「タリバン」とは?

関連ニュース

タリバン、政府宣言の停戦拒否か - 08月20日(月)22:28 

【ニューデリー時事】ロイター通信は20日、アフガニスタンの反政府勢力タリバンの司令官の話として、最高指導者アクンザダ師は、19日にガニ大統領が一方的に宣言した一...
カテゴリー:

アフガン:ガニ大統領「20日から停戦」 タリバンに宣言 - 08月20日(月)01:17 

 【ニューデリー松井聡】アフガニスタンのガニ大統領は19日、武装闘争を続ける旧支配勢力タリバンに対して、20日から停戦すると一方的に宣言した。21日にイード(イスラム教の祝祭)が始まることに伴う措置。地元メディアによると、停戦期間は3カ月が想定されている。タリバンは今年7月に米国と初めて直接会談して
カテゴリー:

襲撃や自爆テロで93人死亡 アフガン、タリバン攻勢 - 08月16日(木)00:37 

【イスラマバード共同】アフガニスタンで14日夜から15日にかけ、襲撃や自爆テロが相次ぎ、少なくとも93人が死亡した...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

アフガン:タリバンが攻勢強化 政府や駐留外国部隊に - 08月13日(月)18:48 

 【ニューデリー松井聡】内戦が続くアフガニスタンで、旧支配勢力タリバンが政府や駐留外国部隊への攻勢を強めている。毎日新聞の取材に応じたタリバン関係者によると、タリバンは7月に行われた米国との直接会談で、国連の制裁リストからのタリバン指導部の除外や、カタールにある政治事務所の承認などを求めた。攻勢の強
カテゴリー:

日本にも飛び火か。「米中貿易戦争」で突きつけられる無茶な要求 - 08月07日(火)05:00 

もはや「報復関税の応酬」の様相を呈している米中貿易戦争。その好ましからざる影響は、当事国のみならず世界に飛び火しつつあります。メルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、米中それぞれの思惑や日本が直面する内外圧、さらに中東やロシアの動き等を詳細に分析し、今後の行方を予測しています。 米中貿易戦争の行方 米中貿易戦争や日銀金融政策の微調整など、世界や日本の行方に暗雲が立ち込めてきた。それを検討しよう。 7月の日銀金融政策決定会合 日銀金融政策決定会合では、日本の長期金融緩和を維持するために、銀行の収益力を上げる必要から、国債の金利、言い換えると長期金利を現在0.1%程度であるが、それを0.2%に引き上げるために国債買い入れを緩和する。国債の流動性が低下して、市場が立たないことになり、新規国債の売却に支障をきたし始めていた。この緩和であるが、これは利上げである。このコラムでは銀行の倒産で金融恐慌を避けるために利上げが必要と提案したが、それを実行したようだ。 もう1つが、日経225のETF買いを1割にして、TOPIXのETF買いを9割にして、買入金額も柔軟化するという。当面の高い株価水準での買入額を減少させると見える。日経平均株価での寄与度が高い企業株の占有率が上がるなど株価の歪が大きくなり、もし、日銀買入がないと仮定した場合の現時点の日経平均株価は、2万円弱から1万8,0...more
カテゴリー:

ガニ大統領、タリバンに停戦宣言 - 08月20日(月)01:19 

【ニューデリー松井聡】アフガニスタンのガニ大統領は19日、武装闘争を続ける旧支配勢力タリバンに対して、20日から停戦すると一方的に宣言した。21日にイード(イス...
カテゴリー:

タリバン「インドネシア訪問」 イスラム社会にアピール - 08月18日(土)11:18 

【イスラマバード共同】アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンは17日、政治部門の代表者が12~15日にインドネシア...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

アフガン東部で「タリバン」攻勢強める、市民含む120人死亡 - 08月14日(火)05:16 

 アフガニスタン東部のガズニでは、反政府武装勢力「タリバン」が市内への攻撃を続けていて、これまでに治安部隊や市民ら120人が死亡しました。
カテゴリー:

なぜトランプはイランが飲むはずない無茶な要求を突きつけるのか - 08月13日(月)04:30 

8月7日、イラン制裁の一部を開始したアメリカ。今後第二弾も予定され、日本を含む各国に影響が出ることは必至ですが、トランプ大統領は何を目論んでいるのでしょうか。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんはメルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』誌上で、厳しいイラン制裁は大統領自身が米国の11月中間選挙で勝利する為のパフォーマンスであるかもしれないが、米とイラン擁護派との関係悪化は今後深刻化していくだろうと分析しています。 トランプ、イラン制裁を復活 先日、「トランプさんが原因で、【二つの世界的危機】が起こる可能性が高まってきている https://diamond.jp/articles/-/176016 」という記事を書きました。二つの世界的危機とは、 米中貿易戦争が世界的経済危機に転化すること アメリカとイランの対立が、戦争に転化すること です。この2ですが、大きなできごとが起こりました。アメリカが8月7日、イラン制裁の一部を復活させたのです。この制裁は、自動車、鉄鋼製品、貴金属などの分野で、イランとの取引を禁じます。 問題は、「アメリカ企業に禁止するだけではない」ということ。外国企業(たとえば日本企業)が、イランと上の分野で取引すると、その日本企業まで制裁対象になる。 少し、過去を思い出してみましょう。オバマ2期目(13~16年)、アメリカは、シェール革命で世界一の石油・ガス大国に浮上しま...more
カテゴリー:

タリバン指導部半数和平前向きか アフガニスタン - 08月04日(土)16:48 

アフガニスタン南部カンダハル州のラザック警察長官は4日までに、反政府武装勢力タリバンの指導部の半数は同国政府との和...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

もっと見る

「タリバン」の画像

もっと見る

「タリバン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる