「ネット社会」とは?

関連ニュース

セールスを「商品説明」と思う営業マンに限ってちっとも売れぬ訳 - 07月19日(木)19:53 

インターネットでなんでも調べられる、なんでも買える今の時代に、ただ商品の説明をしているだけの営業マンが売れるはずがない、と声を大にして言うのは無料メルマガ『売れる営業マンの常識は売れない営業マンの非常識!』の著者で営業実務のコンサルタントを手がける島田基延さん。島田さんは多くの営業マンが勘違いをしている「セールスとは何か?」について、改めて解説しています。 セールスとは何か? セールスとは、「売込み」ではありません。お客様の問題を解決することです。問題を解決する手段として、あなたが扱っている商品やサービスを提供するのです。お客様は、問題を解決してくれるから、その商品を購入するのです。決して、「商品」を欲しい人はいないんです! 当たり前の話ですが、朝起きてすぐに、「今日はどの複合機を買おうか?」なんて人はいないです。絶対に存在しません!にもかかわらず、多くの営業マンは、商品説明をします。商品を欲しい人はいないにもかかわらず、商品説明をするのです。売れるわけがないんです!! 「商品説明=売込み」 お客様は、そんな風に感じます。だから、売れないし、途中から、あなたの話を聞いていないんです。では、どうすればいいのか? 「問題解決」です。 問題解決をするということは、お客様にとってのベネフィットを話すということです。ベネフィットとは、お客様にとっての価値です。そのお客様、つまりあなたの目の前...more
カテゴリー:

NEWS増田、加藤シゲアキと新ゲームで激突 『ゼロ 一獲千金ゲーム』第2話に出演 - 07月15日(日)23:30 

 人気グループ・NEWSの増田貴久が、加藤シゲアキ主演の日本テレビ系連続ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』(毎週日曜 後10:30)第2話に本格的に出演することが、わかった。初回のエンディングに現れたのは増田演じる山口カズヤ。カズヤは加藤演じる主人公・宇海零の高校の同級生で、零たちの臨むゲームの鍵を握る人物だ。 【写真】加藤シゲアキ、小池栄子らが出演する『ゼロ 一獲千金ゲーム』  同ドラマは『アカギ』『カイジ』シリーズで知られる福本伸行氏よる発行部数300万部の漫画『賭博覇王伝 零』(講談社「週刊少年マガジンKC」刊)を実写化。建設中のアミューズメントパーク・ドリームキングダムを舞台に、「ゲームに勝てば1000億円」という人生の一発逆転を目指し、「命がけのゲーム」に身を投じる若者たちが助け合い、笑い合い、真の友情を紡ぎ上げていく物語。  ドリームキングダムで死闘の末に予選を勝ち抜き、大富豪、在全(梅沢富美男)の後継者を決める本選へと勝ち進んだゼロこと零たち。峰子(小池栄子)によると、ドリームキングダムには20以上のゲームがあり、勝てばもらえるリングを4つ集めた者が王になれるという。リングを強奪する手段に出たセイギ(間宮祥太朗)とユウキ(小関裕太)は、止めようとするゼロ達と対立。そこへゼロの高校時代の同級生、カズヤ(増田貴久)が現れる。  次に挑むのは、目隠しした状態で50メート...more
カテゴリー:

SF小説の金字塔「華氏451度」の舞台版に吉沢悠が主演 - 07月11日(水)15:55 

近年、映画やテレビドラマなどで活躍が目立つ俳優・吉沢悠が、3年ぶりに舞台にカムバック。今秋上演の主演舞台『華氏451度』について話を聞いた。【チケット情報はこちら】(PC)原作は、1953年にアメリカの作家レイ・ブラッドベリによって書かれたSF小説。急速に発展する情報化社会の中、本がテレビやラジオに取って代わられることに危機感を覚えた作者が未来世界に真っ向から取り組んだもので、1966年にはフランスの巨匠フランソワ・トリュフォー監督によって映画化もされている。2016年にストリンドベリ原作の『夢の劇』を舞台に立ち上げた白井晃(演出)×長塚圭史(上演台本)が再びタッグを組み、挑む今回。吉沢は、本の所持や読書が禁じられた社会で隠匿されていた本を焼き尽くすファイアマンのひとり、ガイ・モンターグ役を担う。原作を読み、「今のインターネット社会に置き換えて考えられるようなことがユーモアも交えつつ描かれていて、ハッとさせられた」という吉沢。その後、映画版にも目を通し、今は長塚による準備稿と向き合う。「原作が持つ空気感や世界観がしっかりと描かれた台本だと思います。それでいて、原作とも映画ともちょっと違う部分もあって。解釈や演出の仕方で様々に形を変える題材ですね。白井さんと長塚さんがどんな舞台に仕立ててくださるのか、僕自身、早く知りたいです。ほんと、どんな舞台になるのか想像つかないんですよね……。っ...more
カテゴリー:

小比類巻かほるがアニソン2曲熱唱!同期デビューのMC森口博子とアニメトークも - 07月17日(火)07:00 

小比類巻かほるが、7月30日(月)放送のアニソン番組「Anison Days」(BSイレブン)にゲスト出演。自身のヒット曲「City Hunter 〜愛よ消えないで〜」などをスタジオで歌唱し、トークパートではアニメやアーティストとのエピソードを語る。 【写真を見る】実は同期の小比類巻かほる、森口博子/(C)BS11 メインMCの森口博子と、サブMC/演奏の酒井ミキオが毎回ゲストをとともに、アニメソングの魅力を伝えるべく、生歌、生演奏でのアニソンを披露し、アニメやアニソンについてトークを展開する「Anison Days」。 6月某日の収録現場を取材すると、今回のゲスト、“Kohhy”(コッヒー)こと小比類巻かほるは、アニメ「シティーハンター」の主題歌「City Hunter 〜愛よ消えないで〜」と、小学生の時、走って帰宅してテレビにかじりついて見ていたという思い出のアニメ「ルパン三世」から本邦初披露となる「ルパン三世のテーマ」の2曲をパワフルに熱唱した。 トークパートでは、「シティーハンター」主題歌を担当することとなる意外なきっかけを始め、「ルパン三世」での好きなキャラクター、トークテーマの「ハードボイルドアニメソング」、さらにはプロデュースを受けたプリンスとの出会いなど、様々なエピソードが続出。 同期デビューという森口とも話が弾み、ノリノリで小比類巻の楽曲を即興で口ずさむ場面もあっ...more
カテゴリー:

芸人の居島一平さん「高江で基地反対運動を繰り広げる集団、救急車まで止め、横断幕にはハングル」 - 07月15日(日)10:55  news

本好きリビドー(210) 2018年07月07日 居島一平/芸人 https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12151-053808/ ◎快楽の1冊 『基地反対運動は嫌いでも、沖縄のことは嫌いにならないでください』 知念章 ワニブックスPLUS新書 880円(本体価格) ネット社会でSNSがすっかり浸透してきた現在、ようやく世間に曝されつつあるのが、沖縄で厄介なのは「基地の島」であることではなく問題が基地の外、基地外にある点だ。 地縁血縁の濃く密着した地域だからこそ、地元県警ですら思い切った手段が取れないのをいいことに、高江で...
»続きを読む
カテゴリー:

「ネット社会」の画像

もっと見る

「ネット社会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる