い業界。そんな激しい競争の中、チャラ男芸人の慶や、カラテカの入江慎也のようにプチブレイクで獲得した“知名度”を武器に副業で稼ぐ芸人たちが話題となっている。彼らのような、お笑い界での“上がり”を目指さず他業へシフトする芸人たちの、人生“交差点”を探る。 【ランキング表】彼らに副業は必要なし!? ビッグ3の後を担う「お笑い芸人」 ■作家や映画監督…趣味を仕事にできるのは天下をとった者の“特権”だった  お笑い業界はいま“大渋滞”を起こしていると言われて久しい。ビッグ3と言われるビートたけし、明石家さんま、タモリはいまだ健在であり、その下にはとんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンが控え、爆笑問題、さまぁ~ず、くりぃむしちゅーなどの中堅どころが第一線で活躍。さらに、その下層には吉本、松竹、人力舎といった大手芸能養成所から排出される膨大な数の新人芸人たち…。この構造は、言わば上が“詰まった状態”であると言える。そんな中、「芸人だけで食っていく時代は終わった!?」と判断したのか、副業をウリにする芸人が増加傾向にある。  かつては芸人がお笑い以外の“副業”をするのは、功成り名を遂げた芸人たち...more
カテゴリー:

【脱力タイムズ・リレーインタビューVol.5】滝沢カレンのナレが新しい日本語を作る? 言葉のプロ・齋藤孝氏が分析 - 05月25日(金)06:00 

 お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平がMCを務めるフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)が、今春から4年目に突入している。メインMCのアリタ哲平(有田)を筆頭に、同局の小澤陽子アナウンサー、全力解説員、ゲストコメンテーターが“報道番組”という枠組みを使って見せるドタバタ劇。お笑いファンから熱視線を集める人気番組の魅力を探るため、ORICON NEWSでは出演者へのインタビューを行い、リレー形式で毎週掲載していく。 【写真】25日放送にはノブコブ吉村、榮倉奈々が出演  第5回は、明治大学文学部の教授で書籍『声に出して読みたい日本語』(草思社)シリーズなどでも知られる齋藤孝氏。語彙(ごい)力・コミュニケーション術などの著作も多く、番組での「はずし解説」では、漢字の成り立ちなどを説明している“言葉のプロ”である齋藤氏が、有田のMCとしての手腕、滝沢カレンのナレーションにみる日本語の可能性までを語った。 ■初出演時は戸惑いも 解説員として“ブレない”スタンス「正確な情報を伝える」  昨年の10月から放送時間が10分拡大されたということは、いろんなところに広まってきている証拠ですね。私の周りでも「脱力タイムズ、見ています」という声が非常に多い。それほどインパクトのある番組なのだなということと同時に、ひそかに人気が浸透しつつあるなと感じています(...more
カテゴリー:

柴咲コウ、3年ぶり映画出演!「ねことじいちゃん」でヒロイン役 - 05月25日(金)05:00 

落語家の立川志の輔が映画初主演を飾る「ねことじいちゃん」のヒロイン役を、女優の柴咲コウが務めていることがわかった。柴咲にとって、「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」以来約3年ぶりの映画出演とな...
カテゴリー:

【自動車】“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売 - 05月24日(木)21:27  newsplus

本田技研工業は2018年5月24日、軽スポーツカー「ホンダS660」をベースとしたコンプリートカー「S660 Modulo X(モデューロX)」を、同年7月6日に発売すると発表した。 ■開発コンセプトは「真のスポーツドライビングの喜び」 「モデューロX」は、ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスのカスタマイズパーツを、生産過程で装着して販売するコンプリートカーである。これまで「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」「フリード」に設定されており、今回のS660は第5弾モデルとなる。 開発コンセプトは「真のスポーツドラ...
»続きを読む
カテゴリー:

「もっとエッチな作品、明るい作品が増えてほしい」爆乳ゲームP・高木謙一郎氏がVRゲーム業界への希望を語る - 05月25日(金)11:45 

 最近のゲーム界隈についてVジャンプ編集のサイトーブイさん、ファミ通編集の世界三大 三代川さん、ニコニコ動画の中野さんが語るトーク番組「ゲーム界隈井戸端会議」に「閃乱カグラ」シリーズなど数々の爆乳の女の子が登場するゲームを手掛けた、株式会社マーベラスの“爆乳プロデューサー” 高木謙一郎さんがゲストとして出演しました。  番組では、視聴者から寄せられた「爆乳VRが見たい」というコメントに対して、高木さんが「まだ(ゴーグルが)大きい」と答え、現状のVRゴーグルがデートシチュエーションへの没入感を語りました。 左手前から時計回りに中野さん、高木謙一郎さん、サイトーブイさん、世界三大 三代川さん。 ―関連記事― 「作曲を続けるか、経営に専念するか」ゲームサウンドクリエイター坂本英城の悩みを解決したのはCC2・松山洋の“作りつつ社長をやる”生き様だった 『クロノ・トリガー』音楽担当・光田康典がスクウェア入社面接を振り返るーー植松伸夫に「お前それ禁句だよ」と言われた理由とは 「乳と夢を掴め!」爆乳P高木さんの決めポーズ 世界三大 三代川: いつもインタビューさせていただくと“こういうポーズ”をされるのですが、あれは何のイメージなのかが気になるんですけれども? 何かをつかむような、高木さんのポーズを実演する世界三大 三代川さん。 高木: 見たままですよ(笑)。「乳と夢を掴め」って...more
カテゴリー:

榮倉奈々、『脱力タイムズ』に登場 ノブコブ吉村は無理やり解説に挑戦 - 05月25日(金)07:00 

 お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平がMCを務めるフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)が、きょう25日の放送で「2018年 世間が気になる重大ニュースベストテン」を特集。ゲストには、平成ノブシコブシの吉村崇、女優の榮倉奈々が出演する。 【写真】メガネ姿でクールな表情を見せる榮倉奈々  番組では、ニュースの関係者からリアルな事件の真相を聞き出すために、すりガラスとボイスチェンジャーを用意。第10位の「ハリルホジッチ・サッカー日本代表前監督の電撃解任」の際は、スポーツ評論家が登場し、解任の裏側を語るが、第9位以降は関係者がスケジュールの都合で来られず、同局の小澤陽子キャスターや、吉村が無理やり関係者として事件を語るという、『全力!脱力タイムズ』ならではの展開となり、榮倉も時おり笑みを浮かべながら見守る。  全力解説員には、元TBSアナウンサーの吉川美代子氏、侵入生物専門家の五箇公一氏、教育学者の齋藤孝氏が出演する。 【関連記事】 【脱力タイムズ・リレーインタビューVol.4】“ダニの先生”五箇公一、番組の反響とバラエティーへの深い愛 【脱力タイムズ・リレーインタビューVol.3】岸博幸が番組を経済的に分析! 有田のMC力、やしきたかじんさんとの思い出も 【脱力タイムズ・リレーインタビューVol.2】吉川美代子が分析 有田のMCと滝沢カ...more
カテゴリー:

柴咲コウ、3年ぶり映画出演!「ねことじいちゃん」でヒロイン役 - 05月25日(金)05:00 

 落語家の立川志の輔が映画初主演を飾る「ねことじいちゃん」のヒロイン役を、女優の柴咲コウが務めていることがわかった。柴咲にとって、「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」以来約3年ぶりの映画出演となる。  映画は、ある小さな島で暮らす70歳の大吉じいちゃん(志の輔)と猫のタマによる慎ましくも豊かな時間を描く。2年前に妻を失くした大吉は、東京に住む息子・剛に心配されながらも、飼い猫のタマ、隣に住む幼なじみの巌らたくさんの友人と猫に囲まれ、穏やかな日々を過ごしていた。しかし、親しい友人の死や大吉の体の不調など、このまま続くと思っていた毎日に変化が訪れはじめる。原作は、ねこまき(ミューズワーク)氏による同名人気コミック。世界的に有名な動物写真家・岩合光昭が、映画監督に初挑戦した。  柴咲が演じたのは、都会から島へ移住してカフェを開いた謎の女性・美智子。よそからきた若者に島の年寄りたちは戸惑い警戒するが、その笑顔と優しい人柄にひかれ、美智子のカフェは人と猫のたまり場になっていくという設定だ。  柴咲は、「(岩合監督と志の輔の)“初めて”を、現場をともにして体感したい」「なにせ猫が大好きなので、猫と楽しく毎日を過ごすように撮影ができたら最高だなと思って」と出演理由を明かす。映画を、「猫と島の人たちの暮らしを通して、どうしたら朗らかな気持ちで生きていくことができるか、本当に豊かなこととは何...more
カテゴリー:

『ゼノブレイド2』更新データ&「エキスパンション・パス」向け追加クエストが5月25日より配信 - 05月24日(木)23:08 

『ゼノブレイド2』の更新データ(Ver. 1.4.1)と、「エキスパンション・パス」の追加クエストが2018年5月25日午後より配信されます。
カテゴリー:

金子ノブアキ、現場では「生きたせりふにして全員で演出に肉付けを」【「スモーキング 」インタビューVol.3】 - 05月24日(木)20:40 

テレビ東京ほかで、岩城宏士の同名漫画を原作とした木ドラ25「スモーキング」(毎週木曜夜1:00-1:30ほか)が放送中。 【写真を見る】金子ノブアキの本作に懸ける熱量がすごい!「せりふの変更に関して、他の現場では怒られるかもってくらい言ってました」/(C)岩城宏士/講談社(C)「スモーキング」製作委員会 同ドラマは、石橋凌演じる“剥師”の主人公・佐辺と“物足師”の八丁(金子ノブアキ)、“潰師”のゴロ(丸山智己)、“薬罪師”のヒフミン(吉村界人)の4人のアウトローが殺し屋集団「スモーキング」として悪党を裁く。 石橋、金子、丸山、吉村らメインキャストにインタビューを敢行する短期連載企画。第3弾となる今回は、金子が役どころや今後の見どころを熱く語ってくれた。 ■ ドラマが広がっても、原作漫画に帰ってもらいたい ――原作漫画や台本を読んだ感想を教えてください。 僕が演じる八丁は関西弁を話すキャラクターなんですけど、僕は関西弁のセンスがないので最初にお話を頂いた時は、お断りをしようと思っていました。 もっと適任者がいるんじゃないかと思ったんですけど、ドラマ化に当たり原作漫画よりも設定をさらに掘り下げ、キャラクターの過去などが明らかになっていくと聞き、僕でもやれるのではないかなと考えました。 それに加えて、この現場は監督をはじめ、主要スタッフが古くから縁のある方が多いので頑張りたいなと。 ――...more
カテゴリー:

もっと見る

「ノブ」の画像

もっと見る

「ノブ」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる