「トーンダウン」とは?

関連ニュース

神田沙也加、髪を“プラム色”にしたメガネ姿公開「やはりメンテナンス大事…!」 - 05月23日(水)15:30 

歌手で女優の神田沙也加が、23日に更新したアメブロで、髪色を変えたことを報告した。 「コーラル色が抜けて、すごい髪色が明るくなっちゃってたので、お仕事後にちょっぴりトーンダウンしにいってきました。」という神田は、メガネ姿で、“プラム色”にしてもらったという髪を公開。 「バイオレットとピンクの中間くらいのとても良い色。さらに、毎日ヘアアイロンを使うので毛先の傷みがあり、1cmくらい切ってもらって手触りが良くなりました。」と仕上がりには満足そうで、ビフォーアフターの写真も掲載。「やはりメンテナンス大事…!」と、髪をいたわる大切さを実感したことをつづっていた。 【関連記事】 ・「プラムカラー♪」(神田沙也加オフィシャルブログ) ・神田沙也加、挙式記念日&デビュー記念日を報告「恐ろしく恵まれた環境でした」 ・神田沙也加 25cmばっさり、ショートに新鮮イメチェン「大感動」 ・神田沙也加 ストレートロングにイメチェンの髪型公開 ・神田沙也加、夫婦で韓国旅行へ「彼に頭が上がらない旅でした」
カテゴリー:

ウルフルズ、松井府知事とステージ共演? トータス松本「大阪への恩返し」 - 05月21日(月)20:25 

 ロックバンドのウルフルズが9月29日スタートの『大阪文化芸術フェス2018』でキックオフのステージに立つことが決定し、きょう21日に大阪市内で行われた会見に大阪府の松井一郎知事(54)とともに出席した。 【写真】4人で演奏するウルフルズのライブの模様  まず松井知事が登壇し、昨年に引き続き同フェスが開催されることを発表すると、「今年はウルフルズがいっしょに大阪のガッツを見せようと参加してくれる、感謝している」とウルフルズの参戦を喜んだ。  それを受けウルフルズのメンバーもステージへ。意気込みを問われるとまずサンコンJr.が、大阪出身であること、大阪で30年前に結成したことを話し、「そんな大阪に恩返しができたらいいなと思っていた、今回呼んでいただいて、ありがとうございます」とあいさつ。ジョンBも「大阪は生まれ育ったところで、年を重ねるごとにどんどん好きになると笑顔。フェスに参加できることをうれしく思う」と意気込んだ。  トータス松本は兵庫県出身だが、18歳で大阪に出てきてメンバーに出会った。「だからもし大阪へ来ず東京へ行っていたらウルフルズは誕生していなかったと振り返ります。そして育ててもらった大阪への恩返しのタイミングがちょうどあった」としみじみ語っていた。  その後は松井知事とメンバーでトーク。松井知事が「ロックは人生に欠かせないと思っている」と語ると、トータスはすか...more
カテゴリー:

橋本マナミ、スケスケ衣装の大胆願望「インパクトを残したいので…」 - 05月21日(月)20:37 

 タレントの橋本マナミ(33)が21日、都内で行われた映画『ファントム・スレッド』(26日公開)のトークイベントに出席した。 【全身ショット】淡いピンク色のロングドレスで登場した橋本マナミ  1950年代のロンドンを舞台にした同作は、オートクチュールの仕立て屋と、若きウェイトレス、アルマの危うくも美しい恋の駆け引きを描いたラブストーリー。『第90回アカデミー賞』の「衣装デザイン賞」を受賞するなど、注目を集めている。  ひと足早く鑑賞し「絵も美しく心温まる恋愛映画かなと思っていたけど、ドロドロとした展開もあったりして衝撃的な内容でした」と感想を口にした橋本。自身の恋愛に話題が及ぶと「最近は、そうですね…」と一気にトーンダウンし「年上の男性が好きだったけど、年上過ぎると一人が楽なのか結婚する気がない人が多い。難しいですよね…」と苦笑いで語っていた。  作風になぞらえて淡いピンク色が入ったドレス姿を披露。「どんな衣装を作ってもらいたいか」と作品に絡めた質問を受けると「衣装で透明のビニールを着たことがあるので、それくらいインパクトのある衣装を作ってもらいたいですね」と大胆発言で驚かせ「スケスケ衣装でアカデミー賞(の授賞式)に着ていきたい。すてきなドレスが並ぶ中でインパクトを残したいので」と笑っていた。 【関連記事】 【写真集カット】限界ギリギリ!普段見せない姿を披露する橋本マナ...more
カテゴリー:

フサフサ&ツルツルの新生ブラックマヨネーズ爆誕? - 05月17日(木)11:30 

5月16日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で、ブラックマヨネーズ(小杉竜一、吉田敬)の悩みを解消する最新の医療技術が紹介されたが、費用を知るや吉田はトーンダウン。明石家さんまに「おまえ、治す気無いやろ!?」と全力でツッコまれる一幕があった。 【写真を見る】ぶつぶつ肌の吉田敬もつるつるに?/2010年ザテレビジョン撮影 美肌評論家・森智恵子氏が、髪の毛を作り出す皮膚の器官・毛包を培養した上で植毛する新しい発毛法を紹介したところ、小杉は「やります!」と即答。 後頭部から、毛髪100本ほどの毛包を含む1平方cm程度の皮膚を切り取り、数十倍に培養した上で、増毛したい箇所へ移植するというもの。 詳細を聞いた小杉は「えー、増やせれんの!? それ、夢ですやん!」と大興奮。さんまに「おまえ、ホンマに治したいの?」と尋ねられた小杉は「はい! それで前髪伸ばして、フーッてやりたいんです!!」と、邪魔な前髪に息を吹きかけてどかすしぐさへの憧れを熱弁。吉田が「元襟足やで、それ(笑)」と小杉いじりが始まり、スタジオを沸かせた。 かくいう吉田も、1カ月貼り続けるだけで皮膚トラブルを治せるコラーゲンスポンジを森氏に紹介されると、「マジか」と真顔に。 ただし、表皮を削り取って血液がにじみ出る状態にした上で、シリコンフイルムで覆われたコラーゲンスポンジを1カ月間は貼り続けなければならない。 血液などを...more
カテゴリー:

「トーンダウン」の画像

もっと見る

「トーンダウン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる