「ディープラーニング」とは?

関連ニュース

ディープラーニングモデル構築のための学習データ作成支援ソリューション「DeLTA-Mark」提供開始 - 07月17日(火)13:55 

[LeapMind] [画像1: https://prtimes.jp/i/16656/23/resize/d16656-23-324624-5.jpg ] ■「DeLTA-Mark」概要と背景 本プロダクトは、ディープラーニングモデル構築のための「学習データ」(※1)の作成を支援するソリューシ...
カテゴリー:

オラクル、Tesla V100を実行する新しいインスタンスの提供を開始 - 07月13日(金)18:30 

日本オラクルは、Oracle Cloud Infrastructure上でのNVIDIA Tesla V100 GPUの利用開始を発表した。新たに利用可能になるインスタンスにより、最新の高性能コンピューティング(HPC)、人工知能(AI)、ディープラーニングなど、ITインフラの負担が大きいワークロードを迅速かつ高いコスト効率で実行できるようになる。
カテゴリー:

【IT】除草剤を雑草だけに散布する農業ロボット「See & Spray」--深層学習で作物と区別 - 07月13日(金)03:57  bizplus

 農業向け技術を手がける米国企業Blue River Technologyは、畑の雑草にだけ除草剤を散布するシステム「See & Spray」を開発した。除草剤の散布量を10分の1程度に減らせるうえ、除草剤に耐性のある雑草の増加抑止にもつながるとしている。  See & Sprayは、トラクターに装着して移動しながら作物の植えられた畑を撮影し、ディープラーニング(深層学習)で作物と雑草を区別する。そして、1インチ(約2.5cm)未満の精度で雑草だけを狙って除草剤を噴射できる。 処理時の移動速度は時速6マイルから8マイル(およそ時速9.7...
»続きを読む
カテゴリー:

クリエイティブAI開発のデータグリッド、「NVIDIA Inception Program」のパートナー企業に認定 - 07月12日(木)16:50 

[株式会社データグリッド] 今回の認定により、データグリッドはNVIDIAの最新GPUハードウェアへのアクセスや技術支援を受けることが可能となります。 データグリッドはディープラーニングを応用したGAN(Generative Adversarial Network、敵...
カテゴリー:

特許庁、特許文献の「機械翻訳システム」が2019年5月に稼働 | IT Leaders - 07月10日(火)13:50 

東芝デジタルソリューションズは2018年7月10日、特許庁から「機械翻訳システム」を受注したと発表した。2019年5月に稼働を開始する。国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発したディープラーニングを活用した機械翻訳エンジンに、東芝デジタルソリューションズの自然言語処理技術を組み合わせた。
カテゴリー:

最短で作るローカルのディープラーニングGPU環境 - 07月14日(土)22:51 

最短で作るローカルのディープラーニングGPU環境はじめに ディープラーニングの学習を実行するにはGPUはほぼ必須ですが、GPUを使用するにはNVIDIAドライバー、CUDAなど色々とインストールする必要があります。 この作業はバージョンの組み合わせやインストール方法で結構ハマることが多いようです。 ubuntu-drivers と NVIDIA Docker を使えばこれらを簡単にインストー...
カテゴリー:

SBクラウド、機械学習と深層学習使用の画像検索エンジン - 07月13日(金)09:26 

SBクラウドは7月12日、マシンラーニング(機械学習)とディープラーニング(深層学習)を使用する画像検索エンジン「Image Search(イメージサーチ)」を提供開始した。価格は、6万リクエストまでの場合で月額57万5000円(税別)。
カテゴリー:

少量のデータから特徴を抽出する独自AI開発、ハカルスが1.7億円を調達 - 07月12日(木)17:17 

AIソリューションの開発を手掛けるハカルスは7月12日、エッセンシャルファーマ、大原薬品工業、キャピタルメディカ・ベンチャーズ、みやこキャピタル、メディフューチャーを引受先とした第三者割当増資により、総額1.7億円を調達したことを明らかにした。 同社は2014年の設立。過去にトータルで1億円を調達していて、今回のラウンドを含めると累計調達額は2.7億円となる。 前回の調達時にも紹介している通り、ハカルスはもともとヘルスケア分野のAIベンチャーとしてスタート。少量のデータからでも傾向や特徴を抽出できる「スパースモデリング」技術を機械学習に応用した、独自AIを開発している。 これによって一般的なディープラーニング技術が抱える「膨大な学習データが必要」「AIの意思決定の過程が人間には解釈できずブラックボックス化している」「大規模な計算資源が必要」などの課題を解決することを目指しているという。 ハカルスでは同社の技術をこれまで産業や医療分野に展開。たとえばドローンで空撮した建物の画像から補修が必要な箇所を特定するようなシーンで利用実績がある。 3月には医療・ヘルスケア分野での利用に特化した開発パッケージ「HACARUS Fit Platform」 を発表しているが、今回の調達資金は医療分野の課題解決を行うソリューションの開発体制をさらに強化するのが目的。 株主となった大原薬品やエッセン...more
カテゴリー:

PCパーツブランド「玄人志向」から、マイニング・ディープラーニング向け 高効率 1200W電源発売 - 07月12日(木)15:27 

[CFD販売株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/32645/28/resize/d32645-28-619923-0.jpg ] ■ 玄人志向 KRPW-MG1200W http://www.kuroutoshikou.com/product/power/atx/krpw-mg1200w/ マイニング・ディープラーニング向けの高電...
カテゴリー:

人の創造性を定量化するイノベーションテックのVISITS Technologiesが5億円を調達 - 07月09日(月)16:27 

独自のアルゴリズムによって創造性を可視化する「ideagram」やOBOG訪問サービス「VISITS OB」を提供するVISITS Technologies。同社は7月9日、CAC CAPITAL、未来創生ファンド、FFGベンチャービジネスパートナーズ、みずほキャピタル、個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額約5億円を調達したことを明らかにした。 VISITS Technologiesは2014年の設立。2017年7月にパーソルホールディングス、ベクトル、三菱UFJキャピタル、グローブアドバイザーズなどから5.7億円を調達しているほか、それ以前にも代々木ゼミナールグループ、ウィルグループインキュベートファンドなどから資金調達を実施。 これまでの累計調達額は今回も含めて約14億円になるという。 共感を軸に人のつながりを生みだすOB・OG訪問プラットフォーム VISITS Technologiesでは現在大きく2つのサービスを展開している。そのひとつが前回調達時にも紹介したVISITS OBだ。 VISITS OBは「ビジョンに共感し合える人のつながり」を生み出すことを特徴とした採用サービス。よくありがちな同種のサービスとは違い、OB・OGは会社の紹介などではなく、自分がこれまでどんなことをしてきたのか、これからどんな挑戦をしていきたいのかといった個人的なエピソードをプロ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ディープラーニング」の画像

もっと見る

「ディープラーニング」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる