「ソリューション」とは?

関連ニュース

東京の2018 TechCrunch Battlefieldは蠅で食糧危機を解決するMuscaが優勝 - 11月16日(金)20:31 

TechCrunchは今、日本の首都にいる。私たちは、スタートアップのコンペBattlefieldで東京の優秀な起業家たちが競うピッチに耳を傾けた。そして決勝に残った20社がジャッジたちの前で最後のプレゼンテーションを行い、TechCrunch Tokyo 2018の勝者が決まった。 優勝はMuscaだ! このスタートアップはありふれた生物であるイエバエを、世界の食糧危機のソリューションとして利用する。彼らの技術は、従来の方法よりもずっと迅速に高品質な有機肥料と家畜の飼料を作り、飢餓を根絶できる。同社の秘密兵器はある特定種の蠅で、同社によるとそれはより強靭で実効性も良い。その蠅の幼虫が動物の排泄物の分解と乾燥を促進し、それを高規格な肥料として利用するとともに、幼虫は鳥や魚の飼料になる。その過程はちょうど1週間だが、ほかの方法なら2〜3か月はかかる。 Muscaは最初のプレゼンテーションでわれわれの専門家ジャッジたちに強い印象を与え、して二度目のプレゼンテーションで、Job RainbowやKuraseru、Aeronext、Pol、そしてEco-Porkらとともに決勝のステージに立った。 Muscaは、100万円の優勝賞金と、日本の最高の若きスタートアップであることを自慢できる権利を獲得した。 [原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)
カテゴリー:

千葉大発ドローンスタートアップのACSLがマザーズ上場へ - 11月16日(金)18:33 

千葉大学発のドローンスタートアップである自律制御システム研究所(ACSL)は11月16日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を申請し承認された。上場予定日は12月21日。 同社については1月に未来創生ファンド、iGlobe Partners、みずほキャピタル、Drone Fund、UTECらから21.2億円の資金調達を実施した際に紹介したけれど、2013年11月に当時千葉大学の教授だった野波健蔵氏により設立された大学発スタートアップだ。 かねてから研究室で取り組んでいた独自の制御技術とドローン機体開発・生産技術をベースに、大手企業向けの産業用ドローンを開発。2016年にインフラ点検、測量、物流などさまざまな用途で使える汎用性の高いドローン「ACSL-PF1」、2017年には非GPS環境にも対応した「PF1-Vision」などをリリースしている。 ビジネスの特徴としては、機体の販売だけではなくクラウドや点検AI、レポートUIなどと合わせ「業務組み込み型ドローンシステム」として一気通貫で提供していること。顧客との関わり方も、ドローン導入の打診に基づき概念検証(PoC)のフェーズからサポートし(ステップ1)、用途に応じたシステム全体の仕様策定や特注システム開発を実施(ステップ2)。量産機体の販売までを手がける(ステップ3、4)。 ソリューションを構築するシステムインテグレーターと量産...more
カテゴリー:

日本発売間近!中国でもコピー不可能なSpireのヘルスタグとは——#tctokyo 2018レポート - 11月16日(金)17:30 

左からEngadget中文版編集長のRichard Lai氏、Spire CEOのJonathan Palley氏 TechCrunch Japanは2018年11月15日から2日間、スタートアップイベント「TechCrunch Tokyo 2018」を都内で開催した。本稿ではDay2のFireside Chat「充電不要、洗濯可能——-Appleも認めるスゴいヘルスタグ」で語られた内容を紹介する。モデレーターはEngadget中文版編集長のRichard Lai氏が務めた。 本誌でも既報のとおり、各国のAppleストアを通じて「Spire Health Tag」の販売を開始している。日本でも数週間後となる12月からの発売を予定していることから、Spire CEOのJonathan Palley氏が当日15日に来日し、TechCrunch Tokyo 2018に登壇した。Palley氏は既存のウェアラブルデバイスを「1.0」と定義しつつ、「ヘルスモニタリングやウェアラブル1.0は期待どおりに提供されなかった」と語る。読者諸氏もご承知のとおり、人の活動をモニタリングするデバイスは数多く登場した。だが、充電や取り外し、見た目といった課題が山積すると同時に、センサーの低精度に伴う取得データの限定性や洞察の難易度といった課題がある。筆者も多くの腕時計型ウェアラブルデ...more
カテゴリー:

CTC、研修とコンサルでビジネス部門のAI活用を支援 - 11月16日(金)16:17 

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2018年11月16日、企業のビジネス部門のAI活用を支援するサービスを始めると発表した。AIの基礎知識を学ぶ「AI Business Academy」と、AI活用の方針策定を支援する「AI 活用ナビゲーション」を提供する。
カテゴリー:

慢性リンパ性白血病の治療薬として、ベネトクラクス併用療法を評価する第III相試験CLL14の良好な結果を発表 - 11月16日(金)14:00 

2018年11月16日 アッヴィ合同会社 アッヴィ、慢性リンパ性白血病の治療薬として一定投与期間のファーストライン治療となる、ベネトクラクス併用療法を評価する第III相試験CLL14の良好な結果を発表 ●無作為化第III相試験において、ベネトクラクスとオビヌツズマブ併用投与群は、標準治療群のオビヌツズマブとクロラムブシル併用療法と比較して無増悪生存期間を延長●本試験の結果は今後、医学学会で発表予定イリノイ州ノースシカゴ、2018年10月31日(米国時間)-グローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業であるアッヴィ(NYSE: ABBV)は、併存疾患があり、治療歴のない慢性リンパ性白血病(CLL)の治療薬として、ベネトクラクスとオビヌツズマブ併用療法と標準治療のオビヌツズマブとクロラムブシル併用療法を比較する第III相無作為化試験CLL14の良好な結果を発表しました。本試験では12カ月の一定投与期間で、主要評価項目である、治験担当医師の評価による無増悪生存期間(病勢進行および死亡のみられない投与期間1)を達成しました。予備解析では、ベネトクラクスとオビヌツズマブ併用投与時の安全性プロファイルは、各薬剤を単剤療法とする投与時の安全性プロファイルと一致することが示唆されています。CLL14試験の結果は今後、医学学会で発表する予定です。アッヴィの研究開発担当エグゼクティブ・バイスプレジデント兼...more
カテゴリー:

【経済】2018年の半導体メーカーランキング予測 - 日本企業はトップ15中に2社 - 11月16日(金)19:55  newsplus

今年も余すところ1月半あまりとなったが、米IC Insightsは、はやばやと2018年における半導体メーカーの売上高ランキング・トップ15予測(ファウンドリを含む)を公開した。 トップ15社のうち米国に本社を置いている企業は7社、欧州が3社、そして日本は2社(東芝、ソニーセミコンダクタソリューションズ)、韓国2社、台湾1社となっている。また、各社を事業形態別に分類すると、IDMが11社、ファブレスが3社 ファウンドリが1社という構成となっており、半導体業界において売上高が高いメーカーには従来から引き続きIDMが多いことがわかる。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

CTC、AIを活用するビジネスの創出支援プログラム - 11月16日(金)17:37 

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は11月16日、AIを活用した新規ビジネス創出や業務改善の円滑なスタートを支援するAI活用支援プログラムを開始すると発表した。
カテゴリー:

Azure IoT Edge活用したVision AI Developer Kitの実証 - 11月16日(金)16:59 

協和エクシオは11月、クラウド総合エンジニアリング分野の強化を目的に、新たにMicrosoft Azure IoT Edgeを活用した「Vision AI Developer Kit」と自社の IoT・センサソリューションを組み合わせた実証実験を開始すると発表した。
カテゴリー:

パナソニックが「帳票OCR for RPA」を提供開始 - 11月16日(金)14:30 

パナソニック ソリューションテクノロジーは11月16日、「帳票OCR」の製品ラインアップとして、「帳票OCR for RPA」の提供を開始した。
カテゴリー:

東京支社にショールームを開設 - 11月16日(金)14:00 

2018年11月16日 株式会社立花エレテック 東京支社にショールームを開設 株式会社立花エレテック (東証一部上場、本社・大阪市西区、渡邊武雄社長、以下「当社」) は12月3日、東京支社(東京都港区)1階にショールームを開設します。ロボットの動きを見せるデモやIoT(モノのインターネット)技術への取り組みなどを展示予定です。当社は、創業100周年を迎える2021年に向けて中長期経営計画「C.C.J2200」を推進しており、「地域のサービスレベルの均一化」に取り組んでいます。東京支社でのショールーム開設はその一環で、関東でのビジネス拡大を図ります。常設ショールームは、2016年春に開設した本社1階に続くものです。【東京支社ショールーム概要】場   所:東京支社…写真① 東京都港区芝浦4-18-3(JR田町駅徒歩10分)面   積:120平方メートル開 設 日:12月3日【展示物の内容】○ ロボット・AI(人工知能)・AR(拡張現実)などの技術を組み合わせた「近未来 ミ ニチュア工場」デモ…写真②○ AR技術を利用した設備保守ソリューション○ FA領域とIT領域のシステム間連携によるスマート工場○ スマートグラスを活用したAR作業支援○ ハンドジェスチャーによるロボット操作体験型デモ…写真③○ LED照明、省エネ関連                           ――――など①...more
カテゴリー:

もっと見る

「ソリューション」の画像

もっと見る

「ソリューション」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる