「ジミー」とは?

関連ニュース

ジミー大西のありえへん行動が明らかに!? 明石家さんまプロデュース「Jimmy」予告編解禁 - 06月23日(土)15:10 

7月20日(金)より全世界190ヵ国で独占配信される、Netflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」の予告編が、公開された。 【写真】2年がかりの大作がいよいよドラマ化! 本作は、明石家さんまが初プロデュースする連続ドラマで、1980年代の大阪を舞台に、お笑い界のスーパースターである明石家さんまに見いだされた、ジミー大西が唯一無二の芸人として次第に才能が開花していく姿を描く。 ジミー大西役に中尾明慶、明石家さんま役を玉山鉄二が務めることでも話題を集めている。 今回、公開された予告編は、吉本興業に舞台進行見習いとして就職したジミーが、大失敗の反省を示すため、股間をひもで階段にくくり付けているところに、さんまが「おまえ誰や?」と怪訝そうにやってくるという出会いのシーンで幕開け。 その後も、前の車が止まっているのを渋滞していると勘違いしたり、点滴を「飲んだ方が早い」と飲んでしまうなど、ジミーの“ありえへん”エピソードの連発!  ドラマ本編では、そんなジミーの「アホみたいなホンマの話」が多数描かれ、お笑い芸人から世界的画家となるまでの一部始終が笑いと感動と共に描かれている。 また、予告編の後半では、主題歌であるMISIAの「最後の夜汽車」が流れる中、テレビ局の名物プロデューサー役の佐藤浩市、大竹しのぶ役の池脇千鶴、ジミー大西の恩師とも言える野球部顧問の先生役で生瀬勝...more
カテゴリー:

レッド・ツェッペリン、初ライブの日から50周年を迎える9月に豪華ボックスセットを発売予定 - 06月23日(土)11:15 

レッド・ツェッペリンがライブ映画『The Song Remains the Same』のサウンドトラックを初ライブ50周年記念の豪華ボックスセットとしてリリース予定だ。本作のリマスタリングはジミー・ペイジが監修。レッド・ツェッペリンはライブ映画『The Song Remains the Same』のサウンドトラックをリマスタリングし、50周年を記念して再発売する。このリイシュー盤は異なる特典付きの複数のフォーマットで9月7日に発売。50年前のこの日、つまり1968年9月7日は、まだニュー・ヤードバーズと名乗っていたレッド・ツェッペリンが初めてライブを行った日だ。ジミー・ペイジが個人的にリマスタリングの監修を行ったこのアルバムには、1973年の夏にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで彼らが行った3日連続公演の音源が収録されている。1976年に公開された同タイトルの映画では、30分に及ぶ「幻惑されて/Dazed and Confused」や「モービー・ディック/Moby Dick」でのジョン・ボーナムの長いドラムソロなどがフィーチャーされていた。通常のDC盤とアナログ盤でのリイシューに加え、CD盤には24ページの、アナログ盤には28ページの付属ブックレットが付く。また、アナログ盤のトラックリストをページ自ら調整して、オリジナル盤には収録されなかった楽曲を多数収録し、1面すべて...more
カテゴリー:

Netflixオリジナルドラマ『Jimmy』予告編にさんまとジミー本人が登場 - 06月22日(金)08:06 

 明石家さんま企画・プロデュース、Netflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の予告編が公開された。その最後には、さんまと、モデルとなったジミー大西本人が登場。ジミー青年が本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々を「このドラマ、内容はほぼホンマやな」「はい、ホンマです」と証言している。 【動画】ドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』予告編  ジミー大西役を中尾明慶、明石家さんま役を玉山鉄二が務め、しゃべり方から佇まいまでジミー、さんま本人とシンクロさせつつ、その心の内を豊かに彩り、魅力的なキャラクターを作り上げた本作。  1980年代の大阪を舞台に、幼い頃から何をやっても上手くいかないジミーが、お笑い界の若きスーパースター・さんまに見出され、唯一無二の芸人として次第に才能を開花させていく。ジミーが本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に笑いながらも、一人の青年が孤独や劣等感を抱えながら成長していく姿を、さんまをはじめとした周囲の人々との愛と友情たっぷりに描く。  解禁された予告編は、ジミーとさんまの衝撃的な出会いから始まる。吉本興業に舞台進行見習いとして就職したジミーは、大失敗の反省を示すため、股間をひもで階段にくくり付け、大騒ぎに。それを聞きつけてやってきたさんまが思わず、「お前誰や?」と、怪訝そうに聞くのが2人の出会い...more
カテゴリー:

「Fun!Fun! ファンタジーシアター」,オーディションにバスケ衣装の「パティ&ジミー」が登場 - 06月20日(水)18:34 

Fun!Fun! ファンタジーシアター Fun!Fun! ファンタジーシアター配信元シフォン配信日2018/06/20<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>新オーディション開催!オーディションにバスケットボール選手衣装の「パティ&ジミー」が登場中! 株式会社シフォン(本社:東京都千代田区、代表取締役:長谷川友也)は、株式会社サンリオ(本社:東京都品川区、社長:辻信太郎)とのラ…
カテゴリー:

ぽっちゃりしたクリスティーナ・アギレラ、ファッションも不評!? - 06月19日(火)16:15 

ニューアルバム「Liberation」を発売したばかりのクリスティーナ・アギレラが、プロモーションのために屋外ライブを行ったことが報じられた。このライブの模様は、NBCの朝の情報番組「トゥデイ」で放映されたが、アギレラの急激な体型変化や似合わないファッションの方が、図らずも多くの注目を集めてしまったようだ。 【写真を見る】ぽっちゃりしすぎてもはや別人?アギレラと判別できない変貌ぶりが衝撃的/写真:アフロ この日のアギレラは、トレードマークのプラチナブロンドをブレイドヘアにして後ろできっちり束ね、巨大なフープ型イヤリングを目立たせたユニークなスタイル。ミニスカート丈のオーバーサイズTシャツに網タイツと黒のニーハイブーツ、指出しタイプの黒のレザーグローブを合わせ、かなりパンキッシュな格好での登場だった。 アギレラらしくないファッションもさることながら、少し前に比べるとかなりぽっちゃりした体型に対して戸惑いを感じた人も多かったようだ。ネットユーザーたちからは、80年代に活躍した歌手のシンディ・ローパーに見える!との声が圧倒的多数で、「ぽっちゃり体型にオーバーサイズの服だと、余計大きく見える」「急に年をとったみたい」「この間、美しいすっぴん写真を公開したのと本当に同じ人?」といったコメントが寄せられていた。 とはいえ、歌手としての実力にはお墨付きのアギレラは、最近のTV企画で圧巻のパフォー...more
カテゴリー:

レッド・ツェッペリン、初ライブの日から50周年を迎える9月に豪華ボックスセットを発売予定 - 06月23日(土)11:15 

レッド・ツェッペリンがライブ映画『The Song Remains the Same』のサウンドトラックを初ライブ50周年記念の豪華ボックスセットとしてリリース予定だ。本作のリマスタリングはジミー・ペイジが監修。レッド・ツェッペリンはライブ・・・
カテゴリー:

海や湖だけじゃない。浜松の山を味わうジビエ専門店「34DINER」はクセになる - 06月23日(土)10:00 

「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足を運びたくなるような、飲食街のメインエリアから国道を1本挟んだところにある「34DINER」は、浜松のジビエ料理をおいしく、そして身近に感じさせてくれるレストランバーです。天然の鹿や猪を使ったアレンジ料理にビールが進む© 2018 TABI LABO人気の「前菜の盛り合わせ」をいただきます。「鹿肉の田舎風パテ」は、くるみの歯ごたえとイチヂクの風味が効いていて食べやすく、「猪肉のリエット」はネズの実の香りがアクセントになって、パンとの相性も抜群。なにより、どちらも思った以上にクセがなくて食べやすい!「ウズラの卵の自家製カレー味ピクルス」も絶品。強いてあげるなら、猪のレバーに少しクセを感じたけど、牛や豚のレバーを食べられる人であればまったく問題ないレベル。「ジビエ特有のクセも含めて味わってもらいたいんです」と山﨑さんは言いますが、そもそもどの料理も食べやすい。静岡駅前の醸造場「AOI BREWING」のクラフトビールをはじめ、ベルギー産やハワイ産のクラフトビールがこれまた料理に合うから、ついついお酒も進みます。浜松の食材に惹かれ東京からUターン© 2018 TABI LABO「東京にはいろいろな素材が集まるけれど、本当に良いものは...more
カテゴリー:

【音楽】ロバート・プラント、音楽スタイルを変えたきっかけの1つはレディオヘッド - 06月21日(木)22:32  mnewsplus

2018.6.21 12:17 ロバート・プラント、音楽スタイルを変えたきっかけの1つはレディオヘッド ロバート・プラントが、自身が制作・パフォーマンスする音楽のジャンル/スタイルを変えようと思ったきっかけについて語った。 『House of Strombo』に出演したプラントは、変化は「2000年までに培われていた」と話した。「ジミー・ペイジとエジプトのオーケストラと共に世界中を周っていたとき、ある夜、その頂点に達したんだ。ドイツ、マンハイムでだ。僕らは大きなコンクリートのキューブの中でプレイし、男ばかりのオーディエンスが拳...
»続きを読む
カテゴリー:

米ラッパーのジミー・ウォポ、銃撃され死亡 地元ピッツバーグで - 06月20日(水)13:26 

米国のラッパー、ジミー・ウォポさんが、地元のペンシルベニア州ピッツバーグで銃撃を受けて死亡したことが20日までに分かった。21歳だった。 警察は18日午後4時半ごろ、車の中で撃たれているウォポさんともう1人の男性を発見。車は道路の真ん中で止まっており、複数回にわたって衝突された形跡が見られたという。 2人は病院に運ばれたが、ウォポさんはその後死亡。警察によれば搬送時、男性の方の容体は安定してい...
カテゴリー:

『世界で一番ジミー・ペイジになろうとした男』50歳で脱サラ、そして単身渡米、ジミー・ペイジに憧れたギタリストの飽くなき挑戦 - 06月18日(月)12:00 

[株式会社インプレスホールディングス] [画像1: https://prtimes.jp/i/5875/2203/resize/d5875-2203-278886-1.jpg ]  本書はジミー・ペイジを追いかけ続けたひとりのギタリストの挑戦を記した自叙伝。主人公であるジミー桜井は、少しでも本物に近づく...
カテゴリー:

もっと見る

「ジミー」の画像

もっと見る

「ジミー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる