「トントン拍子」とは?

関連ニュース

彼氏に「指輪をプレゼントしたい!」と思わせる方法9パターン - 07月14日(土)13:00 

彼氏に指輪をもらいたいと思っても、自分からは口にしづらいもの。そこで恋愛上手な『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを元に、「恋愛上手な女性に学ぶ『指輪をプレゼントしたい!』と彼氏に思わせるための行動9パターン」をご紹介します。指輪の話をきっかけに、二人の愛を深めましょう。 【1】指輪をプレゼントされて喜んでいる友人のエピソードを話す 「『○○ちゃんに自慢されちゃった』と羨ましそうに言ったら、鈍感な彼氏もわかってくれた」(20代女性)など、友だちの話を通じて「指輪が欲しい」という乙女心を表現しやすくなるようです。指輪に関連した芸能人の恋愛ニュースを見て、羨んでみせるのもいいでしょう。 【2】雑誌の指輪特集を見て「かわいい」と目を輝かせる 「『かわいい』を連発していたら、買ってもらえた」(20代女性)というように、目を輝かせて好きなものを見つめる無邪気な姿に「力になりたい」と考える男性が少なくないようです。さりげなく指輪が欲しいことを伝えられるので、おねだり下手な女性は試してはいかがでしょう。 【3】彼氏にもらったものではない指輪を左手の薬指にはめておく 「元カレにもらった指輪をしていたら、気づいた今の彼氏が即効で買ってくれた」(20代女性)と、他の男のカゲに対抗心を燃やす男性もいるようです。とはいえ、誤解を招く危険性もあるので、彼氏が嫉妬深い性格なら別の指にはめましょう。 【...more
カテゴリー:

てんびん座の2018年下半期の運勢【キャメレオン竹田のゆるポジ占い】 - 07月11日(水)05:30 

連載「キャメレオン竹田からのラブレター」でも様々な気づきを与えてくれる、占い師で波動セラピストのキャメレオン竹田さんによる2018年下半期(7月~12月)の「ゆるポジ占い」。12星座別にたっぷり占ってもらいました。あなたの下半期の運勢は?>>「ゆるポジ占い」2018年下半期の運勢一覧===社交的でフレンドリーなてんびん座のあなた。2018年下半期は、仕事もプライベートも充実するジョイフルタイムです。2018年上半期 てんびん座の運勢(全体運)穏やかな上半期と比べて、下半期はにぎやかなムード。楽しそうな依頼や誘いも増えて、毎日が瞬く間に過ぎていく人も多いでしょう。バランス感覚に優れたてんびん座さんには、腕の見せ所。オンとオフを上手に両立して、大きな実りを手にしてください。ただし、上半期に好転したかに思えた親との関係、家のトラブルに関しては、再び問題が降りかかってくる暗示が。とはいえ、今のあなたなら乗り越えられるだけの課題&ミッションです。逃げずにしっかり解決すれば、2019年は確かなバックボーンを支えにさらに飛躍できる1年となるはずです。仕事運星の支援を受け、トントン拍子でサクセスロードを進んでいける兆し。元々てんびん座は、仕事も恋も楽しむタイプで、バリキャリ系ではないけど、下半期は頑張るほど認められ、ペイアップ、役付きポストになれるなど好循環がいろいろと期待できるときです。今後数年...more
カテゴリー:

【サッカー】年2千試合観戦 W杯で再ブレークした小柳ルミ子の“徹夜力” トントン拍子で現地中継の座を手に - 07月02日(月)09:54  mnewsplus

W杯ロシア大会で決勝トーナメント進出を決めた西野ジャパン。それに便乗した芸能人がテレビを賑わせているが、注目は何といっても小柳ルミ子(65)だろう。 「小柳は6月28日の日本対ポーランド戦で、現地でフジテレビのスペシャルサポーターを務めました。今やすっかりサッカータレントです。まあ、芸人の土田晃之やワッキーみたいに手垢がついた人たちより、ガ然、新鮮味はありますからね」(テレビ局関係者)  1日平均6試合、年間2000を超える試合を見ていると豪語するルミ子。4月にはサッカー本も出しているのだ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】「柴崎岳をドン底から救った」真野恵里菜、とんでもないアゲマンだった - 07月13日(金)23:03  mnewsplus

サッカー日本代表の有望株である柴崎岳を射止めた女優の真野恵里菜。業界屈指の美男美女ペアとなった2人だが、その陰に後者の“アゲマン”としてのパワーがあったことは言うまでもないだろう。  過去には女優の桐谷美玲とも熱愛を噂された“稀代のモテ男”柴崎が、真野との交際をスタートさせたのは2016年秋のこと。当時鹿島アントラーズに在籍していた柴崎は彼女と出会うや否や、 同年末のクラブW杯で世界的名門チームであるレアル・マドリードから2ゴールを奪う活躍を見せると、スペインのテネリフェへと移籍。“日本代表に逸材アリ”と...
»続きを読む
カテゴリー:

恋はいつか愛になると思ってた。嘘だった。【トイアンナのしくじり恋愛】 - 07月06日(金)11:05 

こんにちは、トイアンナです。私の職業は「恋愛コラムニスト」といえば大体合っているのですが、「恋愛」という熟語を見るたびに胸が痛みます。だって恋と愛はまるで別モノだから。まるでワンセットみたいに、まとめられるものじゃないから。私は夫に恋をしていました。愛せてはいなかったと思います。恋に落ちて、そのまま結婚できてしまった2015年、私は幸運な人間でした。恋に落ちた相手と、そのまま結婚できたのです。大学の文化祭で偶然知り合い、トントン拍子で仲良くなって結婚しました。遠距離恋愛のときもありましたが、毎日届くLINEが楽しみで、仕事もつらくなかった。結婚しても恋心は冷めませんでした。彼が帰ってくれば飛びついて抱きしめました。「彼を愛していたんじゃないの?」と言われれば、私は愛していたと思いたい。けれど、私は彼へ不満を抱いても伝えられなかった。夫婦たるもの、大量の課題を乗り越えねばなりません。キャリア。子ども。不動産。介護。親子関係。すべては話し合って、喧嘩してでも乗り越えていかざるを得ない。けれど私は彼に恋をしていたから、自分の不満を伝えられなかった。彼も私も、愛を育てられなかった私の視点から見た憶測ですが、彼も同じ苦しみを抱えていたように思います。私が離婚した直接の理由は、結婚前から彼が私に抱えていた不満によるものでした。けれど彼は結婚前に不満を言いだせませんでした。さらに、結婚してからも...more
カテゴリー:

「トントン拍子」の画像

もっと見る

「トントン拍子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる