「スルガ銀行」とは?

関連ニュース

業界は「自ら省みる機会に」 全銀協会長、不正行為相次ぎ - 07月20日(金)05:59 

 全国銀行協会の藤原弘治会長(みずほ銀行頭取)は19日の記者会見で、不適切な融資を繰り返し金融庁から業務改善命令を受けた東日本銀行について「顧客本位の業務運営の徹底は銀行の大原則であり、非常に残念だ」と述べた。昨年来、商工中金やスルガ銀行などで融資をめぐる不正行為が相次いでいることには「過去を総括し、業界として自らを省みる機会にしなければならない」との見解を示した。
カテゴリー:

単身生活はコスパが最悪すぎる 嫌儲民5〜6人でのシェアハウス暮らしが最善だと話題に - 07月17日(火)10:10  poverty

シェアハウスは儲からない。スルガ銀行融資の事業破綻、悪いのは業者か銀行か https://www.businessinsider.jp/post-170688 ...
»続きを読む
カテゴリー:

スルガ銀、経費肩代わり要求 行員出張、販売会社証言 - 07月13日(金)06:01 

 スルガ銀行の行員が投資用アパートの販売協力会社に対し、出張経費の肩代わりを要求していたことが12日、分かった。販売協力会社が共同通信の取材に証言し、無料通信アプリLINE(ライン)での生々しいやりとりも明らかにした。
カテゴリー:

スルガ銀融資で20日にも提訴 所有者、アパート会社を - 07月11日(水)19:23 

スルガ銀行が融資していた投資用アパート運営会社「ガヤルド」が営業を事実上停止した問題で、物件所有者側の弁護士は11...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

スルガ銀行の融資先が営業停止、集団提訴へ - 07月10日(火)14:34 

スルガ銀行が物件購入費を会社員らに融資していた投資用アパート運営の不動産会社ガヤルドが営業活動を事実上停止し、経営が頓挫していることが分かった。ガヤルドの物件所…
カテゴリー:

相次ぐ不正に藤原弘治全銀協会長 「自らを省みる機会に」 - 07月19日(木)22:00 

 全国銀行協会の藤原弘治会長(みずほ銀行頭取)は19日の記者会見で、不適切な融資を繰り返し金融庁から業務改善命令を受けた東日本銀行について「顧客本位の業務運営の徹底は銀行の大原則であり、非常に残念だ」と述べた。昨年来、商工中金やスルガ銀行などで融資をめぐる不正行為が相次いでいることには「過去を総括し、業界として自らを省みる機会にしなければならない」との見解を示した。
カテゴリー:

ルール違反じゃなければOK! じゃあ、ビジネスで「パス回し」は「あり」ですね?(大関暁夫) - 07月14日(土)10:00 

前回に引き続き、ワールドカップ(W杯)関連の話題です。日本代表チームの活躍が、予想外に素晴らしかったこともあってか、いまだに行く先々でサッカー日本代表ネタが絶えません。先週お目にかかったA社長が切り出したW杯ネタは、日本代表の1次リーグ最終戦対ポーランド戦での「パス回し」の是非についてでした。 西野采配にブーイングの嵐 みなさん、すでにご承知のことと思いますが、この試合で日本代表チームは0-1で負けていたにも関わらず、後半残り10分、同時刻にゲーム進行していたコロンビア対セネガル戦で、セネガルが0-1で負けているとの報が入るや、日本は試合に負けてもこれ以上の失点がなければフェアプレーのポイント差でグループ2位が確定し、決勝トーナメント進出が確定するという状況に。そこで西野監督が選手にタイムアウトまで「パス回し」での時間稼ぎを指示。そのことに対する是非問題が、メディアでも喧々諤々議論になっていました。 当然、観客からはブーイグの嵐でしたが、試合の残り時間に勝利を目指さず、時間稼ぎでの決勝トーナメント進出という、スポーツマンシップからみてフェアじゃない印象がありながらもルール違反ではない、という点が賛否を呼んだポイントであったと思われます。 A社長曰く、 「元サッカー選手の評論家たちは、盛んに『あれも戦略のひとつであり、ほめられたものではないかもしれないが、責めに値するようなものでもな...more
カテゴリー:

【東京】アパート購入契約を一方的解除 東京千代田区の不動産会社「ガヤルド」を提訴へ アパートのオーナーたちはスルガ銀行から融資 - 07月12日(木)05:22  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180711/k10011528631000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_059 アパート購入契約を一方的解除 東京の不動産会社を提訴へ 2018年7月11日 17時52分 東京の不動産会社とアパートの購入契約を結んだオーナーたちが、建物が未完成のまま一方的に契約を解除されたとして、賠償を求める訴えを起こすことがわかりました。オーナーたちはシェアハウスのオーナーへの融資で問題になった静岡県のスルガ銀行から融資を受けていて、今後、スルガ銀行の責任も追及していきたいとしています。 東京...
»続きを読む
カテゴリー:

シェアハウス訴訟延期に=スマートデイズ破綻で賠償請求-東京地裁 - 07月11日(水)11:47 

 女性専用シェアハウスを運営し、経営破綻した不動産会社「スマートデイズ」の旧経営陣らに対し、投資家13人が計2億円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論について、東京地裁(原克也裁判長)は11日、9月に延期することを決めた。同日午前に開く予定だったが、一部の元役員に訴状が届いていなかったという。 訴状などによると、13人はスルガ銀行(静岡県沼津市)から融資を受けて土地と建物を購入したが、資産価値は購入額の3~5割程度にとどまっていた。物件はスマート社が一括借り上げし、「かぼちゃの馬車」の名称でシェアハウスを運営していたものの、一回も賃料の支払いを受けていない投資家もおり、「明らかな詐欺的スキームだった」と訴えている。 【時事通信社】
カテゴリー:

スルガ銀行:融資先営業を停止 ガヤルド、集団提訴へ - 07月09日(月)20:16 

 スルガ銀行が物件購入費を融資していた投資用アパート運営の不動産会社ガヤルド(東京)が営業活動を事実上停止していることが9日、分かった。ガヤルドの物件所有者の一部は近く同社を相手取り、損害賠償を求めて東京地裁に提訴する方針だ。
カテゴリー:

もっと見る

「スルガ銀行」の画像

もっと見る

「スルガ銀行」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる