「スタイル」とは?

関連ニュース

「今のサラリーマン」こそ史上最高の職業だ 間違っても「好き」を仕事にはするな | ワークスタイル | 東洋経済オンライン - 07月16日(月)08:00 

広告代理店に勤めながらも、3カ月で18カ国を制覇したリーマントラベラーこと、東松寛文氏。著書(『サラ…
カテゴリー:

【コスプレ ビフォーアフター】美人レイヤー・あいにゃんに聞く、ギャルとコスプレの意外な親和性 - 07月16日(月)07:00 

 アニメ・ゲーム・漫画といった、日本が世界に誇る“オタクカルチャー”の中でも、広く市民権を得るまでに成長した「コスプレ」。いまでは、世界を舞台に活躍するコスプレイヤーが多数登場するまでに。ORICON NEWSでは、コスプレイヤーとして活躍する人気レイヤーのインタビューを実施。今回登場するのは、10代の頃はギャル雑誌のモデルをやっていたあいにゃんさん。元雑誌モデルが感じたギャルとコスプレの親和性とは? コスプレによって自身のパーソナルがどう変化したのか? さらに、普段レイヤーたちが見せることのない私服姿を披露してもらった。 【写真206枚】大胆“美ボディ”で魅了!人気レイヤー・あいにゃんの可愛すぎる“素顔” ■レイヤーの悩みは金欠!?「社会人じゃないとコスプレ活動は厳しい」 ――コスプレを始めたきっかけは? 【あいにゃん】子供の頃からアニメキャラの衣装を着るのが好きでした。でも、ちゃんとしたコスプレを出来るようになったのは、大人になってちゃんと働くようになってから。正直、コスプレはお金がかかるので(笑)。 ――確かに、衣装のクオリティはピンキリです。 【あいにゃん】チープなものでよければドンキホーテの衣装でもいいけど、ちゃんとしたコスプレをやろうと思ったら、既製品をリメイクする手間やお金をかける必要があります。 ――小物から武器まで、一式揃えるとなると大変ですね。 【あい...more
カテゴリー:

エブリイ&ハイゼットの2大巨頭の牙城を崩すか? ホンダの異端児、FF軽商用バン「N-VAN」 - 07月16日(月)06:20 

『週刊プレイボーイ 』31号では、ホンダN-VAN開発責任者・古舘茂氏を自動車ジャーナリストの小沢コージが直撃!これぞ軽自動車新二刀流。大谷翔平もビックリの大革命の予感だぜ! それは7月13日新発売のN-VANのこと。ホンダがなんと19年ぶりに出す新型軽商用バンで、一応、商用のバモスやアクティの後継ってことだが、その実態は違う。業界を揺るがす異端児で、中身は現在人気爆発中の2代目N-BOX。つまり軽商用としては前代未聞、乗用FFプラットフォームの二刀流的戦略なのだ。実は軽乗用と商用は似て非なる世界。全長3.4m、全幅1.48m、全高2m以下のボディサイズや660cc以下のエンジン排気量、最大4名の定員はまったく同じ。だが、ラゲッジスペースを2列目より広く取らなければならなかったり、何より絶対車内スペースを稼ぐためにほとんどの車両がキャブオーバーのFRかMRプラットフォーム。つまりエンジンの上に人やキャビンを載せて室内長を稼ぎ、ドライブシャフトで後輪を駆動する特殊レイアウトだった。バモスやアクティもそう。結果、乗り心地は悪いが室内が広く使え、さらに重い荷物をリアに載せて走る場合、真下の後輪を駆動させるのでスリップしにくいなどメリットは大きかった。しかも商用な分、軽自動車税は半額近くて税的メリットもアリ!その実用性、信頼性の高さで現在スズキ・エブリイやダイハツ・ハイゼットの2大巨頭が業...more
カテゴリー:

木と布がテーマ。シーンに応じ最適な音楽空間を演出する「WS-A70」 - 07月16日(月)05:58 

かつては、その重厚な存在感自体がインテリアとして機能していたオーディオ機器。テクノロジーの進歩やライフスタイルの変化により、邪魔にならないコンパクトさや多彩な機能性が重視されるようになったことに対し、いささか寂しさを感じている大人たちも少なくはないはずだ。そうした世代のニーズにも応じつつ、最新技術やデザインのトレンドを巧みに取り入れた新しい「オーディオ」の形として注目したいのが、TEACの新製品「WS-A70」。美しいウォルナット製の筐体、そしてカラフルなテキスタイルを採用したスピーカーグリルを自在に着せ替えできる、オールインワンネットワークハイレゾオーディオシステムである。 天然ウォルナットとアルミを使用した飽きの来ないシンプルなデザイン 音響機器メーカーのTEACが手がける、ハイレゾ時代にふさわしい質と芸術性を兼ね備えた「本物のオーディオづくり」を標榜する新シリーズ「NEW VINTAGE」。第1弾のネットワークCDプリメインアンプ「Reference7 series NR-7CD」に続く第2弾として登場したのが、「木」と「布」をテーマとしたネットワークオーディオシステム「WS-A70」だ。 まず目を引くのが、大量生産が困難な「180度円形曲げ処理」を行ったエンクロージャーを採用した、天然のウォルナット材によるキャビネットだろう。突板をオイルで仕上げることにより、天然木の風...more
カテゴリー:

【酒】セブン‐イレブン一部店舗で「生ビールサーバー」試験導入 Sサイズ税込み100円のお手頃価格!★14 - 07月15日(日)23:42  newsplus

7/14(土) 19:29配信 ねとらぼ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000036-it_nlab-bus_all  セブン‐イレブンの一部店舗で7月17日より、注ぎたての生ビールを楽しめる「ビールサーバー」が導入されることが分かりました。 Sサイズが税込み100円、Mサイズが税込み190円。  ビールサーバーは東京都三鷹市の「セブン-イレブン 三鷹牟礼6丁目店」など数店舗で試験的に導入される予定。 手軽にコーヒーが楽しめると人気の「セブンカフェ」と同様に、カップを購入するスタイルで、 サーバーの「ビールジョッキボタン」を押...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】<元KARAのハン・スンヨン>日本のファンに「皆さんに会うことが、私は本当に大好きで楽しいです」 - 07月16日(月)07:23  mnewsplus

元KARAのハン・スンヨン(29)が15日、東京・港区の「品川プリンス ステラボール」でファンミーティング「2018 fanSY HOME PARTY」を開催。未発表曲も披露し、2回公演合計2000人のファンを熱狂させた。  2016年にソロになったスンヨンが今年初めて日本のファンの前に登場するとあって、開演前から長蛇の列ができた。タイトル通り“ホームパーティー”をコンセプトにしたイベントで、ファンと一緒になってクロスワードパズルや、韓国の伝統的な菓子作りに挑戦した。  もちろん「Summer...
»続きを読む
カテゴリー:

首位快走! サンフレッチェ広島の快進撃の要因を宮澤ミシェルが分析する! - 07月16日(月)06:20 

快進撃を続けるサンフレッチェ広島について語った宮澤ミシェル氏サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第54回。現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。今回のテーマは、J1リーグの前半戦で快進撃を続け、首位を快走するサンフレッチェ広島について。去年のリーグ戦では降格圏をさまよい、シーズン途中の監督解任もあったチームがいったいなぜ、これほどの成績を残せているのか? 宮澤ミシェル氏にその要因を語ってもらった。*****中断期間から再開となる今シーズンのJ1リーグ、前半戦を振り返ると、やっぱりサンフレッチェ広島の快進撃がすごかった。今季から監督が城福(浩)さんになって、開幕前から期待はしていたけれど、まさか12勝1分2敗で、首位を突っ走るなんて予想していなかったよ。今年の広島は精神的なあり方が去年と全然違っている。チーム全員の戦う姿勢が試合中のあらゆる局面で前面に出ている。球際のところなんて雲泥の差があるよ。去年のリーグ戦は降格圏をさまよい、シーズン中の監督交代もあって、34試合で8勝17敗9分け。そこに新たに来た城福さんも、2016年はFC東京の監督をしたけど...more
カテゴリー:

【サッカー】<16強、西野ジャパンの評価を問う!>乾、香川のセレッソラインを活かせたのは日本人監督だからこそ★2 - 07月16日(月)06:12  mnewsplus

西野ジャパンがロシアでの冒険を終えたタイミングで、サッカーダイジェスト誌ライター陣7名に緊急アンケートを実施。 世界の「ベスト16」という結果を残した日本代表への評価、「ベスト8」の壁を超えるためには何が必要なのか、そして次期日本代表監督には日本人が相応しいか? この3点について意見を伺った。 ――◆――◆―― 回答者:二宮寿朗(スポーツライター) Q.西野ジャパンのロシアW杯評価(100点満点中) A.90点  戦前の低評価からの巻き返しは高得点に値する。パス主体のスタイルに切り替え、守備でもプレッシングと...
»続きを読む
カテゴリー:

【ロシアW杯】 フランス、4ゴールで20年ぶり2度目優勝! - 07月16日(月)01:54  mnewsplus

◆W杯ロシア大会▽決勝 フランス4-2クロアチア(15日、モスクワ)  フランスがクロアチアを下し、自国開催だった98年大会以来20年ぶり2度目となる優勝を飾った。優勝2回はブラジル(5回)、ドイツとイタリア(4回)に次ぎ、ウルグアイとアルゼンチンに並ぶ4位。欧州勢の優勝は4大会連続となった。クロアチアは準優勝。98年大会の3位を上回る最高成績となった。  フランスが意外な形で先制点を手にした。前半18分、ペナルティエリア右手前からのFK。FWグリズマン(Aマドリード)がペナルティーエリア内へボールを送ると、クロアチア...
»続きを読む
カテゴリー:

73年の世紀のテニスマッチを、大統領選の最中に映画化した意義とは?監督夫妻にインタビュー - 07月15日(日)22:45 

ロンドンで開催中のウィンブルドンも大会最終日。男子シングルス決勝が対戦中だ。日本人選手としては23年ぶりとなるベスト8に進出した錦織圭の奮闘や、6時間36分を要した準決勝の激戦などのニュースも飛び交った。そんななか、映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』が公開中。本作は73年に行われたテニス史上で最も有名な試合“バトル・オブ・ザ・セクシーズ” (性差を超えた戦い)を描いた実話劇だ。 【写真を見る】全世界で9000万人もの観客がテレビ中継で目撃した、歴史的な一戦!/ [c]2018 Twentieth Century Fox ビリー・ジーン・キング役にはエマ・ストーンが、ボビー・リッグス役にはスティーヴ・カレルが扮した。彼らのプロとしての矜持、チャーミングな人間らしさ、そして白熱のテニスマッチをリアリティたっぷりに映像化したのがヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトンだ。来日した彼らを直撃して、撮影手法から本作に込めた想いまでを聞いた。 ■ フィルムで撮れる可能性がそこにあるのなら、この作品ではそれを選択しない理由はなかった ――06年に『リトル・ミス・サンシャイン』、12年に『ルビー・スパークス』、そして今回の『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』。ほかにも広告やテレビの仕事をされているのは存じ上げてますが、お二人は映画監督としてはかなり慎重に企画を選ばれている印象があります。 ジョナサ...more
カテゴリー:

もっと見る

「スタイル」の画像

もっと見る

「スタイル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる