「テレビ解説」とは?

関連ニュース

テレビ解説者・木村隆志の週刊テレ贔屓 第28回 『ドキュメント72時間』過剰演出を戒める市井の名言集 - 07月18日(水)11:00 

テレビ解説者の木村隆志が、先週注目した“贔屓”のテレビ番組を紹介する「週刊テレ贔屓(びいき)」。第28回は、13日に放送された『ドキュメント72時間』(NHK総合、毎週金曜22:45~)をピックアップする。
カテゴリー:

【相撲】白鵬、支度部屋で足を滑らせ負傷し、休場 宮城野親方「痛め止めを飲んだけど、痛みが止まらなかった」/名古屋場所 - 07月11日(水)16:37  mnewsplus

白鵬、支度部屋で足を滑らせ負傷 宮城野親方「痛め止めを飲んだけど…」/名古屋場所 7/11(水) 16:25配信 サンケイスポーツ http://www.sanspo.com/sports/news/20180711/sum18071116250009-n1.html 正代を寄り切りで下した白鵬=ドルフィンズアリーナ(撮影・門井聡) 大相撲名古屋場所4日目(11日、ドルフィンズアリーナ)大相撲の横綱白鵬(33)が、日本相撲協会に「右膝蓋腱損傷、右脛骨結節剥離骨折の疑いで2週間の安静を要する」との診断書を提出して休場した。初日から3連勝と好調に滑り出していた。 NHKでテ...
»続きを読む
カテゴリー:

「日本の監督になるのか」クリンスマン氏は応じず - 07月07日(土)01:16 

 日本代表の次期監督選定に当たり、日本協会側に売り込んでいる外国人100人超の1人、元ドイツ、米国代表監督ユルゲン・クリンスマン氏(53)が6日、英BBCのW杯ロシア大会テレビ解説のため、ロシアの首都モスクワ市内の特設スタジオに姿を見せ…
カテゴリー:

クリンスマン、森保、ベンゲル? サッカー日本代表新監督候補報道の裏事情 - 07月14日(土)06:20 

「おっさんジャパン」と揶揄されたチームは世代交代が必須。次期監督には、若手を育てながら結果を出すという難しいミッションが課される今月中にも決まる可能性が大だという、サッカー日本代表の新監督。候補として噂に上る国内外の指導者たちの顔ぶれとは!?* * *ポスト西野は誰になるのか。次の日本代表監督についての報道が過熱している。候補に挙げられているのはドイツとアメリカの代表監督を歴任したかつての世界的スター選手、ユルゲン・クリンスマン氏(53歳)や、五輪代表(U-21代表)監督との兼任となる森保一(もりやす・はじめ)氏(49歳)。さらにはアーセナルの監督を勇退したばかりのアーセン・ベンゲル氏(68歳)、元イタリア代表監督のロベルト・ドナドニ氏(54歳)らの名前も取り沙汰されている。なかでも最有力視されているのがクリンスマン氏だ。「テレビ解説の仕事でロシア滞在中のクリンスマンと交渉するため、日本サッカー協会の田嶋幸三会長が急遽同国入り」「元浦和監督でクリンスマン氏の親友でもあるギド・ブッフバルト氏がコーチに就任か!?」など、かなり具体的に踏み込んで報じられている。 もっとも、当のクリンスマン氏は日本メディアの取材に対し、「噂は真実でない」と否定しているのだが......。いったい、どこまでが真実なのか? サッカー専門誌編集者のA氏が裏事情を語ってくれた。「協会の側がクリンスマン氏に狙いを定...more
カテゴリー:

【サッカー】<日本サッカー協会の田嶋幸三会長>クリンスマン氏と最終交渉!既に年俸2億6000万円での就任に前向き!? - 07月07日(土)05:46  mnewsplus

日本代表の次期監督に就任が決定的な元ドイツ代表FWのユルゲン・クリンスマン氏(53)との交渉が来週にも最終局面を迎える見通しとなった。 6日、日本協会の田嶋幸三会長(60)がW杯ロシア大会準決勝、決勝視察のためロシア入りすることが判明。テレビ解説のためロシア滞在中のクリンスマン氏と接触する機会もあり、最終調整を進める。 新生クリンスマンジャパン誕生へ、いよいよ最終調整に入る。日本協会の田嶋会長が来週、W杯準決勝、決勝視察のためロシア入りする。 「恋人」のクリンスマン氏もテレビ解説のため、当地に...
»続きを読む
カテゴリー:

デビュー戦で魅せた大器の片鱗 丸山茂樹の息子・奬王はナイスカムバックにドラディス3位 - 07月06日(金)18:56 

<長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップゴルフトーナメント 2日目◇6日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,178ヤード・パー72)> やはりただ者では無かった。「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」でプロトーナメントデビュー戦を迎えた丸山茂樹の息子・奬王は、前半9ホールはノーバーディ・1ボギー・1ダブルボギーと苦しむも、後半4バーディの猛チャージ。1アンダー・42位タイとアンダーに潜って初日を終えた。 【写真】やっぱり似てる!? 丸山親子の2ショット 記念すべき1打目となる10番のティショットをいきなり左に曲げてボギーでスタート。「やはりアマの試合とは緊張感が違う。前半は思うようなスイングができなかったですね」とその後も苦しみ、16番(パー3)では「見たことない球が出た」と池ポチャでダボを叩く。さらに18番(パー5)ではスタイミーな状況からの2打目を上手くフェアウェイに戻したが、「打ったことないようなハーフシャンク。あれは焦りました」と左のピンに対して大きく右に曲げてしまう。さらにバーディパットは4mオーバーし、奥のカラーへ。 だが、ここから並のアマチュアではないことを証明する。この返しのパーパットを沈めて気持ちを落ち着かせると、折り返しての3番(パー5)で残り270ヤードの2打目をグリーンに乗せて2パットのバーディを奪取する。さらに1つ伸ば...more
カテゴリー:

「テレビ解説」の画像

もっと見る

「テレビ解説」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる