「ダスティン・ホフマン」とは?

関連ニュース

「自粛要請」が横行するいびつな日本社会を逆照する映画『アウトブレイク』 - 05月17日(日)09:34 

1980年、WHO(世界保健機関)は天然痘の根絶を宣言した。長らく苦しめられてきた感染症に、人類はついに打ち勝ったのだ。だが、同じ頃から新たな感染症が流行する。エイズとエボラ出血熱だ。現在、エイズは抗ウイルス薬によりかなり致死性を抑えられるようになったが、エボラはいまだに死亡率が高い感染症として怖れられてる。1995年に公開された映画『アウトブレイク』は、このエボラをモデルとする感染症を描いたハリウッド大作だ。そのタイトルは「感染爆発」、あるいは「大流行」を意味する。製作のきっかけとなったのは、前年に出版されたリチャード・プレストンのノンフィクション『ホット・ゾーン』だと言われる。未知のウイルスがアメリカの地方都市で一気に広がり、それを阻止すべくダスティン・ホフマン演じる軍医が文字通り奔走する物語だ。おそらくこの映画は、今回の新型コロナウイルスによるパンデミックが起こるまでは、感染症をモチーフとした映画では(ゾンビ映画を除けば)世界でもっともヒットした作品だった。エボラ出血熱をモデルにした未知の感染症この映画で登場するモターバ熱という未知の感染症は、エボラ出血熱をモデルとしている。モターバとは、アフリカのザイール(現・コンゴ民主共和国)に流れる川だ。60年代、この付近で未知の感染症が広がった。それを抑えるために、アメリカ軍は爆弾を投下して村ごと破壊する──これが映画の冒頭だ。時は移...more
カテゴリー:

「ダスティン・ホフマン」の画像

もっと見る

「ダスティン・ホフマン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる