「トラック」とは?

関連ニュース

1作目のドキドキ感と恐ろしさが蘇る。映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 J.A.バヨナ監督が語る舞台裏 - 06月23日(土)20:00 

Image: (c)Universal Pictures ホラーやサスペンス要素が高くなると繰り返し強調されている『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。その言葉におそらく偽りはないでしょう。なにせ監督は長編デビュー作『永遠の子供たち』で観客を怖がらせ陰鬱な気分にさせたJ.A.バヨナなんですから!監督の名前と過去作を知ると、これまでの『ジュラシック』シリーズとは別物路線になるだろうことがうかがい知れる本作。では、肝心のバヨナ監督はどんな気持ちで作品に挑んだのでしょう。ギズモードがインタビューしましたよ!シリーズのファンとしてファンを意識した作品を Image: (c)Universal Pictures, (c)Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC. ──監督も『ジュラシック』シリーズのファンだと思いますが、この仕事をもらった時、どのような心境でしたか?J・A・バヨナ(以下、J):もちろん、とてもエキサイティング...more
カテゴリー:

【広島】「パトカーが一緒にダーッて」 パトカーに追跡され車逆走 3台の車と接触後、トラックと衝突 乗っていた4人逃走 全員外国人風 - 06月23日(土)18:19  newsplus

 広島市内でパトカーの追跡を受けていた車が道路を逆走してトラックと衝突しました。車に乗っていた4人は現場から逃走しています。  22日午後6時ごろ、広島市佐伯区の県道でパトカーの追跡を受けていた乗用車が道路を逆走し、3台の車と接触した後、トラックと衝突しました。乗用車には4人が乗っていて窃盗の疑いのある人物がいたとみられ、車を放置して走って逃げたということです。  接触された車の運転手:「逆走してきた車とそれを追いかけるパトカーが一緒にダーッて」  目撃者によりますと、逃げた4人は全員外国人風の男だ...
»続きを読む
カテゴリー:

レッド・ツェッペリン、初ライブの日から50周年を迎える9月に豪華ボックスセットを発売予定 - 06月23日(土)11:15 

レッド・ツェッペリンがライブ映画『The Song Remains the Same』のサウンドトラックを初ライブ50周年記念の豪華ボックスセットとしてリリース予定だ。本作のリマスタリングはジミー・ペイジが監修。レッド・ツェッペリンはライブ・・・
カテゴリー:

三関のサクランボ首都圏へ 湯沢市産、出荷スタート - 06月23日(土)10:55 

 秋田県湯沢市産サクランボの主力品種「佐藤錦」の首都圏向け出荷が本格的に始まった。同市上関のJAこまちゆざわフルーツセンターで22日、出発式が開かれ、生産者らが東京・大田市場へ向かうトラックを見送った…
カテゴリー:

エンジニアが語る、ローリング・ストーンズの巨大アナログ盤ボックスセット完成の内幕 - 06月23日(土)09:00 

アビイ・ロードのエンジニア、マイルズ・ショウェルがアナログ盤15枚のボックスセット完成の内幕を語った。「それぞれのアルバムが最強になったと想像してみてくれ」と、新たなコレクション用に15枚のLPをリマスタリングしたエンジニアは語った。「このボックスセット、君がローリング・ストーンズに手渡さなきゃダメだよ」と、マイルズ・ショウェルが笑いながら言う。「彼らはずっと最前線を走っている。もう55年になるかな。今後同じことができるバンドもアーティストも絶対に出てこないよね?」と。ショウェルは2017年の夏と秋を、文字通り40年に渡るローリング・ストーンズの歴史にずっと耳を傾けて過ごした。その結果が今回リリースされた『ザ・スタジオ・アルバムズ・ヴィニール・コレクション1971 – 2016』(6月15日発売/輸入盤のみ、オープン価格)。これは数量限定の高額ボックスセットで、1971年の『スティッキー・フィンガーズ/Sticky Fingers』から2016年の『ブルース&ロンサム/Blue & Lonesome』まで、合計15枚のLPを180グラムのアナログ盤にプレスしている。また、LP1枚ごとにオリジナル・パッケージのレプリカに入っているという念の入れようだ。『スティッキー・フィンガーズ』はジッパー付き、『メイン・ストリートのならず者/Exile on Main St.』...more
カテゴリー:

仏女優ジュリー・ガイエ、カンヌ受賞作「顔たち、ところどころ」プロデューサー経験を語る - 06月23日(土)19:15 

 横浜市で開催中の「フランス映画祭2018」で6月22日、名匠アニエス・バルダと若手アーティストのJRが共同監督を務めた「顔たち、ところどころ」がイオンシネマみなとみらいで上映され、プロデューサーを務めた女優のジュリー・ガイエがティーチインを行った。  第70回カンヌ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した本作は、女性監督の先駆者としてカンヌ国際映画祭やアカデミー賞の名誉賞も受賞している88歳のバルダと、参加型アートプロジェクト「Inside Out」で知られる34歳のアーティストのJRという親子ほども年の離れた2人がフランスの田舎をトラックで巡りながら、市井の人々と接し、作品をともに作り、残していくいく旅の様子を記録したロードムービースタイルのドキュメンタリー。  ガイエにとってのバルダ監督の存在について「映画界の母であり、おばあちゃん。私にとってもフランス映画界にとっても『5時から7時までのクレオ』はフェミニストとしてはじめての女性監督としての主張というものが強く出ている作品です。女性がテーマとなっているだけではなく、女性の目から見た世界を描いています。ずっとフェミニズムの主張を続けています」といい、「『顔たち、ところどころ』は家族や旅を題材にした、夢あふれる、ファンタジックな映画で、とても面白く、感動的な作品です。他にぜひ見ていただきたいのは『落穂拾い』です。これは...more
カテゴリー:

「殺人と不倫は絶対に描きません」巨匠プロデューサー・石井ふく子がホームドラマにこだわり続ける理由 - 06月23日(土)18:00 

単発ドラマ時代の「日曜劇場」(1956~1993年TBS系)や、現在も年1回のペースでスペシャルドラマが制作されている「渡る世間は鬼ばかり」(1990年~TBS系)など、プロデュースを手掛けたテレビドラマは1000本超。その記録がギネスブックにも認定されている、言わずと知れた大御所プロデューサーの石井ふく子氏。そんな石井氏が、1972年に盟友・山田洋次の脚本で制作したドラマ「あにいもうと」が46年ぶりに、新たなキャストを迎えて蘇る。この作品に懸ける思い、そして「渡る世間は鬼ばかり」(1990年~TBS系)など、常に“ホームドラマ”にこだわり続けてきた真意などを語っていただいた。 「女と味噌汁」(1965年ほか)、「肝っ玉かあさん」(1968年ほか)、そして「渡る世間は鬼ばかり」(1990年~)など、TBSドラマの名作を多数生み出してきた石井ふく子プロデューサー ■ 自分の作った作品で涙を流したことなんてないんですけど、今回は泣きました ──前作の「あにいもうと」でご一緒された脚本家の山田洋次さんと、再び同じ作品をお作りになろうと思われたきっかけからお聞かせください。 「山田さんとは今回が20本目になるんですけど、最近はお忙しいみたいで、久しくご一緒する機会がなかったんですよ。最後が『くもりのちハーレー』(1988年TBS系)ですから30年ぶり。久しぶりにご連絡して、食事をしながらお...more
カテゴリー:

レッド・ツェッペリン、初ライブの日から50周年を迎える9月に豪華ボックスセットを発売予定 - 06月23日(土)11:15 

レッド・ツェッペリンがライブ映画『The Song Remains the Same』のサウンドトラックを初ライブ50周年記念の豪華ボックスセットとしてリリース予定だ。本作のリマスタリングはジミー・ペイジが監修。レッド・ツェッペリンはライブ映画『The Song Remains the Same』のサウンドトラックをリマスタリングし、50周年を記念して再発売する。このリイシュー盤は異なる特典付きの複数のフォーマットで9月7日に発売。50年前のこの日、つまり1968年9月7日は、まだニュー・ヤードバーズと名乗っていたレッド・ツェッペリンが初めてライブを行った日だ。ジミー・ペイジが個人的にリマスタリングの監修を行ったこのアルバムには、1973年の夏にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで彼らが行った3日連続公演の音源が収録されている。1976年に公開された同タイトルの映画では、30分に及ぶ「幻惑されて/Dazed and Confused」や「モービー・ディック/Moby Dick」でのジョン・ボーナムの長いドラムソロなどがフィーチャーされていた。通常のDC盤とアナログ盤でのリイシューに加え、CD盤には24ページの、アナログ盤には28ページの付属ブックレットが付く。また、アナログ盤のトラックリストをページ自ら調整して、オリジナル盤には収録されなかった楽曲を多数収録し、1面すべて...more
カテゴリー:

ポール・マッカートニー、17枚目のソロアルバムを今秋にリリース - 06月23日(土)10:00 

ポール・マッカートニーは、17枚目となるソロアルバム『Egypt Station(エジプト・ステーション)』を9月にリリースする。本作は、元ビートルの17枚目のソロアルバムには新シングル「I Dont Know」、「Come On to Me」が収録されている。ポール・マッカートニーが17枚目のソロアルバム『Egypt Station』をキャピトル・レコードより9月7日にリリースする。このアルバムタイトルは彼が描いたオリジナル絵画の1枚から取られており、最近発表された新しいシングル曲「I Dont Know」と「Come On to Me」も収録されている。このアルバムに関する声明で、マッカートニーは「(このアルバムは)かつて作っていた”アルバムらしい”アルバムを思い出させた」と述べ、1枚を通して巡る音楽の旅を示唆しながら、「『Egypt Station』は1曲目から旅が始まり、曲が変わるたびに次の駅に着く感じだ」と続けた。そして「つまり、曲が駅ということが、曲やその周辺の風景を私たちに見せてくれた。それぞれの駅を音楽が生まれる夢の場所と私は考えている」と説明した。マッカートニーは、プロデューサーのグレッグ・カースティン(アデル、ベック、フー・ファイターズなどを手がけている)とともに、米カリフォルニア州ロサンゼルスとイギリスでレコーデイングを行い、14曲中1曲を除いては彼自身が指揮...more
カテゴリー:

「アントマン&ワスプ」小さくなるほど強くなるヒーローコンビの敵が明らかに - 06月23日(土)09:00 

 マーベル・スタジオの新作「アントマン&ワスプ」の本予告編と本ポスタービジュアルが公開された。  体長1.5センチにまで小さくなることができる異色のヒーロー、アントマンの活躍を描いた「アントマン」の続編。本作では、アントマンのスーツの開発者であるハンク・ピム博士の娘のホープ・ヴァン・ダイン(エバンジェリン・リリー)が体長1.5センチにまで小さくなることができる脅威のスーツで完璧ヒロイン“ワスプ”となり、アントマンことスコット・ラングとともに、あらゆる物体をすり抜けられる敵“ゴースト”に立ち向かう。  予告編では、元泥棒でバツイチ、愛娘にはなかなか会えず、FBIの監視下に置かれている頼りないアントマンと、体のサイズと自由自在に操り次々と華麗に敵を倒していくワスプがユーモアたっぷりに描かれる。物体をすり抜けられる神出鬼没の謎の美女ゴーストから、アントマン誕生の鍵を握る研究所を守るため、建物をスーツケースサイズに縮小したり、身近なアイテムを巨大化して攻撃したりと、ユニークな戦いが繰り広げられる。小さくなるほど強くなるコンビの意表をつくバディアクションとともに、巨大化したアントマンが走行するトラックを押しとどめようと悪戦苦闘する場面など、コメディ要素も健在だ。  アントマン役のポール・ラッドをはじめ、ピム博士役のマイケル・ダグラス、ホープ役のエバンジェリン・リリー、スコットの親友ルイ...more
カテゴリー:

もっと見る

「トラック」の画像

もっと見る

「トラック」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる