「デジタル化」とは?

関連ニュース

CEOに直撃!あのパナマ文書解析にも使われたツールを提供するNuixが日本市場に本格参入! - 05月25日(金)09:00 

オーストラリアで起業したあとグローバルな展開を見せているデータ分析ソリューション企業「Nuix」。これまでもパートナーを通じて日本市場に製品を供給してきていたが、これからは本格的に参入する方向だという。■日本市場参入後にどんな展開を見せるのか? CEOに直撃!今後同社はどのような展開を想定しているのか、Nuix Japanのカントリーマネージャーである長谷一生氏(トップ画像右側)同席のもと、同社のグローバルCEOであるロッド・ボードリー氏(トップ画像中央)と、同社のアジアパシフィック&ジャパンCEOであるポール・マラー氏(トップ画像左側)に話を聞くことができた。――まずはNuixの概要についてお聞かせくださいボードリー氏:我々は基本的にはソフトウェア企業であり、セキュリティ、リスク、コンプライアンス管理へのソリューションを提供しています。また、我々は誰よりもデータを詳細に扱うことにフォーカスしています。データと言っても様々なタイプのものがありますが、あらゆる種類のものを取り込んで対応できるようにするというのが弊社の仕事といえます。Nuixデータ分析エンジンに取り入れられるデータは、構造化あるいは非構造化のデータですが、SNS系のデータを含めて、ありとあらゆるデータに対応しています。Nuixエンジンは非常に高速な処理が可能で、スケールが大きくなってもそれは変わりません。弊社のソフトは...more
カテゴリー:

山田孝之×菅田将暉W主演「dele」『耳から入ってきたセリフをしっかりと心で受け止めてほしい』 - 05月25日(金)05:00 

テレビ朝日系で7月にスタートする金曜ナイトドラマ「dele(ディーリー)」に山田孝之&菅田将暉が主演することが決定。さらに、ベストセラー作家・本多孝好が完全オリジナルドラマの原案と脚本に初挑戦することも分かった。山田と菅田に当て書きしたキャラクターを軸に、克明に紡いだ“誰も目にしたことがない物語”を映像化する。 【写真を見る】山田孝之&菅田将暉の役衣装ショットも初公開!/(C)テレビ朝日 ■ 「dele」のテーマは「デジタル遺品」 同ドラマのタイトルにもなっている「dele」は、「削除」を意味する校正用語で、パソコンやスマホに残された「デジタル遺品」がテーマ。意図的に残した“誰に見られても構わない記録”はもちろん、密かなコレクションから、こっそりとアクセスしたサイトの記録まで…。“人に見られては不都合な記録”も含め、個人の人となりがデジタルデバイスに詳細に残ってしまう現代で、突然死んでしまったとき、誰にも見られたくないデータという、“黒もしくはグレーな人知れぬデータ”に着目。デジタル化した現代社会において、すべての人にとって大きな懸念材料となっている「デジタル遺品」に初めて光を当てていく。 本作の主人公・坂上圭司(山田)と真柴祐太郎(菅田)が生業とするのは、依頼人の依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事。しかし、2人は任務を遂行しようとするたび、さまざ...more
カテゴリー:

山田孝之&菅田将暉W主演!新ドラマ『dele』は「デジタル遺品」にスポット - 05月24日(木)18:23 

7月よりスタートする金曜ナイトドラマ『dele(ディーリー)』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)で、山田孝之と菅田将暉が主演を務めることがわかった。「削除」を意味する校正用語「dele」をタイトルに掲げる本作のテーマは、パソコンやスマホに残された「デジタル遺品」。意図的に残した“誰に見られても構わない記録”はもちろん、密かなコレクションから、こっそりとアクセスしたサイトの記録まで……。自分が突然死んでしまったとき、誰にも見られたくないデータは一体どう処理したらいいのか? 同ドラマは、“黒もしくはグレーな人知れぬデータ”に着目し、デジタル化した現代社会において、すべての人にとって大きな懸念材料となっている「デジタル遺品」に初めて光を当てた、1話完結型形の作品だ。本作の主人公・坂上圭司(山田)と真柴祐太郎(菅田)が生業とするのは、依頼人に代わって死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事。圭司は、フリーのプログラマーで、原因不明の難病で下半身の麻痺が進行し、車椅子生活を送っている。亡き父が設立した「坂上法律事務所」と提携し、会社「dele. LIFE」を立ち上げ、依頼人の死後に遺留データを内密に消す仕事をしており、頑固でプライドが高く、テリトリー意識が強い男。一方の祐太郎は、フリーランスの何でも屋。ひょんなことから、圭司の仕事を手伝うように……。オフィ...more
カテゴリー:

【ビジネス】ビル型納骨堂はアリ、でもネット葬儀はナシ? 葬儀や供養のデジタル化に重要なのは「儀式性」か - 05月24日(木)10:12  newsplus

◆ビル型納骨堂はアリ、でもネット葬儀はナシ?葬儀や供養のデジタル化に重要なのは「儀式性」か ◇自動搬送式納骨堂が流行ってネット葬儀が広がらない理由   葬儀も供養もデジタルを駆使してもっと便利になる? ■すべての無駄や苦労をなくしたら儀式の空気感は得られない 21世紀に入って急速に普及した供養関連の商品に、自動搬送式納骨堂が挙げられる。都市部の駅近くに多く建てられているビル型の供養施設で、参拝者はエレベーターなどで墓参フロアに向かい、 空いているブースの入り口にあるセンサーに持参したIDカードをか...
»続きを読む
カテゴリー:

第31回『サラリーマン川柳』大賞決定「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」【ベスト10発表】 - 05月23日(水)10:00 

 第一生命は23日、今年で31回目となる恒例の『サラリーマン川柳コンクール』のベスト10を発表。栄えある大賞は、矛盾(むじゅん)を面白く詠んだ「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」(作者:あたまで健康追求男・60代/男性)に決定した。 【一覧表】サラリーマン川柳TOP10 悩みもデジタル化…  同作品は、運動するために通っているはずのジムの行き帰りは、車を使うという様子を自虐的かつコミカルに表現した作品として「まさにそのとおり!(20代)」「あまのじゃくでクスッと笑えて共感した(30代)」「あるあるなのにユーモラス。皮肉もあってベスト!(50代)」と年代を問わず多くの共感を得た。  今年度は特別企画として作品を募った「健康第一部門」の効果もあり、健康を意識した作品が大賞に選出されるなど、人々の健康に対する意識の高まりがうかがえる結果となった。そのほか、「顔認証」や「電子化」など最新テクノロジーを用いた川柳も寄せられるなど、サラリーマンの悩みもデジタル化へ。最近の潮流である「働き方改革」にちなんだ自虐ネタもベスト10にランクインした。  毎年たくさんのサラリーマンたちの悲哀が届く同コンクール。第31回目は、昨年9月から11月にかけて、全国の幅広い世代を対象に募集し、応募作品数は4万7559句。今年2月に全国優秀100句を発表し、それらの作品を対象に、8万4000人を超える...more
カテゴリー:

山田孝之&菅田将暉W主演!新ドラマ『dele』は「デジタル遺品」にスポット - 05月25日(金)07:00 

7月よりスタートする金曜ナイトドラマ『dele(ディーリー)』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)で、山田孝之と菅田将暉が主演を務めることがわかった。「削除」を意味する校正用語「dele」をタイトルに掲げる本作のテーマは、パソコンやスマホに残された「デジタル遺品」。意図的に残した“誰に見られても構わない記録”はもちろん、密かなコレクションから、こっそりとアクセスしたサイトの記録まで……。自分が突然死んでしまったとき、誰にも見られたくないデータは一体どう処理したらいいのか? 同ドラマは、“黒もしくはグレーな人知れぬデータ”に着目し、デジタル化した現代社会において、すべての人にとって大きな懸念材料となっている「デジタル遺品」に初めて光を当てた、1話完結型形の作品だ。本作の主人公・坂上圭司(山田)と真柴祐太郎(菅田)が生業とするのは、依頼人に代わって死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事。圭司は、フリーのプログラマーで、原因不明の難病で下半身の麻痺が進行し、車椅子生活を送っている。亡き父が設立した「坂上法律事務所」と提携し、会社「dele. LIFE」を立ち上げ、依頼人の死後に遺留データを内密に消す仕事をしており、頑固でプライドが高く、テリトリー意識が強い男。一方の祐太郎は、フリーランスの何でも屋。ひょんなことから、圭司の仕事を手伝うように……。オフィ...more
カテゴリー:

野村證券 9割儲かるIPO――個人資産を証券会社に預けない日本人、その背景 - 05月25日(金)00:16 

「AI(人工知能)の影響は、営業に関しては今のところゼロ。何も変わっていません。ただ、総務系の仕事は、置き換わる部分がありそうです。社内からの『口座開設で必要な書類は何でしたっけ?』といった単純な質問対応もやっていますし、定型的な事務処理がありますから」(若手社員)。証券会社の営業マンは、銀行と同様、プライバシーの最たるものである個人金融資産を扱う。その仕事内容は、信用を築いて相手に入り込み情報を取得するという、新聞記者のような要素も大きい。この種の仕事内容では、AIの影響をほとんど受けない。AIはデジタル化された大量の情報の存在が前提となってはじめて分析できるが、個人資産の内容はどこにも開示されておらず、皆が、できれば隠しておきたいものだからだ。そのドアオープナーとしての業務は、人間に最後まで残る業務といえる。
カテゴリー:

IoT/スマートプラットフォームによる「産業のデジタル化」の動向がわかる!『次世代産業の共通基盤となるIoT/スマートプラットフォーム』を5月24日(金)に発売 - 05月24日(木)11:00 

[株式会社インプレスホールディングス] https://book.impress.co.jp/books/1118501001 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。 第4次産業革命とは産業のデジタル化を意味し、現在、これを支える共通の情報通...
カテゴリー:

【月刊誌】男性ファッション誌「warp」が休刊、22年の歴史に幕 - 05月24日(木)01:33  newsplus

出版社の「トランスワールドジャパン」は、月刊誌の「warp MAGAZINE JAPAN」を、6月23日発売の8+9月合併号をもって休刊すると発表しました。 1996年に創刊の同誌は、アメリカ西海岸のボードカルチャーやユースカルチャーをいち早く日本に紹介したほか、近年は海外に目を向けた東京発信のファッション・ライフスタイル誌として支持を得ていました。 しかし、デジタル化の進展による情報源の多様化に加え、読者や業界を取り巻く環境の変化を考慮し、休刊の決定に至ったようです。 warp MAGAZINE JAPAN 休刊のお知らせ https://www....
»続きを読む
カテゴリー:

Amazon Alexaがさらに賢くなって会議の日程を調整してくれる - 05月23日(水)06:20 

スマートアシスタントがどんどん賢くなっていろいろな機能が追加されている。しかし人間のアシスタントだったら難なくこなせるような仕事をデジタル化するのはかなり難しい場合がある。 そういう中でAmazon Alexaとカレンダーとの連携がさらに便利になった。Alexaに導入されたのは日程を調整するために他の人と共有しているカレンダーを操作する機能だ。 従来から会議などの日程調整のために他の人とカレンダーを共有することが可能だった。新機能ではAlexaは両者に好都合な時間帯を音声コマンドで見つけてくれる。「Alexa、[名前]とミーティングの時間をスケジュールして」(Alexa, schedule a meeting with [name])と呼びかけるだけでよい。スマートアシスタントがユーザー自身と相手のカレンダーを調べて両者ともに空いている時間帯を2つ見つけてくれる。 基本的な制限として、アポの時間が変更になってもAlexaからキャンセルして新しいスケジュールを設定することはできない。ただし既存のアポの日時を動かすことはできる。これは当初からAlexaに実装されていてもいい機能だったと思うが、遅れても来ないよりましだ。これらの機能は当面アメリカのユーザー向けで今日から利用できる。 [原文へ] (翻訳:滑川海彦@Facebook Google+)
カテゴリー:

もっと見る

「デジタル化」の画像

もっと見る

「デジタル化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる