「ノスタルジア」とは?

関連ニュース

SonyがPS1の縮尺版PlayStation Classicを出す、当時の人気ゲーム盛りだくさんで - 09月19日(水)19:42 

もしもあなたが、二杯目のビールを飲み終わったら必ず、ゲームがアートへ成熟していく過程における初代PlayStationの偉大なる功績について20分のスピーチをするタイプの人なら、この記事はあなたにぴったりのニュースだ。 Sonyは今日(米国時間9/18)、その初代PlayStationにあの(うまくいった)Nintendo Classicの待遇を与えるべく、PlayStation Classicと呼ばれる縮尺バージョンのPS1を出す意思を表明した。そのおチビさんのゲーム機は、12月3日に定価99ドル99セントで発売される。 この種の企画の先鞭をつけたNintendoの人気燃え々々のSNESとNES両Classicと同じく、SonyのPlayStation Classicも、キャッシュに往年の人気ゲームが最初から載る。その人気ゲームとは、Final Fantasy VII [編集者注記: おお!いいね!], Jumping Flash, Ridge Racer Type 4(アールフォー リッジレーサータイプフォー), Tekken 3(鉄拳3), Wild Armsなど計20本だ。 このゲーム機を発表するSonyのブログ記事〔日本語ページ〕は、“25年近く前に初代のPlayStationが生まれた。Sony Computer Entertainmentが開発したそれは...more
カテゴリー:

兵役中に魅了された数秒の記憶──Jerry Galeries インタビュー - 09月18日(火)19:00 

Vaporwave特集 #5シンガポールのアーティスト・Jerry Galeriesは、角松敏生、山下達郎、JADOESといった日本のミュージシャンを敬愛している。その嗜好からも想像できる通り、いわゆるヴェイパーウェイブの典型フォーマットには当てはまらない、シンセ・ポップサウンドが特徴的な音楽プロデューサーだ。けれど、このムーブメントの視覚的魅力「Internet Aesthetic(インターネット美学)」からは、強い影響を受けているという。きっかけは、兵役中に見たYouTube動画。ジャケ買いよろしく、一瞬にしてサムネイル画像に心を奪われたらしい。彼の心を掴んだのは、界隈では名作の呼び声高い、S U R F I N G『Deep Fantasy』のグラフィックだ。  Deep Fantasy by Surfing ──このジャケットに目を奪われたんですね。 そうだね。2年前の兵役中、YouTubeのおすすめ動画にこの魅力的なサムネイルが表示された。なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。ドローンでグリッチな音景、温かいネオソウルコード……。その感覚をなんて言ったらいいかわからないのだけれど、たまらなくなるようなクセになる音だったんだよ。粒子の粗いリバーブとデジタルシン...more
カテゴリー:

「接続と分断が同時に起きる場所」Neon Saltwater インタビュー - 09月14日(金)19:00 

Vaporwave特集 #4“Internet Aesthetics(インターネット美学)”という言葉がある。 ヴェイパーウェイブに関連する、ビジュアルの雰囲気を表してよく使われている。例えば、ネオンやヤシの木といったモチーフを使ってつくられた、80年代や90年代の雰囲気を感じるトロピカルでディストピアなグラフィック、懐かしいゲームのCGに感じるカクカクしたポリゴンやグリッチ感などなど。このムーブメントに共通する不思議な魅力に対して「Aestheticだね」と評する感じ。想像上の部屋を具体化するシアトル在住のアーティスト・Neon Saltwaterの作品も、そういう創作物の一種だと思う。作り手としてヴェイパーウェイブを意識しているの? と聞くと、本人はNOと答えたけれど、その考えかたには共通点も多かった。目で見て楽しむヴェイパーウェイブのヒントにしてみて! ──てっきりヴェイパーウェイブを意識しているのかな、と。 無意識に影響されていたのかもしれません。初めてヴェイパーウェイブを知ったときは、不気味な感じがしました。ミステリアスなエネルギーがあったのは確かです。たぶん、自分も含めて多くの人が気にかけていたことなのだけれど、それが何だったのか正直わからなかったから。なんとなくその概要を掴めるようになったきっかけは、香港の路地を深...more
カテゴリー:

「日本の音楽に極端な情熱を持っていた」TANUKI インタビュー - 09月19日(水)19:00 

Vaporwave特集 #6ヴェイパーウェイブの派生ジャンル、Future Funkのサウンドは、それまでよりもアッパーでダンサブル。新しいファンを獲得し、より広い層に届いた。アートワークは、レトロウェイブとも呼ばれる16bitゲームライクなグラフィックや、コマーシャル、アニメ作品からインスパイアされているものも多い。そのなかで日本のポップスがサンプリングされて広まったこともあり、シティ・ポップが海外で再評価されるきっかけをつくったとも言われている。イギリスの音楽プロデューサー・TANUKIもそのクリエーターのひとりで、2015年にリリースした『BABYBABYの夢』は、YouTubeでも紹介されて720万再生を突破。今年の5月には、各国のクリエーターたちとともに来日し、80年代日本アニメの楽曲を制作していたミュージシャンたちと、共同制作をするイベントに参加した。日本の音楽に対して強い愛情を持っていたとは言うものの、友だち同士で楽しむために遊びでつくったものが、こんなに知られることになるだなんて、本人もまったく想像していなかったのだという。 カタカナ・タイトル EP by TANUKI ──ものすごい人気ですが、本人はどう感じられていたのかなと。 完全に想定外でビックリした。だって、自分とまわりにいる友だちとだけ楽しむために遊んでて、サンプリングとエフ...more
カテゴリー:

控えめに主張するナチュラルトーンの植物標本 - 09月15日(土)19:00 

瓶に専用のオイルを入れて、ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどを浸けた「ハーバリウム」。インテリアとして長く味わう植物の楽しみ方です。ところが、その多くは着彩されたカラフルな花や枝葉。それはそれでキレイなのですが、より落ち着きがあって、リラックスできる、ナチュラルトーンを探していました。すこし色褪せはあったとしても、植物本来の色を身近に意識したいから。そうしてたどり着いたのが、元インテリアコーディネーターがつくる「errer」のハーバリウム。ボトルの中の素材は、すべて自ら野山に分け入って採集したものだそう。手書きのラベルも相まって、なんだか標本みたいなニュアンスです。そもそも、ハーバリウムとは「研究のための植物標本」を指す言葉。アカデミックな印象とともに、どこかノスタルジアも誘います。窓辺や水まわりに数本ボトルを並べてみたくなりませんか?ガラス瓶の中で息づく生きていた記憶 errerさん(@errer_)がシェアした投稿 - 2017年11月月4日午前2時13分PDT © errer / Instagram errerさん(@errer_)がシェアした投稿 - 2018年 4月月22日午前4時24分PDT © errer / Instagram errerさん(@errer_)がシェアした投稿 - 2018年 4月月21日午後7時09分PDT © errer ...more
カテゴリー:

みんなの掲示板 9月11日 - 09月11日(火)06:00 

【きょうの催し】 松原由佳「Sick Angel」展(30日まで、佐賀市白山の菊水堂ギャラリー)◆7人のてづくり展(16日まで、佐賀市本庄町の高伝寺前村岡屋ギャラリー)◆陣内敦展「黒のノスタルジア」(16日まで、佐賀市松原のギャラリーシルクロ)◆第24回佐賀新聞金婚さん表彰(26日まで、県内各会場)【巡回車】 (12日) ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)、みやき町北茂安保健センター▽8時半=鹿島市保健センター(予約制) ◆子宮がん検診 8時=佐賀市・…
カテゴリー:

「ノスタルジア」の画像

もっと見る

「ノスタルジア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる