「トイレ」とは?

関連ニュース

ロシアW杯決勝Tベスト11は…『Goal』ではベストGK、得点王が選ばれず - 07月16日(月)16:46 

決勝トーナメント進出チームからベストイレブンを選出。選ばれたのは…?
カテゴリー:

全国選りすぐりの花火師たちが参加!すごすぎる岐阜の2大花火大会を徹底攻略!! - 07月16日(月)11:00 

2018年7月27日(土)と8月4日(土)の2週連続で、岐阜県岐阜市にて大規模な花火大会が開催される。長良川を舞台に繰り広げられる、質・量ともにトップクラスの花火大会は必見!そんな岐阜県が誇る2大花大会の攻略情報を紹介する。 【写真を見る】平成最後の夏にふさわしい光と音の感動の饗宴 ■ 全国の花火師たちによる東海エリア随一のハイクオリティ花火 7月27日(土)に開催されるのが、全国選りすぐりの花火師たちにより、トップクラスの花火が披露される「第62回 全国選抜長良川中日花火大会」。長良川の河原から打ち上げられる新作花火やナイアガラの滝などが見どころ。花火大会はオープニングスターマインで幕を開け、最後まで息をつく間もないほどの迫力。日本煙火芸術協会会員の特別作品銘品集や、創作スターマインコンクール、開幕・ワイド・ラストの3大スターマインは必見だ! 【参考データ】発数:非公開/屋台:約450店/昨年度の人出:約35万人/雨天時:小雨決行、荒天・河川増水時は8月25日(土)に延期(予定) ■ 平成時代30年を振り返る感動の光と音の饗宴! 8月4日(土)に行われる「第73回 全国花火大会」は、超ワイドスターマインなどで開幕。スターマインや長良川を横断する光の滝、3号・4号玉などの早打ちが夜空を華やかに染め上げる。約300mのナイアガラの滝や“ふるさと岐阜”をテーマにデザインされた花火、3基...more
カテゴリー:

異業種交流会での婚活はアリ?効率よく出会う必須アイテムとは - 07月16日(月)08:47 

【アラフォー婚活の現実 Vol.30】  結婚相談所、婚活パーティー、婚活サイトのいわゆる三大婚活市場で活動していると「いい男が全然いない! 普通の男にすら出会えない!」と思う女性も多いのでは。  特に今まで人並みにモテてきた女性にとって、婚活の場で出会う男性は物足りないかもしれません。理想のタイプに出会えるまで待つ、そんな悠長なことを言ってられない人は“他の狩場”に目を向けてみてはいかがでしょうか。 ◆意識高い系の男女が集う「異業種交流会」は出会いの宝庫!?  私はかつて、異業種交流会という名のパーティーによく顔を出していた時期がありました。その名の通り、いろんな職業の人々が集うパーティーです。  人脈を増やしたり、事業をPRしたい経営者や自営業が多い印象がありますが、他にも有名企業の会社員、医師、弁護士などいろんな業種の人たちが参加しています。基本的に紹介制が多いですが、大きな会になるとSNSなどネットで広く参加者を募集しているところもあります。  異業種交流会というと、バリバリのキャリアウーマンでないと参加できないのでは……と不安に思うかもしれませんが、定職に就いていれば、特に参加資格を設けてないところが多いです。出会い目的の会ではないため、女性の年齢制限もありません。ただし、既婚者も参加できるところがネックです。  そのため、異業種交流会で婚活する際は、相手を...more
カテゴリー:

英紙がロシアW杯の23歳以下の若手ベスト11を選出!フランス&ウルグアイから最多3人 - 07月15日(日)22:17 

英紙『ガーディアン』が、「ゴールデンボーイ・ベストイレブン」と題し、ロシアW杯で輝きを放った若手11人を選出。
カテゴリー:

熱中症や食中毒の恐れ=避難所、暑さ対策必要-エコノミー症候群も・西日本豪雨 - 07月15日(日)14:34 

 西日本を中心に大きな被害をもたらした豪雨災害では、多くの被災者が避難所に身を寄せている。暑さはさらに厳しさを増し、熱中症や食中毒の恐れがあるほか、避難生活の長期化による「エコノミークラス症候群」の懸念も高まっている。 「避難所・避難生活学会」副会長で日本赤十字北海道看護大の根本昌宏教授は「熱中症予防には水分補給が重要だが、被災地では上下水道が止まったり、場所が遠くなったりするなどトイレ事情が悪化し、水分摂取を控える被災者が増える」と指摘する。暑さを自覚しにくくなる高齢者には、周囲が水分補給を促す必要があるという。 2016年4月の熊本地震では、熊本市内の避難所で食中毒が発生し、34人におう吐などの症状が出た。市によると、外部から持ち込まれた炊き出しが原因で、「温かいものを食べてほしい」と発泡スチロールの容器で運搬されたため菌が増殖したという。市は避難所で提供される食品や調理施設の衛生管理を徹底し、再発防止を図った。 熊本地震では、車中泊が続いたことによる「エコノミークラス症候群」で女性が死亡した。その後、保健師らが避難所の駐車場を巡回し、水分補給やストレッチを呼び掛けるチラシを配布。脚を圧迫して血流を改善し、血が固まるのを防ぐ「弾性ストッキング」を希望者に配布したという。 同学会によると、雑魚寝の避難所でも同症候群が多く見つかっており、床に敷いた布団の上で長時間正座などの姿勢を続...more
カテゴリー:

「運とボール引き寄せる」2年間、毎日続けたトイレ掃除 - 07月16日(月)13:00 

(15日、高校野球南大阪大会 清教学園8―0布施工科) 七回表、布施工科の攻撃。打席に向かう佐藤奎伸(けいしん)君(3年)は集中しようと、ヘルメット越しに頭を2回たたいた。思い出していたのは四回の守備…
カテゴリー:

デリカシーなし!彼女の部屋だとドン引きされる生活習慣9パターン - 07月16日(月)09:00 

一人暮らしの彼女の部屋にお呼ばれしたら、立ち振る舞いには気を付けたいもの。うっかり自宅感覚で行動すると、「この人とは無理…」と心の中で見切りをつけられてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「デリカシーなし!彼女の部屋だとドン引きされる生活習慣」をご紹介します。 【1】外出着のままベッドに寝転ぶ 「いつもは帰宅したらシャワーを浴びて部屋着に替えているくらいなのに!」(20代女性)というように、外を出歩いた格好で彼女のプライベート空間を汚してしまうパターンです。彼女が潔癖そうな予感があれば「お風呂で足だけでも洗おうか?」と気づかってもよいでしょう。 【2】ドアが半開きのまま用を足す 「おしっこならまだ許せるけど、おっきいほうでドア閉めないなんてありえない」(20代女性)というように、ドアを開けたままトイレを使ってしまうパターンです。ドアロックはもちろん、臭いうんちをしてしまったときは換気扇をまわすなど配慮をしたいものです。 【3】便座を上げて立ち小便する 「立ったままされると周囲に飛び散るので座ってしてほしい」(10代女性)というように、自宅や公衆トイレの感覚で便器に立ちションしてしまうパターンです。なるべく座りションを心がけるだけでなく、大きいほうで便器を汚してしまった場合もキレイにふき取るのがマナーでしょう。 【4】ゴ...more
カテゴリー:

西日本豪雨で高校生がクラウドファンディングで資金調達 愛媛・大洲市 - 07月16日(月)07:46 

 豪雨災害で被災した愛媛県大洲市の避難所で、松山市の第一学院高校3年、吉田アンドリューさん(17)と県立大洲高校3年の生徒計8人のグループが、自主的にパンやジュース、トイレットペーパーなど生活物資を、被災した市民に無償で提供した。生活物資の購入資金は吉田さんがインターネットで協力を呼びかけるクラウドファンディングを利用した。さらにSNS(会員制交流サイト)を通じても支援が広がり、物資が届いたという。
カテゴリー:

面倒くさいの?彼氏が夏の旅行を嫌がる本当の理由9パターン - 07月15日(日)17:00 

夏休みは彼氏と旅行がしたいのに、なんだかんだと言い訳をして、話に乗ってこない…。そんな経験のある人は意外と多いようです。世の男性が「彼女との旅行」に消極的なのは、いったいどうしてなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性349名に聞いたアンケート調査を参考に「面倒くさいの?彼氏が夏の旅行を嫌がる本当の理由」をご紹介します。 【1】自分が決めたプランに難癖をつけられると腹が立つから 「優柔不断なくせして、こっちの提案には納得しないから、面倒」(20代男性)というように、ノープランなわりにダメ出しが多い彼女に辟易しているパターンです。とはいえ一方的に「あれしよう、これしよう」と主張しても引かれてしまうので、相手の要望をうまく汲みつつ自分の意見を通すプレゼン力が試されるでしょう。 【2】どこへ行っても混んでいて不愉快になるから 「なんでわざわざ混雑する時期に出かけなくちゃいけないの?と思います」(20代男性)というように、人ごみが嫌いで旅行を避けたがるパターンです。そこまで理由がはっきりしているなら、徹底的に穴場を探して「ここなら誰にも邪魔されないよ」と前置きしてから誘うほかないでしょう。 【3】ハイシーズン料金でぼったくられている気がするから 「足もとを見られているようで気分が悪い」(20代男性)というように、割高感を受け入れられず、気乗りしないパターンです。この手の...more
カテゴリー:

介護職の女性(48)=同市=は「生理用品をみんなの前で受け取るのは恥ずかしい」 - 07月15日(日)14:26  news

西日本豪雨で大きな被害が出ている岡山県内では、倉敷市真備町地区の住民を中心に、 14日現在も約2900人が避難生活を送っている。長い人で9日目を迎え、被災者の疲れもピークに 達する中、女性への対応が課題としてクローズアップされている。トイレや着替え、 防犯面に子育てといった「女性ならでは」の悩みを抱え、男女が一緒に過ごす空間に 不安を感じる人も多い。プライバシー確保など女性の視点を取り入れた避難所運営が急がれる。 介護職の女性(48)=同市=は「生理用品や下着をみんなの前で受け取るのは恥ずかしい。 せ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「トイレ」の画像

もっと見る

「トイレ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる