「シンポジウム」とは?

関連ニュース

仙台城跡保護+活用へ 法改正前に仙台でシンポ - 07月18日(水)13:36 

歴史的建造物などの地域での活用を後押しする改正文化財保護法の来年4月1日施行を前に、仙台城跡の再整備と活用策を考えるシンポジウムが仙台市内であった。国指定史跡の仙台城跡は往事の建物が残っておらず、保護
カテゴリー:

【海底トンネル】“第2青函トンネル”構想浮上 車で津軽海峡通過 長さ30キロの自動車専用 - 07月18日(水)08:20  newsplus

◆“第2青函トンネル”構想浮上 車で津軽海峡通過 長さ30キロの自動車用海底トンネル 津軽海峡に青函トンネルが開通して30年。 新たな海底トンネルの構想が浮上しました。 第2青函トンネルの構想をまとめたのは、道内の有識者らでつくる研究会です。 17日、札幌で開かれたシンポジウムで、構想がお披露目されました。 「北海道は島。トンネルで(本州と)直接つながることは非常に重要」(北海道建設業協会・栗田悟副会長) 構想によりますと、第2青函トンネルは長さ30キロメートルの自動車用トンネルで、一般の車両が走るスペ...
»続きを読む
カテゴリー:

【人権】「生活保護なめんな」ジャンパー問題から1年半、小田原市が進めた生保改革 「受給者」から「利用者」へ - 07月17日(火)11:40  newsplus

 「保護なめんな」「生活保護悪撲滅チーム」――。ローマ字と英語で書かれたジャンパーを羽織って、生活保護受給者宅を訪問する。2007年から約10年にわたって神奈川県小田原市の職員が着用していたものだ。  2017年1月に問題が発覚し、職員の対応は「受給者を威圧する」と批判された。市は改善を宣言する。あれから1年半、小田原市の生活保護行政は大きな変化を遂げていた。 ■小田原市職員「取り組みを話すのは初めて」 7月14日、東京。生活保護問題に取り組んできた弁護士らが開いたシンポジウムで、小田原市の職員2人がやや緊...
»続きを読む
カテゴリー:

2018年夏休み情報おまとめ便<2018/7/9-16掲載> - 07月17日(火)09:15 

 教育・受験サイトの「リセマム」は、子どもの学びや遊びに役立つ、夏休みの教育イベントやワークショップ情報、自由研究や工作のヒントとなる商品・サービス情報などを紹介中。今回は、2018年7月9日から16日までに紹介した夏休み情報をまとめて掲載する。 なお、夏休み間近ともあり、イベントによってはすでに定員に達し応募受付を終了している場合や、申込み期間が過ぎている場合がある。各イベントの詳細は、必ず主催者Webサイトなどで確認いただきたい。→これまでに公開したすべての「夏休み2018」情報は特集で公開中◆【夏休み2018】錦糸町・オリナス、子ども向け恐竜&体験イベントhttps://resemom.jp/article/2018/07/14/45649.html 錦糸町のショッピングモール「オリナス」は2018年8月12日まで、「olinas Summer Festival」を開催する。土日・祝日を中心に、子どもに向けたイベントも開催予定。◆【夏休み2018】クイズや新聞作成で楽しく学ぶ「こども年金教室」8/21https://resemom.jp/article/2018/07/13/45646.html 東京都社会保険労務士会は2018年8月21日、都内や近県在住の小学生とその保護者を対象に「夏休みこども年金教室」を開催する。年金制度についてのワークショップや新聞作成を通して、知って...more
カテゴリー:

東京五輪ボランティア募集へ 千葉でシンポ 7/16 19:25更新 - 07月16日(月)19:25 

東京オリンピック・パラリンピックまであと2年。大会を支えるボランティアを募集しようと、“空の玄関”の成田空港を抱える千葉県がシンポジウムを開いた。
カテゴリー:

茨城県立学校に医学コース設置…水戸一高など5校 - 07月18日(水)13:15 

 茨城県は2018年7月17日、県内の医師不足解消に向け、県立学校5校に医学コースを設置すると発表した。水戸第一高校や並木中等教育学校など対象校5校で医学部進学者100人を目指す。 茨城県は、2018年2月23日に「医師不足緊急対策行動宣言」を発表し、医師不足の抜本的解決に向けた5つの政策を掲げた。その政策の1つである「『医志』の実現を全力バックアップ」では、県立高校と中等教育学校に医学コースを設置し、将来の茨城の医療を担う医師の養成を図る。 医学コースを新設するのは、日立第一高校と水戸第一高校、土浦第一高校、並木中等教育学校、古河中等教育学校の5校。高校では2019年度以降に入学する生徒、中等教育学校では2019年度以降に後期課程に進級する生徒を対象とする。 各学校では、2年生から医学部進学希望者がともに学ぶ学級を編成し、医学部進学指導を充実させる。1校あたり1クラス約40人を想定。対象校5校で医学部進学者100人を目標とする。 医学コースでは、医学研究会(仮称)を開催し、病院や大学と連携した体験実習や講演会を実施する。また、予備校などの外部連携による面接対策や小論文指導のほか、習熟度別指導を実施する。 大井川和彦知事は、「確率的に茨城県出身者の方が医学部に進んだ場合に、戻ってきていただける可能性の高いという傾向的なデータもありますので、そういうことを踏まえて、今回の医学部コース...more
カテゴリー:

【生活保護】元毎日新聞・石戸諭「不正受給は金額ベースで0・5%に過ぎない」「今でもネット上で生活保護バッシングが強まっている」 - 07月17日(火)18:13  seijinewsplus

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidosatoru/20180717-00089572/  「保護なめんな」「生活保護悪撲滅チーム」――。ローマ字と英語で書かれたジャンパーを羽織って、生活保護受給者宅を訪問する。2007年から約10年にわたって神奈川県小田原市の職員が着用していたものだ。  2017年1月に問題が発覚し、職員の対応は「受給者を威圧する」と批判された。市は改善を宣言する。あれから1年半、小田原市の生活保護行政は大きな変化を遂げていた。 小田原市職員「取り組みを話すのは初めて」 報告する小田原市職員  7月14日、東京...
»続きを読む
カテゴリー:

再生医療ビジネスが分かる!~産学官が京都に集うシンポジウム~ - 07月17日(火)11:06 

[KRP] [画像1: https://prtimes.jp/i/30270/16/resize/d30270-16-132147-1.jpg ] <<概要>> 日時:7月31日(火)13:10~18:30(交流会18:45~20:00) 場所:京都リサーチパーク 西地区 4号館地下1階 バズホー...
カテゴリー:

”化学”連携強まる 連合内産別 JEC、UAゼンセン等 - 07月17日(火)05:04 

 化学関連の産別間連携が強まっている。UAゼンセン(松浦昭彦会長)製造産業部門とJEC連合(平川純二会長)が「化学産業シンポジウム」を初めて協賛し、今秋にはJEC連合と事務所(東京都内)を共同利用する産別が現れる予定となっている。 JECは今月札幌市で開催する大会に「連合内産別との連携に向けた協議」とする議案を提起する。……[続きを読む]
カテゴリー:

五輪ボランティア「特別な体験を」課題も 7/16 18:16更新 - 07月16日(月)18:16 

東京五輪まで2年となるのを前に、16日、千葉県でシンポジウムが開かれ、日本フェンシング協会の太田雄貴会長が「ボランティアで特別な体験をしてほしい」と訴え。組織委は11万人超を集めたいとしているが、猛暑の中、拘束時間や日数が長いなどの指摘も。
カテゴリー:

もっと見る

「シンポジウム」の画像

もっと見る

「シンポジウム」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる