「ストーリー展開」とは?

関連ニュース

【ライトノベル】ラノベ作家九頭七尾さん、「低評価」口コミに猛反論 「単なる読解力不足」と苦言[07/17] - 07月21日(土)23:13  mnewsplus

「どう考えても中身と異なることを書いている」――。ライトノベル作家の九頭七尾(くず・しちお)さんが、 自著に批判的な読者の口コミに、ウェブ小説の「あとがき」部分で反論する騒ぎがあった。 九頭さんが憤りを露わにしたのは、通販サイト「Amazon」に投稿されたレビューだ。 2018年7月14日に発売された新作小説に最低評価の「星1つ」を付け、「最低の駄作でした」などと酷評していた。 ■「バトル描写など一切ありません」 九頭さんはノベル投稿サイト「小説家になろう」を中心に活動。 同サイトで発表した小説が、これまで5...
»続きを読む
カテゴリー:

【ドラマ】『ハゲタカ』『半沢直樹』の猿真似…もはやNHK版を冒涜、綾野剛が最低のミスキャスト - 07月21日(土)12:10  mnewsplus

今クールの連続テレビドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系)の第1話が19日、放送された。  銀行の不良債権問題で日本が金融危機に陥っていた1997年、三葉銀行の資産流動化開発室室長の柴野健夫(渡部篤郎)は、同行が抱える不良債権の処理に奔走。鷲津政彦(綾野剛)が代表を務める外資系ファンド、ホライズンジャパン・パートナーズへのバルクセールによって銀行の帳簿上から不良債権を“消す”ため、ホライズンとの交渉に当たっていた。 (※中略) 主役の綾野剛が懸念材料?  第1話を見た感想としては、見始めると一気に見入って...
»続きを読む
カテゴリー:

【無職の英雄】作者・九頭七尾さん、「低評価」口コミに猛反論 「単なる読解力不足」「ちゃんと読んではないんだろうなぁ」と苦言 - 07月18日(水)19:11  mnewsplus

ラノベ作家、「低評価」口コミに猛反論 「単なる読解力不足」と苦言 7/18(水) 17:07配信 J-CASTニュース https://www.j-cast.com/2018/07/18334092.html https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000006-jct-ent 「無職の英雄~別にスキルなんか要らなかったんだが~」(アース・スターノベル) 「どう考えても中身と異なることを書いている」――。ライトノベル作家の九頭七尾(くず・しちお)さんが、自著に批判的な読者の口コミに、ウェブ小説の「あとがき」部分で反論する騒ぎがあった。 九頭さんが憤りを露わにし...
»続きを読む
カテゴリー:

「チア☆ダン」第1話に大反響!早くも涙する視聴者が続出 - 07月14日(土)16:30 

7月13日夜10時からドラマ「チア☆ダン」(TBS系)の第1話が放送され、青春ど真ん中のストーリー展開に、SNSを中心に大きな反響を呼んだ。 【写真を見る】部員勧誘のために全校生徒の前でチアダンスを披露するわかば(土屋太鳳)たち/(C)TBS 土屋太鳳演じるわかばら女子高校生が、数々の壁にぶち当たりながらもチアダンスに打ち込む姿を描く同作。 第1話では、“応援専門”のチアリーダー部員・わかばが、東京の学校から転校してきた汐里(石井杏奈)に“チアダンス”に誘われるという展開だった。 SNSでは「1話でもう泣いてしまった」「1話のくせしてめちゃめちゃ泣けた」「チアダンみたいなキラキラドラマに弱い...めっちゃ泣く 涙もろい笑」など早くも涙する視聴者が続出。 中でもわかばと、東京へと旅立つ姉・あおい(新木優子)の会話に注目が集まった。 「できっこないを、やってみるでのう」とチアダンスに挑戦し、大きな目標を掲げた妹・わかばに、姉・あおいは「泣きたかったり、悔しかったりの先に夢がある。やりたいことやった方が、結局は楽しいやろ」とアドバイスを送り、去っていった。 「良かったなぁ!楽しめたし、感動した!」「チアダン見て 勇気が湧いてきました」「チアダン見て号泣してるんですけど明日もテストです」など同世代と思われる視聴者の書き込みも多数寄せられた。 注目の第2話は、7月20日(金)夜10時より放送...more
カテゴリー:

Eテレアニメも好調『おしりたんてい』実は王道、子供の心を掴むヒットの法則 - 07月14日(土)08:40 

 2012年の発刊以来、人気を博している児童書『おしりたんてい』。今年5月にはNHK Eテレでアニメ化され、7月14日より7週連続で新作が放送される。主人公である“おしり型の顔を持つ紳士的な探偵”は、ビジュアルから絶大なインパクト。必殺技が“おなら”だったり、ライバルの頭が“うんこ”の形をしていたりと、子どもが喜ぶ鉄板ネタと王道ストーリー隠されたヒットの法則とは? 原作もアニメも好調な同作、アニメ版を手がけた東映アニメーションの鷲尾 天氏、浅間陽介氏に人気の秘密を聞いた。 【写真】「フーム、においますね」が口グセ、“おしり型”の顔を持つジェントルマンな探偵 ■おしりたんていの“ほっぺ”を揺らしたい! 制作&声優も実績誇る豪華な布陣  今回、アニメ制作に携わった東映アニメーションの鷲尾天氏は、初代『プリキュア』シリーズをはじめ、『キン肉マンII世』や『金田一少年の事件簿』といった数々の人気作を手掛けてきた。そんな鷲尾氏が『おしりたんてい』に出会ったのは2015年の秋頃。「初めて書店で絵本を見かけたとき、まずビジュアルのインパクトの大きさに目をひかれました。読んでみると、クイズ形式で進みながら謎解きをする推理物で、きちんとストーリーがある。これをアニメにできたらと思ったのが最初でした。『アニメの世界でおしりたんていの“ほっぺ”を揺らしてみたい!』と」。  その後、2016年の秋...more
カテゴリー:

【ドラマ】『ハゲタカ』、『半沢直樹』の猿真似…もはやNHK版を冒涜、綾野剛が最低のミスキャスト★2 - 07月21日(土)20:25  mnewsplus

『ハゲタカ』の第1話が19日、放送された。  銀行の不良債権問題で日本が金融危機に陥っていた1997年、三葉銀行の資産流動化開発室室長の柴野健夫(渡部篤郎)は、同行が抱える不良債権の処理に奔走。鷲津政彦(綾野剛)が代表を務める外資系ファンド、ホライズンジャパン・パートナーズへのバルクセールによって銀行の帳簿上から不良債権を“消す”ため、ホライズンとの交渉に当たっていた。 (※中略)  第1話を見た感想としては、見始めると一気に見入ってしまうほどスリリングで、今クールの各局連ドラのなかでは群を抜いた面白...
»続きを読む
カテゴリー:

ラノベ作家さん、「低評価」口コミに猛反論 「単なる読解力不足」と苦言 - 07月19日(木)23:08  news

「どう考えても中身と異なることを書いている」――。ライトノベル作家の九頭七尾(くず・しちお)さんが、自著に批判的な読者の口コミに、ウェブ小説の「あとがき」部分で反論する騒ぎがあった。  九頭さんが憤りを露わにしたのは、通販サイト「Amazon」に投稿されたレビューだ。2018年7月14日に発売された新作小説に最低評価の「星1つ」を付け、「最低の駄作でした」などと酷評していた。 ■「バトル描写など一切ありません」  九頭さんはノベル投稿サイト「小説家になろう」を中心に活動。同サイトで発表した小説が、これま...
»続きを読む
カテゴリー:

【ライトノベル】ラノベ作家九頭七尾さん、「低評価」口コミに猛反論 「単なる読解力不足」と苦言[07/17] - 07月18日(水)17:52  moeplus

「どう考えても中身と異なることを書いている」――。ライトノベル作家の九頭七尾(くず・しちお)さんが、 自著に批判的な読者の口コミに、ウェブ小説の「あとがき」部分で反論する騒ぎがあった。 九頭さんが憤りを露わにしたのは、通販サイト「Amazon」に投稿されたレビューだ。 2018年7月14日に発売された新作小説に最低評価の「星1つ」を付け、「最低の駄作でした」などと酷評していた。 ■「バトル描写など一切ありません」 九頭さんはノベル投稿サイト「小説家になろう」を中心に活動。 同サイトで発表した小説が、これまで5...
»続きを読む
カテゴリー:

35年の夢と魔法が詰まったセレブレイトなTDL新キャッスルショーが感涙もの! - 07月14日(土)12:00 

7月10日から東京ディズニーランドで開幕し、いち早く鑑賞したゲストから絶賛の声が上がっている新たな夜のショー「Celebrate! Tokyo Disneyland」。シンデレラ城をスクリーンにしたプロジェクションマッピングをはじめ、噴水や光の演出などこれまでにない壮大なスケール感と共に、パークの35年を詰め込んだようなストーリー展開がゲストのハートをキャッチ。さまざまな感情を揺さぶられること必至なショーの様子を、レポートします! 【写真を見る】シンデレラ城にグーフィーとオーケストラのシルエットが映し出される/撮影=奥西淳二 (C)Disney ■ オープニングでミッキーがライブ出演! グーフィーとオーケストラがシンデレラ城に映り、ショーが静かに幕を開ける。チューニングの音が響き始めると、グーフィーの紹介で、指揮者となったミッキーがシンデレラ城のバルコニーに登場。 「夢と魔法の王国のお祝いが始まるよ!」というミッキーのかけ声からオーケストラの演奏が始まると、東京ディズニーランドのさまざまなアトラクションにまつわるシーンが次々とシンデレラ城に映し出されていく。「アリスのティーパーティー」や「空飛ぶダンボ」など、自分が体験した時の記憶を呼び覚まされ、この時点ですでにグッとくる人も多いのでは。 ■ ミッキーと一緒に夢と冒険の旅へ 魔法の楽譜に乗り、導かれるように夢と冒険の旅へ出かけた...more
カテゴリー:

石原さとみ主演ドラマ『高嶺の花』第1話が酷評された理由って? - 07月13日(金)21:00 

今月12日、「スポーツ報知」のwebサイトで、11日夜に、日本テレビ系で放送された連続ドラマ『高嶺の花』の第1話の平均視聴率が11.1%(ビデオリサーチ社調べ)だったことが分かり、好スタートであったと報じられた。 ドラマ『高嶺の花』は、人気脚本家の野島伸司氏(55)のオリジナル作品で、華道の名門「月島流」の本家に生まれた”月島もも”と、平凡な自転車屋の店主の”風間直人”が、偶然に出会ったことから始まるラブストーリー。 同ドラマの公式サイトでは、「美女と野獣の超・格差恋愛!高嶺の花が地上に舞い降りたとき、二人はまさかの恋に落ちる……!」と、紹介されている。 ”高嶺の花”の月島ももを、石原さとみ(31)が、”地上の凡夫”の風間直人を、峯田和伸(40)が演じ、そのほか、芳根京子(21)、千葉雄大(29)、三浦貴大(32)、小日向文世(64)、戸田菜穂(44)らが出演している。 初回放送の第1話では、ヒロインのももが、結婚式の当日に破談になったことで深く傷つき、不安定になってしまったある日、自転車で激しく転倒。泥だらけのまま、壊れた自転車を引きずり、辿り着いた古ぼけた自転車屋で、直人と出会う場面などが描かれた。 ドラマ『高嶺の花』の第1話について、ネットにはどのような声が寄せられたのだろうか。 ◆期待外れ?おもしろくなかった? ネット掲示板ガールズちゃんねるには、かなり厳しい感想が多く寄せ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ストーリー展開」の画像

もっと見る

「ストーリー展開」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる