「トップ企業」とは?

関連ニュース

ウィン・リゾーツ、IR整備法の成立を歓迎 「日本独自の統合型リゾートを開発できる」 - 07月20日(金)21:47 

ウィン・リゾーツは、特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)の成立を歓迎する声明を発表した。 日本での統合型リゾート(IR)の実現に非常な重要なステップになるとして、ウィン・リゾーツのマット・マドックス最高経営責任者(CEO)は、「私たちは、統合型リゾートが日本に外国人観光客の増加、雇用創出、経済活性化をもたらし、IR実施法案はそこに向けた重要なステップであると考えております。日本は、世界でも注目される、素晴らしい顧客重視の“おもてなし”文化を有しています。このような独自の顧客体験を作り上げようとする伝統により日本は、他の国にはない独自の統合型リゾートを作り上げることができると見ています。ウィン・リゾーツは、一貫して最高級の顧客体験を各国で提供しており、日本においても、最高水準のサービスの提供を目指していきます。日本に根付く“おもてなし”精神やきめ細やかな気遣いを取り入れていくことで、日本ならではの統合型リゾートサービスの提供を実現していければと考えております」とコメントした。 ウィン・リゾーツ・ディベロップメントのクリス・ゴードン代表も、「ウィン・リゾーツは、地域のコミュニティと密接に取り組むことで、これまでに数千もの新たな雇用を地域に生み出し、観光を拡大してきました。日本においても、日本のトップ企業や地域との協力によって、他の国には見られない日本独自の統合型リゾートを開発・運営...more
カテゴリー:

ソフトバンク孫社長が「AIのトップ企業」買いあさるワケ - 07月19日(木)16:02 

「AI(人工知能)がありとあらゆる産業を再定義する」――ソフトバンクグループの孫正義社長が「Softbank World 2018」で、繰り返し強調した。同社は各業界でAIを活用するトップカンパニーを囲い込んでいる。
カテゴリー:

地方都市は「限られた商圏」か? JR九州とiBankが語るビジネス×テクノロジー戦略 - 07月20日(金)10:20 

地方創生が注目を集める一方、その実現過程において事業の採算性や持続可能性についてシビアな見方も浮かび上がってきている。そんな中でユニークな商圏として地方都市の底力を示しているのが九州エリアだ。福岡で開催された「アドテック九州2018」では、「限られた商圏でどう戦うか?地域トップ企業が語る」というテーマのもと、九州旅客鉄道(JR九州) 総合企画本部経営企画部 グループマーケティング室長の相良 周平氏と、iBankマーケティング 代表取締役社長 永吉 健一氏が登壇、九州経済のインフラを支える「ビジネス×テクノロジー」の現在地について、具体的な事例を紹介した。
カテゴリー:

7億ユーザーを誇る中国版Spotifyが米国で株式公開準備 - 07月10日(火)16:15 

Spotifyの1.7億ユーザーを大きく上回る、7億ユーザーを誇る中国の音楽ストリーミングのトップ企業であるTencent Music Entertainment。スウェーデンの本家の株式公開に続いて、ウォール・ストリートへ進出しようとして・・・
カテゴリー:

「トップ企業」の画像

もっと見る

「トップ企業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる