「ドーピング検査」とは?

関連ニュース

JADA、トップ選手の陽性「驚いている」=サプリメント摂取に警鐘 - 05月23日(水)20:58 

 競泳男子の古賀淳也(第一三共)がドーピング検査で禁止薬物の陽性反応を示したことについて、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の浅川伸専務理事は23日に取材に応じ、「トップレベルのアスリートであり、非常に驚いている。残念に思う」と述べた。 浅川氏によると、古賀から検出された「選択的アンドロゲン受容体調節薬」は筋力増強効果を持つ。通常なら4年間の資格停止となる物質で、意図的な使用でないと認められれば処分短縮の可能性があるという。 [時事通信社]
カテゴリー:

陽性反応、古賀選手「非常に恥ずかしい」 一問一答 - 05月23日(水)20:15 

 競泳男子の古賀淳也選手がドーピング検査で陽性反応を示したことを受け、古賀選手と日本水泳連盟が22日、東京辰巳国際水泳場で記者会見を開いた。主なやり取りは以下の通り。 ――(日本)水連として古賀淳也選…
カテゴリー:

禁止物質「意図的にとったことは一切ない」 競泳・古賀 - 05月23日(水)19:38 

 日本水泳連盟は23日、東京都内で記者会見を開き、競泳男子リオデジャネイロ五輪代表の古賀淳也選手(30)=第一三共=がドーピング検査で陽性反応を示したと発表した。国際水泳連盟から暫定的な資格停止処分を…
カテゴリー:

【競泳】競泳の古賀淳也、ドーピング陽性 アジア大会代表はく奪 意図的摂取は否定 - 05月23日(水)19:22  mnewsplus

 競泳男子の今夏のアジア大会(ジャカルタ)日本代表で、昨年の世界選手権50メートル背泳ぎ銀メダルの古賀淳也(30)=第一三共=が ドーピング検査で陽性反応が出たため、アジア大会への派遣を取り消されることになった。  3月2日に受けた世界反ドーピング機関(WADA)の競技会外検査で採取されたA、Bの二つの検体から、筋肉増強効果のあるたんぱく同化薬の 一種である「選択的アンドロゲン受容体調整薬」が検出されたという。古賀側は、今年から食生活を改善するために摂取したサプリメントに混入していた 可能性を...
»続きを読む
カテゴリー:

古賀がドーピング陽性=競泳 - 05月23日(水)17:50 

競泳男子の古賀淳也(30)が抜き打ちのドーピング検査で禁止物質に陽性反応を示し、8月開幕のアジア大会への出場を取り消されることになった。写真は記者会見する古賀=23日午後、東京辰巳国際水泳場
カテゴリー:

競泳の古賀選手がドーピング陽性、アジア大会代表取り消し - 05月23日(水)20:34 

 競泳の日本代表、古賀淳也選手がドーピング検査で陽性反応を示し、8月のアジア大会代表を取り消されました。
カテゴリー:

サプリメントの確認など検討=水連 - 05月23日(水)19:57 

 競泳男子の古賀淳也(第一三共)がドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したことを受け、日本水泳連盟の坂元要専務理事は23日、「重く受け止め、厳しく指導していきたい」と述べ、強化合宿などで再発防止策を講じる考えを示した。 今後は日本代表合宿で摂取しているサプリメントの実物を選手に提出させ、専門家が確認するなどの対応を検討する。平井伯昌ヘッドコーチは「これまでも海外製のサプリメントは一切やめろと言ってきた。選手一人一人が当事者意識を持ってほしい」と話した。 [時事通信社]
カテゴリー:

競泳・古賀淳也選手 ドーピングで出場停止 5/23 19:38更新 - 05月23日(水)19:38 

競泳背泳ぎの日本代表、古賀淳也選手が今年3月のドーピング検査で陽性反応。アジア大会の出場取り消しが決まった。
カテゴリー:

ドーピング検査で陽性反応の競泳 古賀「意図的摂取はない」 - 05月23日(水)17:53 

おととしのリオデジャネイロオリンピックに日本代表として出場した競泳の古賀淳也選手が、WADA=世界アンチドーピング機構のドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示し、国際水泳連盟から暫定的な資格停止処分を受けました。古賀選手は「意図的に摂取したことはない」としています。
カテゴリー:

筑波大が検査ロボ公開=遺伝子ドーピング対策で - 05月23日(水)17:32 

 スポーツ選手のドーピング検査を自動化する研究に取り組んでいる筑波大は23日、ヒト型バイオ実験ロボットを報道陣に公開した。酸素を運ぶ赤血球を増やしたり、筋肉を増強したりするドーピングは、従来の薬物から遺伝子操作に移行すると予想され、検査が難しくなる。ロボットの活用で検査の信頼性と効率の向上を目指す。 このバイオ実験ロボット「まほろ」は安川電機(本社北九州市)の産業用ロボットを基に開発され、1台約1億円。開発した夏目徹・産業技術総合研究所創薬分子プロファイリング研究センター長(筑波大客員教授)は「2020年の東京オリンピックには間に合わないが、国際的に活用してもらえるようにしたい」と話した。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「ドーピング検査」の画像

もっと見る

「ドーピング検査」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる