「タブー視」とは?

関連ニュース

語っていいとも! 第61回ゲスト・乙武洋匡「生きている時代で嫌われ続けても、何ができるのかって...」 - 07月15日(日)12:00 

昨年から1年近く海外を旅し、自分のこれからを見つめ直して帰国した乙武洋匡さんあの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ"友達の輪"を!とスタートした『語っていいとも!』。第61回のゲストで元カリスマホストの手塚マキさんからご紹介いただいたのは文筆家・タレントの乙武洋匡さん。早稲田大学在学中に出版した『五体不満足』が大ベストセラーとなり、一躍、時代の寵児に。障がい者の殻を破って、メディアでも報道キャスターなど多方面で活躍し、2005年には新宿区の「子どもの生き方パートナー」に就任。教育問題に関心を持つと、その後、教員免許を取得、杉並区の小学校に勤務したことでも話題となった。最近では政界進出も視野に入れ、注目されたところで自身の不倫騒動によって大バッシングを受けると断念。離婚を経て、昨年から海外を回るなど今後の自身を模索し、帰国後に活動を再開。この日はFMでの番組出演後にスタジオでお話を伺ったーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)―勝手に友達の輪を繋がせていただいて、3年2ヵ月で61人目になるんですけれども、実は今回が最終回なんです。乙武 え、これで終わっちゃうの!? あら...。昨日の夜、誰を次に紹介しようか、めっちゃ考えてたのに!(笑)―本当に申し訳ないです。私が週プレNEWSを離れるもので...。乙武 そうなんですね。いやいや、逆に僕なんかが最終回ですいません。まぁ...more
カテゴリー:

性について子どもに教えるとき、一番大切なこと|性活相談 - 07月11日(水)15:47 

【AV男優・森林原人の性活相談 第130回】 経験人数9,000人、出演本数10,000本以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験するAV男優・森林原人が、女性の性に関するお悩みに答えます。 ◆性教育、子どもにどう教えればいい? 相談者:匿名  毎週、楽しみで拝見させていただいてます。  高校1年生の息子と中学2年生の娘がいるのですが、学校での性教育が大切なことであると、子どもたちにあまり響いていないように感じます。  今の時代の親は、子どもにどんな感じで教えていけばよいのでしょうか? アドバイスいただけたらと。 ◆森林の回答  今は、性の情報がかつてないほど溢れているのに、性を大っぴらに語ることがタブー視されている時代です。こっそりと隠しておいた方がいい性の話もあれば、全員参加で後ろめたい思いをせず話し合うべき性の話もあります。それなのに性の話全般をタブー視する空気が蔓延しているから、公的な性教育の場では上辺の話しかできません。  でも、子供たちは感じ取るんですよね。何か隠しているな、真実を全部を教えられていないな、キレイごとだけ言ってるな、と。  大切なのは、まず大人が性としっかり向き合うことです。  性教育をタブーなく行えば、親がセックスしたから自分が生まれたとか、先生もセックスするんだという紛れもない真実にたどり着き...more
カテゴリー:

【政府】「移民政策は取らない」の建前を維持 就労拡大「骨太方針」閣議決定 政策支持の保守層に配慮★4 - 06月20日(水)10:46  newsplus

たまたまスレ 政府は15日、骨太方針に新たな在留資格の創設を盛り込み、これまでタブー視されてきた外国人労働者の受け入れ拡大にかじを切った。人手不足の深刻化を受け、ようやく政策を転換させた形だ。安倍政権を支持する保守層に配慮し、「移民政策は取らない」との建前を維持しているものの、実態としては、多数の外国人が長期間、国内に滞在することが可能になるため、教育や福祉面などの受け入れ環境整備が求められる。  菅義偉官房長官は記者会見で「即戦力となる外国人材を幅広く受け入れる仕組みを構築する必要がある」と...
»続きを読む
カテゴリー:

【政府】「移民政策は取らない」の建前を維持 就労拡大「骨太方針」閣議決定 政策支持の保守層に配慮★2 - 06月18日(月)20:40  newsplus

※夜の政治スレです 政府は15日、骨太方針に新たな在留資格の創設を盛り込み、これまでタブー視されてきた外国人労働者の受け入れ拡大にかじを切った。人手不足の深刻化を受け、ようやく政策を転換させた形だ。安倍政権を支持する保守層に配慮し、「移民政策は取らない」との建前を維持しているものの、実態としては、多数の外国人が長期間、国内に滞在することが可能になるため、教育や福祉面などの受け入れ環境整備が求められる。  菅義偉官房長官は記者会見で「即戦力となる外国人材を幅広く受け入れる仕組みを構築する必要がある...
»続きを読む
カテゴリー:

性依存症告白漫画作者×精神科医・和田秀樹対談【前編】――映画『私は絶対許さない』に込められた意図とは - 07月13日(金)12:00 

『セックス依存症になりました。』作者対談シリーズ第三回目は、精神科医・和田秀樹氏。和田氏自身が監督を務めた映画『私は絶対許さない』をもとに、日本社会と依存症について語りつくす現在『週プレNEWS』で連載中の漫画『セックス依存症になりました。』。本作がデビュー作となる漫画家・津島隆太氏が自身の実体験をベースに、性依存症の実態、そして克服への道のりを描く異色作が反響を呼んでいる。本連載と並行して、週プレNEWSでは、さまざまな依存症や性問題の専門家×津島先生による対談企画を実施。第3弾となる今回は、映画監督としても話題作を世に送り出している精神科医・和田秀樹氏との対談が実現。性被害者の壮絶な実話を基にした映画『私は絶対許さない』でメガホンを取った和田氏との対話で見えてくる、性問題と現代社会との関係性とは。* * *津島 和田先生の映画『私は絶対許さない』(雪村葉子氏による同名著書の映像化作品。雪村氏自身のレイプ被害体験を軸に、性被害者の"その後"を主観映像を多用して描く。2018年、第5回ノイダ国際映画祭・審査員特別賞受賞 ニース国際映画祭脚本賞受賞)拝見しました。この衝撃的な作品を映画化されたきっかけについて教えてください。和田 性被害をテーマに扱った作品って、性被害者の描かれ方が画一的なんです。例えばレイプに遭った影響で男性不信に陥ったり、PTSDによるフラッシュバックに苦しめられ...more
カテゴリー:

【悲報】犬肉を食すのが違法に - 06月21日(木)18:39  news

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000038-jij_afp-int 韓国の動物愛護団体は20日、同国の裁判所が犬の食肉処理を違法とする判断を示したことについて、犬食の違法化に道を開く画期的な判決だとの見解を示した。  犬肉は長く韓国の食文化の一部とされており、毎年100万匹ほどが食べられていたとみられる。  しかし韓国人の間で犬は人間の最良の友だという考えが広まるにつれ、犬肉の消費量は減少。 また、犬食は若い世代の間で一種タブー視されており、活動家からの非難の声も高まっている。  法的に犬食は...
»続きを読む
カテゴリー:

【政府】「移民政策は取らない」の建前を維持 就労拡大「骨太方針」閣議決定 政策支持の保守層に配慮★3 - 06月19日(火)06:52  newsplus

※夜の政治スレです 政府は15日、骨太方針に新たな在留資格の創設を盛り込み、これまでタブー視されてきた外国人労働者の受け入れ拡大にかじを切った。人手不足の深刻化を受け、ようやく政策を転換させた形だ。安倍政権を支持する保守層に配慮し、「移民政策は取らない」との建前を維持しているものの、実態としては、多数の外国人が長期間、国内に滞在することが可能になるため、教育や福祉面などの受け入れ環境整備が求められる。  菅義偉官房長官は記者会見で「即戦力となる外国人材を幅広く受け入れる仕組みを構築する必要がある...
»続きを読む
カテゴリー:

【政府】「移民政策は取らない」の建前を維持 就労拡大「骨太方針」閣議決定 政策支持の保守層に配慮 - 06月18日(月)19:17  newsplus

※夜の政治スレです 政府は15日、骨太方針に新たな在留資格の創設を盛り込み、これまでタブー視されてきた外国人労働者の受け入れ拡大にかじを切った。人手不足の深刻化を受け、ようやく政策を転換させた形だ。安倍政権を支持する保守層に配慮し、「移民政策は取らない」との建前を維持しているものの、実態としては、多数の外国人が長期間、国内に滞在することが可能になるため、教育や福祉面などの受け入れ環境整備が求められる。  菅義偉官房長官は記者会見で「即戦力となる外国人材を幅広く受け入れる仕組みを構築する必要がある...
»続きを読む
カテゴリー:

「タブー視」の画像

もっと見る

「タブー視」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる