「ディベロッパー」とは?

関連ニュース

マカフィー、McAfee Cloud Workload Securityの新バージョンで、急成長中のクラウド アプリケーション展開モデルであるコンテナへの対応を開始 - 05月23日(水)14:30 

[マカフィー株式会社] 数年前より開発者の間で注目を集めているコンテナは、ディベロッパーがクラウド アプリケーションに望む展開モデルとして企業の技術革新や差別化をサポートしています。McAfee CWS v5.1は、プライベートクラウド...
カテゴリー:

Apple、CallKit使用アプリが中国で取り下げ。背景には政府の存在? - 05月21日(月)16:00 

スカイプって中国だと使えないのか。以前にはVPNアプリがストアから削除されたこともあったりと、インターネットに若干の規制が敷かれている中国。今回は、「CallKit」フレームワークを利用したアプリがストアから引き下げられることになりました。9to5Macによれば、中華人民共和国工業情報化部の意向に従った結果なのだそうです。そもそもCallKitという単語が耳慣れない人も多いでしょう。これは、通話サービスを提供するアプリが、純正通話アプリのインターフェースを利用できる、というものです。報道によると、今回の削除は「VoIP」アプリに対する規制が関連していそう。たとえば「Skype」アプリが2017年11月にストアから削除されており、VoIP規制はますます強まっています。また、以前には中国で人気のSNSアプリ「WeChat」から一時実装されたCallKitが取り除かれるなど、これまでにもこの動きは存在していました。なお、Appleは中国向けにCallKitを使ったアプリをリリースしているディベロッパーに通知を送り、中国でフレームワークが利用できないことを通知。経済成長著しい中国ですが、そこに住むインターネットユーザーは肩身のせまい思いをしているかもしれません。Image: BigTunaOnline/Shutterstock.comSource: 9to5Mac, Gizmodo US(...more
カテゴリー:

繊研新聞社主催 第20回(2017年度)テナントが選んだディベロッパー大賞で、ソラリアプラザが敢闘賞を受賞しました! - 05月17日(木)10:10 

[西鉄] [画像: https://prtimes.jp/i/17692/59/resize/d17692-59-945973-0.jpg ] 「テナントが選んだディベロッパー大賞」は、繊研新聞社が1998年に企画・創設した賞で、年に一度、全国の3,000を超えるショッピングセ...
カテゴリー:

人口が減少していくのに次々とマンションが建ち続ける単純明快な理由 - 05月13日(日)21:30 

先日、NHKの番組でタワーマンションを特集のテーマとして取り上げていました。 タワーマンションが建つことにより人が集まり、街が元気になるというという内容で、全体としてはタワーマンションの魅力を紹介するという好意的な内容でした。 そんな中でも指摘されていたのが「この先人口は減少していくのにタワーマンションは建ち続ける」というものでした。   どう見ても「空気が読めていない」現象はなぜ起きる? 日本は今後人口減少が続き、2026年に人口1億2,000万人を下回った後も減少を続け、2048年には1億人を割って9,913万人となり、2060年には8,674万人になると推計されています(内閣府「将来推計人口でみる50年後の日本」より)。 建築技術の進歩により最近のマンションは100年もつといわれていますが、逆に一度建ててしまうと取り壊しが難しいものです。 タワーマンションに限らず普通のマンションも依然として建ち続けていますので、50年後には空室だらけのマンションが林立するという恐るべき光景が容易に想像できます。 このような人口が減少していく中でもマンションが次々と建てられる、どう見ても「空気が読めていない」現象の背後には、ある単純明快な理由があります。   人口が減少するのにマンションが建て続けられる理由 人口減少が進む中でもマンションが建ち続ける最大の理由は、マンション...more
カテゴリー:

アメリカで増加するシェアハウススタートアップーー住宅不足解消への一手となるか - 05月23日(水)08:00 

【編集部注】筆者のJoanna GlasnerはCrunchbaseのレポーター。 実家から巣立った若者の行動はある程度パターン化している。まずルームメートを見つけてどこかに一緒に住み、次は一人暮らしもしくはパートナーとの同居。その後、家族で住むための家を購入し、もしかしたら芝刈り機にも手を伸ばすかもしれない。 新設住宅市場の様子を見てみると、この常識が未だにしっかりと成り立っているとわかる。今年に入ってからアメリカで新たに建てられた住宅のうち、約3分の2がこぎれいな庭と大きな駐車スペースのある核家族向けのものだったのだ しかしスタートアップ界では、住宅の未来について少し違った意見を持つ人が多いようだ。というのも、現在ハウスシェアリングが徐々に盛り上がりを見せているほか、短期契約物件や人との触れ合いを重視したサービス、人気エリアにある小さな部屋などが人気を呼んでいるのだ。 ルームメートとベンチャーキャピタルを求めて 住宅に特化した不動産スタートアップに関するCrunchbase Newsの分析の結果、シェア物件や短期賃貸物件を運営し、ここ1年前後で資金調達を行った企業が多数存在することがわかった。 これはアメリカだけの現象ではない。中国やヨーロッパ、東南アジアなど、世界中でシェア・短期賃貸物件を扱い、資金調達に成功したスタートアップの数が増加している。しかし本稿ではアメリカのスター...more
カテゴリー:

XRPエコシステム構築に向けて動き出したリップル - 05月19日(土)12:00 

ついにこの時が来た。これまでの銀行・送金サービスへのフォーカスから一転し、リップルがそれ以外の分野へも自社の仮想通貨XRPを活用しようとしているのだ。 仮想通貨の代名詞とも言えるビットコイン、そして開発者から多大な支持を得ているイーサリアムに続き、XRPは世界第三位の仮想通貨だ。Coinmarketcap.comの情報によれば、その時価総額は5/14時点で287億ドルにのぼる。その一方で、これまでに発表されたいくつかのパイロットプロジェクトを除くと、XRPは実世界ではほとんど利用されていない。 しかしそれもすぐに変わるかもしれない。リップルはこの度、新たなイニシアティブ「Xpring(読みは『スプリング』)」を発表した。このイニシアティブの目的は、起業家や彼らのビジネスをXRP(仮想通貨とXRPレジャー)に誘致し、新たなエコシステムを構築すること。リップル自体は引き続き金融ビジネスにフォーカスしながら、投資や補助金、インキュベーションといった手段を使って企業を誘い込み、XRPの普及を図ろうとしているのだ。 同社は自分たちがXRPをコントロールしていないと言い張っている(同社はXRPの総発行量の60%を保有しているため、この点については熱い議論が交わされている)が、どうやら同通貨の発展には常に関心を持っているようだ。そして直近6ヶ月の様子を眺めても、XRPのユースケースの多様化が大き...more
カテゴリー:

「DMM GAMES」オープン化 Web申請でAPIやSDK提供 法人限定 - 05月14日(月)16:44 

DMM.comがゲームプラットフォーム「DMM GAMES」をオープン化。Webサイトを通じてディベロッパー登録すると、DMM GAMESのAPIやSDKなどを利用でき、審査を受けた上でゲームを公開できる。
カテゴリー:

「ディベロッパー」の画像

もっと見る

「ディベロッパー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる