「ツキノワグマ」とは?

関連ニュース

クマ猟、自粛要請見送り 県、生息域拡大受け - 10月18日(木)06:52 

 この冬のツキノワグマの狩猟について秋田県は17日、ハンターらに猟の自粛を要請しないことを明らかにした。昨年度に続く2年連続の措置。生息域が拡大した状況を受け、狩猟を通じ人間への恐怖感をクマに植え付け…
カテゴリー:

広末涼子、鳥が好きすぎる『激レアさん』に「こんな息子だったら本当に嫌」 - 10月09日(火)11:11 

広末涼子が、10月8日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:20~)にゲスト出演。激レアさんのある行動や考えにドン引きする一幕があった。若林正恭(オードリー)が研究員、弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)が研究助手を務める同番組は、実際に“激レア”な体験をした人=激レアさんを“研究サンプル”としてその体験談を紐解いていく。今回の主役はツカモトさんという男性。鳥が好きで、ある偉業を達成した人物である。幼いころに人懐っこいスズメに出会ってから鳥を好きになったというツカモト少年。どうしても欲しい鳥がペットショップにいると、仮病で祖母から同情を誘って、買ってきてもらうこともあったのだとか。そうしているうちに、30羽の鳥で自宅がいっぱいに。休み時間ごとに自宅へ帰って鳥の様子を見に行くなどして飼育をしていた。結局、鳥と学校の両立に悩み、小学校へ行くのを諦めたとのこと。ツカモトさんが、当時は平仮名の「え」すらまともに書けない状態で、野球などのスポーツも嫌いだったと明かすと、広末は苦悶の表情を浮かべ「こんな息子だったら本当に嫌だな……」と本音を吐露。しかし「でも、最後まで聞くべきですよね」と持ち直してスタジオを笑わせた。そんなツカモト少年は、自らの失態で親友同然だった桜文鳥を亡くしてしまう。当時、動物病院の存在も知らなかった彼は、獣医になることを決意。高校卒業まで勉強しなか...more
カテゴリー:

ドングリ不作、ツキノワグマ出没に注意 滋賀県 - 10月11日(木)08:15 

滋賀県は今秋のツキノワグマの出没予測を発表した。エサとなるドングリが不作なため、冬眠前にエサを求めて「生息域付近の集落に姿を現す可能性がある」としている。行楽シ…
カテゴリー:

ネコからクマまで「身近な生き物」の標本に見て触って撮影可! 展示イベント開催 - 09月29日(土)09:00 

クマなどの「動物標本」に触れる展示 身近な生き物展 9月3日(月)~10月21日(日)/ 東京都 / リベストプレイス吉祥寺ほか柏、桜木町、三郷、錦糸町 “化けっぷり”がヤバい! 擬態する生き物が大集合する「化ケモノ展」開催中 知的好奇心を満たす博物館“Think Square”を運営するちそう株式会社は、9月より「身近な生き物展」を開催する。会場は吉祥寺、柏、桜木町、三郷、錦糸町の5か所。 展示パネルには思考のきっかけとなる問いかけがあり、展示標本に自由に触れてさまざまな角度から観察をし、さらに撮影もできるのが特徴。来場者は疑似的に研究者体験ができる。 展示テーマは“よく知ってる。だけどよく知らない”。ネコやニワトリなど、普段目にする機会の多い生き物の標本が登場。知っているようで知らない身近な生き物たちの骨格を、実際に触れて確かめることができる。 身近にも非常に興味をかき立てられる魅力を持つ生き物がいて、その生き物と生活を共にしていることがあることに改めて気付き、そこに潜む科学、生物学の魅力を感じてもらうことを目指すという。 開館時間も夕方16時から夜21時とし、会社帰りに気軽に立ち寄って楽しんでもらうことを想定している。 <開催場所・日時> ◆吉祥寺 ※終了 リベストプレイス吉祥寺(東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-6) 9月3日(月)~9月9日(日) 平日16:...more
カテゴリー:

「ツキノワグマ」の画像

もっと見る

「ツキノワグマ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる