「スタート」とは?

関連ニュース

<ベガルタ>椎橋「個の力で負けないよう経験生かしたい」 - 07月18日(水)06:05 

後半戦のスタートに椎橋が燃える。ポジションが重なる板倉が累積警告で出場できず、5月12日の広島戦以来、約2カ月ぶりの先発出場が濃厚。「無失点で勝ちたい。次に当然つながると思う」と意気込む。 世界を舞台
カテゴリー:

運送事業者へホワイト認証 国交省が検討 - 07月18日(水)05:00 

 国土交通省は、自動車運送事業者の長時間労働の是正などの働き方改革を重視した「ホワイト経営」を評価する新たな認証制度の検討をスタートさせた。人手不足が深刻なトラック・バス・タクシー運転者への就職を促進するとともに、運転者の労働条件・労働環境の改善を通じて、業界全体の働き方改革の実現と担い手確保・定着を後押しすることが目的だ。 主な検討事項は、……[続きを読む]
カテゴリー:

【国内映画ランキング】「ジュラシック・ワールド」が前作超えで圧倒的V - 07月18日(水)05:00 

 7月14日~15日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。全国的に猛暑となったこの週末は、夏休みの期待作が2本公開され、いずれも上位にランクインした。首位は「ジュラシック・ワールド 炎の王国」が獲得。13日より全国1002スクリーンで公開され、土日2日間で動員83万3190人、興収12億1654万円をあげた。これはシリーズ14年ぶりの新作として15年8月に公開され、最終興収95.3億円を記録した前作「ジュラシック・ワールド」の興収比144.1%の成績。  さらに13日から16日までの公開4日間では動員145万3273人、興収21億0677万円を稼ぎ、前作では公開7日目に達成した興収20億円突破をこの連休で突破する快挙を成し遂げた。ファミリー層を中心に幅広い層を動員し、前作と同じくMX4D、4DX、IMAX版も満席の映画館が続出。100億円超えが期待できる大ヒットスタートを切った。  「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」は2位スタート。人気アニメ「ポケモン」シリーズの劇場版第21作目となる。13日より全国373スクリーンで公開され、土日2日間で動員44万人、興収5億円をあげた。これは昨年同時期に公開され、最終興収35.5億円を記録した第20作「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の興収比96.9%の成績。公開4日間では動員73万人、興収...more
カテゴリー:

フジ連ドラ月9&木10、視聴率2桁発進は2年ぶり - 07月18日(水)04:48 

 フジテレビの連続ドラマが、好スタートを切った。  9日スタートの沢村一樹(51)主演「絶対零度~未然犯罪潜入捜査」(月曜午後9時)の初回視聴率が10・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、12日スタートの山崎賢人(23)主演「グッド・…
カテゴリー:

「この世界の片隅に」で、松本穂香がレコーディングに初挑戦! - 07月18日(水)04:00 

TBS系で7月15日から始まった日曜劇場「この世界の片隅に」(毎週日曜夜9:00-9:54)。このドラマの音楽を担当するのが久石譲。久石の音楽は放送前から注目を集めていたが、このたびドラマのオリジナル・サウンドトラックを8月29日(水)に発売することが決定した。 【写真を見る】劇中歌をレコーディング中の松本穂香/(C)TBS さらに、第1話ですずが歌ったわらべうたがこのサントラに収録されることも決定。この曲はドラマオリジナルの劇中歌で、久石譲が作曲・編曲し、ドラマの脚本を担当する岡田惠和が作詞したもの。「山の向こうへ」と名付けられたこの劇中歌を歌うのは、ヒロインすずを演じる松本穂香。松本は初めてのレコーディングに緊張気味だったが、透明感のある声で聞く人をドラマの世界に引き込む歌になった。 ■ 松本穂香コメント レコーディングは初体験なので、すごくドキドキしました。終わってほっとしました(笑)。 久石さんの曲と岡田さんの歌詞がとても合っていて、すずさんたちが暮らしている広島の江波や呉のちょっと昔の風景がふっと浮かぶような、優しい歌だなと思いました。 何度か歌わせていただいたのですが、最後のほうは、スタッフさんやみんなの顔を思い浮かべながら歌いました。歌っていて自分自身、優しい気持ちになれました。 久石さんが作ってくださった曲も、ドラマ全体の雰囲気も、とても優しく穏やかな時間が流れ...more
カテゴリー:

Snowball EdgeでEC2を現場で動かせるようになった――AWS、エッジ・コンピューティングをさらに強化 - 07月18日(水)05:16 

AWSのエッジコンピューティング・デバイス、Snowball Edgeはすでに広く使われている。しかし今日(米国時間7/17)、AWSはきわめて役立つ新機能を追加した。これまで、このデバイスは大量データの保管、転送、GreengrassサービスとLambdaを利用したある種のタスクの実行などに使われていた。しかしAWSはさらに一歩を進め、フラグシップ・コンピューティング・サービス、EC2をSnowball Edge上で利用できるようにした。 これにより、たとえば、工場内にデバイスを設置してそれまで使ってきたAmazon Machine Imagesを実行することができる。これによりまず帯域幅が大きく節減できる。ユーザーはEdgeデバイスですべてのコンピューティングを実行するか、プリプロセッサとして利用し、処理済みのデータをAWSに転送することができる。操作には従来のAWSのマネジメント・コンソール(ないしコマンドライン)を使える。Snowball Edgeは1.8 GHzのIntel Xeonプロセッサを内蔵しており、最大32GBのメモリで24のvCPUまで作動させることができる(メモリサイズ、vCPU個数の組み合わせは自由に設定できる)。 従来どおりの単一のマネジメント・コンソールから管理できるサーバーの中にSnowball Edgeが含まれるようになった、つまり他のAWSのク...more
カテゴリー:

ツンツン頭健太郎&元ヤン橋本環奈『今日から俺は!!』ビジュアル公開  - 07月18日(水)05:00 

 俳優の賀来賢人が主演する10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『今日から俺は!!』(毎週日曜 後10:30)のメインキャストによるビジュアルが公開された。注目すべきは、伊藤健太郎演じる主人公・三橋(賀来)の相棒・伊藤のツンツン頭とWヒロインのうちの一人で元ヤンキー・京子役の橋本環奈による“明菜ヘア”。そして三橋の金髪パーマ、もうひとりのヒロイン・理子(清野菜名)の“聖子ちゃんヘア”も、80年代を感じさせるスタイルで原作を完全再現している。 【写真】明菜ヘア&セーラー服の橋本環奈ソロカット  同作は4000万部超えの西森博之氏の人気コミックを『勇者ヨシヒコ』『銀魂』シリーズで知られる福田雄一監督が実写化。ドラマは原作のまま80年代を舞台に、ヒキョーな手を使っても悪党どもは必ずぶっ倒す正義(?)のツッパリ三橋と相棒の伊藤やバカな野郎共による青春コメディーを描く。  賀来と健太郎の特徴あるヘアスタイルはともに地毛で臨んでおり「髪型や衣装のビジュアルをかなり作り込んでいただき、毎日気持ちよく三ちゃんをやれています」と賀来。「ストレスがあるとすれば、相棒の髪がよく顔に刺さることです」と若干、伊藤への不満も漏らしながら「毎日ケンカをして、大きい声を出しています。若返りました。10月から、金髪とツンツン頭をよろしくお願いします」と充実の撮影を伺わせる。  一方、健太郎は「皆さんがおそら...more
カテゴリー:

賀来賢人&伊藤健太郎『今日から俺は!!』ビジュアルを自毛で再現 - 07月18日(水)05:00 

俳優の賀来賢人、伊藤健太郎、女優の清野菜名、橋本環奈が、10月スタートの日本テレビ系日曜ドラマ『今日から俺は!!』でのビジュアルを公開した。
カテゴリー:

リストラ技術者を大量採用し大成功。アイリスオーヤマ変貌の秘密 - 07月18日(水)04:30 

今や、どの家庭にも一つはある透明収納ケースやHGチェスト。これらを開発して大ヒットさせたのが、日本を代表する日用品メーカー「アイリスオーヤマ」です。そんな同社が最近になって力を入れているのが格安で便利な「家電」であることをご存じでしょうか。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。倒産危機からの大逆転、そして日々新たな挑戦を続ける巨大企業、アイリスオーヤマの今と未来に迫ります。 格安&便利な新勢力~これが噂の「なるほど家電」 梅雨の悩みの種といえば、部屋干しで乾かない洗濯物。その悩みを解決するのが「サーキュレーター衣類乾燥除湿機」だ。空気を循環させる送風機に除湿機を合体させた新商品。除湿機で湿気を取り除いた空気を、強力な風で直接 洗濯物に吹き付ける。これで室内でも衣類を一気に乾かせる。1時間も干せばしっかり乾くという。 一方、干せない布団をフカフカにするのは「ふとん乾燥機カラリエ」。今まで、布団乾燥機といえば温風を入れるマットを広げるなど、準備が大変だった。ところがこの新型はマットをセットする必要がない。温風が出るノズルの先端にある羽根を開き、布団をかけるだけ。これで、テントのような空間ができ、布団全体に温風が広がる。 今までにないアイデアで梅雨時の悩みを解決したこの2つの家電を作っているのがアイリスオーヤマだ。アイリスオー...more
カテゴリー:

『この世界の片隅に』サントラ発売決定 松本穂香歌う「わらべうた」も収録 - 07月18日(水)04:00 

 女優の松本穂香が主演するTBS系連続ドラマ「日曜劇場『この世界の片隅に』」(毎週日曜 後9:00)のオリジナル・サウンドトラックが、8月29日に放送されることがわかった。15日放送の第1話で、主人公・すず(松本)が歌っていたわらべうたもサントラに収録される。このわらべうたはドラマの音楽を担当する久石譲氏が作曲・編曲し、ドラマの脚本を担当する岡田惠和氏が作詞したもので、タイトルは「山の向こうへ」。松本による初レコーディングも行われ、透明感ある歌声を披露した。 【全身ショット】もんぺ姿で会見に出席した松本穂香  同ドラマは、原作が累計130万部を突破した、こうの史代氏の人気マンガ(双葉社刊)を実写化。太平洋戦争の最中、広島県の江波(えば)から呉(くれ)に嫁いだヒロイン・北條すずが、嫁ぎ先の北條家で夫・周作(松坂桃李)らとともに暮らすかけがえのない日常を丹念に描いていく、家族の愛の物語。第1話では、幼少期のすずから、突然持ち上がった縁談により18歳で周作のもとに嫁ぐまでが描かれた。  緊張のレコーディングを終え、胸を撫で下ろした松本は「すごくドキドキしました。終わってほっとしました(笑)」と安堵。「久石さんの曲と岡田さんの歌詞がとても合っていて、すずさんたちが暮らしている広島の江波や呉のちょっと昔の風景がふっと浮かぶような、優しい歌だなと思いました。何度か歌わせていただいたのです...more
カテゴリー:

もっと見る

「スタート」の画像

もっと見る

「スタート」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる