「シンガポール航空」とは?

関連ニュース

シルクエアー、シンガポール航空と統合に向け2020年より機内プロダクト刷新 - 05月23日(水)10:29 

シンガポール航空は5月22日、子会社で地域航空会社であるシルクエアー(本社: シンガポール)がシンガポール航空との統合を実現のため、数年に及ぶ機内プロダクトのアップグレードにおける大規模な投資プログラムを予定していることを発表した。
カテゴリー:

成田空港:シンガポール航空の最新鋭機が初飛来 - 05月20日(日)09:42 

 シンガポール航空の最新鋭機「ボーイング787-10」の定期便が19日、成田空港に初めて飛来した。記念イベントもあり、開港40年に花を添えた。  チェックインカウンターでは乗客277人に記念のマカロンを配った。搭乗ゲート前に幕(縦2.2メートル、横3.7メートル)を張り、子供用に機長やキャビンアテン
カテゴリー:

シンガポール航空、ボーイング 787-10型機を成田路線にも導入。ビジネスクラスなど機内を公開 - 05月19日(土)10:51 

 シンガポール航空は、ボーイング 787-10型機を使った世界で初めての定期便として、関西国際空港~シンガポール・チャンギ国際空港線での運航を5月3日から開始した(関連記事「シンガポール航空、ボーイング 787-10型機の世界初定期便スタート。日本発初便は『満席御礼』」)。
カテゴリー:

シンガポール航空、シルクエアーを統合 2020年から客室アップグレード - 05月18日(金)17:16 

シンガポール航空は、グループで短距離線を運航するシルクエアーを統合する。 統合に向けて新型シートを導入するなど、客室をアップグレードする。ビジネスクラスは新型のライフラットシートとなる。ビジネスクラスとエコノミークラスの全席にエンターテインメントシステムを導入する。これにより、シンガポール航空の客室との一貫性を持たせるという。客室アップグレードは2020年から開始する。投資額は1億米ドルに及ぶとした。シンガポール航空とシルクエアーの合併は、シルクエアーの客室のアップグレードが充分に済んだ後に行われる計画としている。 シルクエアーは、ボーイング737-800型機とボーイング737 MAX 8を22機、エアバスA320型機を11機保有している。将来的には全機をボーイング737型機に統一する。就航都市は16カ国の49都市に及び、広島にも就航している。 ⇒詳細はこちら 投稿 シンガポール航空、シルクエアーを統合 2020年から客室アップグレード は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

スクート、シンガポール航空の法人向けプログラム「HighFlyer」に加盟 - 05月11日(金)08:32 

スクートは、シンガポール航空が運営する法人向けプログラム「シンガポール航空 HighFlyer」に加盟した。 登録企業は、シンガポール航空の法人向け予約プラットフォームや指定旅行代理店で発券・予約した際に、シンガポール航空かシルクエアーのフライトの旅程にスクートが運航する区間の利用が含まれている場合、5月2日以降の発券分より、利用額1シンガポールドルにつき、5HighFlyerポイントを積算する。 積算されたポイントは、シンガポール航空とシルクエアーの航空券代、アップグレード料金や選択した付帯サービスなどの支払いで、全額もしくは一部を現金と併用して利用できる。年内には、スクートの運航する旅程でポイントを引き換えることができるサービスも提供する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

シンガポール航空、シルクエアーを統合。2020年以降 - 05月22日(火)15:03 

 シンガポール航空は5月22日、短中距離路線を運航する子会社のシルクエアーを統合すると発表した。
カテゴリー:

【イベントレポート】【関空旅博2018】シンガポールブースは来場者限定でボーイング 787-10型機で行くお得なツアーを案内 - 05月19日(土)14:14 

 関西国際空港で5月19日~20日の2日間開催している「関空旅博2018」。シンガポールブース(ブース番号:N57~59)はシンガポール政府観光局、シンガポール航空、シンガポール航空ホリデーが共同でブースを出展している。
カテゴリー:

シンガポール航空、シルクエアーを統合 2020年から客室アップグレード - 05月18日(金)17:16 

シンガポール航空は、グループで短距離線を運航するフルサービスキャリアのシルクエアーを統合する。 統合に向けて新型シートを導入するなど、客室をアップグレードする。ビジネスクラスは新型のライフラットシートとなる。ビジネスクラスとエコノミークラスの全席にエンターテインメントシステムを導入する。これにより、シンガポール航空の客室との一貫性を持たせるという。客室アップグレードは2020年から開始する。投資額は1億米ドルに及ぶとした。シンガポール航空とシルクエアーの合併は、シルクエアーの客室のアップグレードが充分に済んだ後に行われる計画としている。 シルクエアーは1989年にトレードウィングスとして設立し、1992年に現在の名称に変更した。現在はボーイング737-800型機とボーイング737 MAX 8を22機、エアバスA320型機を11機保有している。将来的には全機をボーイング737型機に統一する。就航都市は16カ国の49都市に及び、広島にも就航している。 シンガポール航空グループでは、2017年7月にタイガーエアをスクートに統合している。シンガポール航空とシルクエアーの統合後のシンガポール航空グループの航空会社は、貨物航空会社を除くと、フルサービスキャリアはシンガポール航空、格安航空会社(LCC)はスクートに一本化されることなる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「世界で最も安全な航空会社」ランク、中国の航空会社がトップ5入り - 05月16日(水)20:27  news

2018年5月15日、新華社は、世界の航空会社ランキングで中国の航空会社が上位に続々とランクインしたと報じた。 香港の世界スチュワーデス協会(WASA)などが主催する第9回世界航空会社ランキングプレス発表会・第8回世界スチュワーデスフェスティバル表彰式が15日に行われ、 世界で総合力の高い航空会社トップ10、特色ある航空会社トップ10、世界の空港ベスト10など16のランキングが発表された。 最も注目される安全な航空会社トップ10では、ニュージーランド航空が1位、シンガポール航空が2位、フィンランド航空が3位、中国国際...
»続きを読む
カテゴリー:

スクート、シンガポール航空の法人向けプログラム「HighFlyer」に加盟 - 05月11日(金)08:32 

スクートは、シンガポール航空が運営する法人向けプログラム「シンガポール航空 HighFlyer」に加盟した。 登録企業は、シンガポール航空の法人向け予約プラットフォームや指定旅行代理店で発券・予約した際に、シンガポール航空かシルクエアーのフライトの旅程にスクートが運航する区間の利用が含まれている場合、5月2日以降の発券分より、利用額1シンガポールドルにつき、5HighFlyerポイントを積算する。 積算されたポイントは、シンガポール航空とシルクエアーの航空券代、アップグレード料金や選択した付帯サービスなどの支払いで、全額もしくは一部を現金と併用して利用できる。年内には、スクートの運航する旅程でポイントを引き換えることができるサービスも提供する。 ⇒詳細はこちら 投稿 スクート、シンガポール航空の法人向けプログラム「HighFlyer」に加盟 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

もっと見る

「シンガポール航空」の画像

もっと見る

「シンガポール航空」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる