「シリアス」とは?

関連ニュース

ファミレスで何やら「決起集会」を開くママ友たち。話を聞いて、同情する他なかった! - 07月23日(月)18:15 

よんてんごP (@yontengoP)さんが、ファミレスで昼食を食べていた時のこと。 周囲を見ると、ママ友らしき団体が「決起集会」を開いていたそう。 いったい何の? と思い、耳を澄ましてみると ・ ・ ・ ・ ・ 明日からはいよいよ夏休みだ!! 全員負けるな!!! お疲れ様です…(笑)!! いわく、夏休みになるとこれまで学校その他にアウトソースしていた・飯の支度・お子様の面倒・勉強の面倒・おやつの準備・兄弟喧嘩の仲裁・飯の支度・勝手にビニールプールを持ち出した結果部屋中を水浸しにした場合の事後対応および再発防止のための説教、などが全てのしかかるらしい— よんてんごP (@yontengoP) 2018年7月20日 聞けば、会そのものは至極シリアスな雰囲気に包まれていたとのことで… 若干本気で「嫌なのヨォ…本当に嫌なのヨォ…」とジョッキ片手に涙ぐむお母さんがいると思えば、先輩格のお母さんが「バカ!小学校で終わると思うな!高校入るまで続くんだずっと!」と励ましたり「女の子を産んでおけば…」と愚痴るお母さんに「いや娘は娘で…」と諭すお母さんなど阿鼻叫喚である— よんてんごP (@yontengoP) 2018年7月20日 なお一方では「おたくは良いわよね、息子2人とも中学受験で合宿だから、手がかからないでしょ」などと言わ...more
カテゴリー:

萌えアニメでシリアスなシーンになる→アニ豚「鬱展開やめろ」「あー俺このアニメ切るわ」ワイ「え…」 - 07月18日(水)14:53  livejupiter

ワイ「いやそんな大したことじゃないしどうせ次の話で解決するじゃん」 アニ豚「こういうアニメでシリアス要らないんだよね」 ほんまアニ豚の考えてることは分からんわ… ...
»続きを読む
カテゴリー:

わが子たちの未来を重ねて観たい「大人の兄弟姉妹映画」9パターン - 07月17日(火)07:00 

子どもたちにはいつまでも仲良くあってほしいもの。彼らが大人になったとき、どんな関係性を築いていくのかは、母として非常に気になるところではないでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「子どもたちの未来を想像して楽しめる『大人の兄弟姉妹映画』」をご紹介します。 【1】宇宙飛行士になる兄弟の夢がいま叶う! 『宇宙兄弟』 「息子もこんなふうに夢を追いかけられたらステキだな」(20代女性)というように、ライバル心をバネに宇宙を目指す兄弟のお話です。「弟は順風満帆で兄は何をやってもダメ」という現実にもありそうな設定なので、見終わったあとは「刺激であり、支えでもある互いの存在を大切にしてほしい」と母目線で願う人が多いでしょう。 【2】この家族、問題アリ『トイレット』 「母の死が兄妹の絆を取り戻すきっかけになったところは感慨深い」(20代女性)というように、オタク、引きこもり、エアギター好きという個性の強いカナダ人3兄妹が、日本語しか喋れない「ばあちゃん」の出現で、母の死後、戸惑いを共有しながら変わっていきます。マイペースな子どもに手を焼いている人は、特に共感できるかもしれません。 【3】妹たちがバカな兄貴に大迷惑『私たちのバカ兄貴』 「迷惑だけど憎めない兄貴のキャラが最高!」(20代女性)というように、人はいいけど要領もタイミングも悪い兄が、旦那の浮気をバラすなどの騒動を巻き起...more
カテゴリー:

「未来のミライ」黒木華『自分と重ねて考えられるのも作品の魅力』 - 07月16日(月)09:00 

新作を発表するたびに話題を集める、細田守監督の最新作「未来のミライ」がいよいよ7月20日(金)に公開される。同作は、甘えん坊の4歳の男の子・くんちゃんと、未来からやってきた妹・ミライちゃんが織りなす、ちょっと変わったきょうだいの物語。 【写真を見る】黒木華「弟がいるのでくんちゃんの気持ちの方が分かるかも」/撮影=横山マサト 主人公・くんちゃん(声:上白石萌歌)の妹で未来からやってきた中学生のミライちゃんの声を演じた黒木華は、「おおかみこどもの雨と雪」(2012年)、「バケモノの子」(2015年)に続く3作目の出演だ。彼女が感じる細田監督作品と「未来のミライ」の魅力とは―― ――今回、あらためて感じた細田監督らしい演出があれば教えてください。 私はこの作品に入る直前まで別の仕事で少しシリアスな役をしていたからか、最初声を出してみたら、いつもより低い声になっていたみたいで。なので、オーディションのときの声を聞かせていただきながら、ミライちゃんの声を調整していったのですが、そこでの細かい演出は細田監督ならではだと思いました。 ――というのは? 細田監督は1シーンごとに、私たちがいる収録ブースに来てくださるんです。そこで、もうちょっとデフォルメしてとか、ここはこういうふうにとか、演出をしてくださるんですよね。そうやって監督が私たちのもとに来て直接演出してくださると、細かいニュアンスが伝わっ...more
カテゴリー:

加藤シゲアキ「恩師」からのメッセージに涙 - 07月16日(月)06:15 

7月15日に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に加藤シゲアキがゲスト出演。若かりし頃出演したドラマで大失態を演じた過去が明らかとなった。 【写真を見る】加藤シゲアキの恩師/2010年ザテレビジョン撮影 この日のテーマは「正直あの人の事が苦手ですSP」。加藤は今から17年前、あの名作ドラマ「3年B組金八先生」(TBS系)に、生徒役の一人として出演。 とあるシリアスなシーンの撮影中、あろうことか現場に持ち込んでいた加藤の携帯電話から大音量の着信メロディーが流れてきた。 当然その場で撮影が止まり、やり直しすることに。だが、芝居のリズムが崩れてしまったのか、金八先生役・武田鉄矢が納得のいく芝居が決まらず、結果10テイク以上続いたという。 撮影後、連帯責任ということでクラス全員で謝罪に行くと武田は「いいよ、いいよ」と声を掛けた。その言葉が許してくれた意味なのか、怒りを通り越した反応なのか、いまだモヤモヤしたままとのこと。 スタジオでは武田本人の登場ではなく、武田からの手紙が寄せられた。そこには加藤への叱咤(しった)激励、ユーモアを交えたメッセージ、作家・加藤シゲアキへの言葉などが記され、その内容に加藤は薄っすら目に涙を浮かべて聞き入っていた。 加藤は「自分の学校の先生より覚えている、だからこそ申し訳ないという気持ち」と改めて反省の言葉を。 ネット上では「やば、もらい泣きした...more
カテゴリー:

【アニメ】 アニメでそれ言っちゃう? 視聴者すらも心配する「ラストピリオド」のギリギリまで攻めたシーン7選 - 07月20日(金)22:04  moeplus

ニュース 2018.7.18 Wed 21:45 (C)Happy Elements K.K/LAST PERIOD ANIMATION PROJECTTVアニメ『ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-』 https://animeanime.jp/article/2018/07/18/38799.html 最終話の放送を終えたTVアニメ『ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-』(以下、ラスピリ)がギリギリまで攻めているとネットで話題を呼びました。 原作はHappy Elementsが2016年5月にリリースしたスマートフォン向けアプリゲーム。絶望から生まれた魔物「スパイラル」を倒すことができる唯一の存在「ピリオド」を目指す少年・ハ...
»続きを読む
カテゴリー:

突如として水中から浮かび上がったのは、180年後の戦争から逃れてきた人々だった...SFスリラー『The Crossing』 - 07月17日(火)20:00 

『The Crossing(原題)』は米ABCで今年4月から6月にかけてシーズン1が放送された、人気シリーズ『LOST』を彷彿とさせるSFミステリードラマ。コメディアンとしても知られる俳優スティーヴ・ザーンが従来のイメージを捨て、シリアスな保安官を演じて話題となった。【関連記事】 ABC作品紹介:『キャッスル』ロブ・ボーマン監督のSFサスペンス『The Crossing』◆ビーチに数百の遺体 辺りに海難事故もなく第1話ではオレゴン州の漁村近くの浜に、突如として数百体の遺体が打ち上げられる。保安官のジュード・エリス(スティーヴ・ザーン)が駆け寄ると、まだ息をしている者たちが...こうして合計47名の生存者が保護される。そのうちの一人、8才の女の子リア(ベイリー・スコッドッジュ)は、母親とともに戦乱から逃れて来たと証言。「ここでは戦争なんて起きていない」と諭すジュードに、リアは「これから起こるよ」。彼らの正体は、180年後のアメリカから亡命してきたタイムトラベラー。未来のアメリカは、遺伝子改造で超人化した人間「エイペックス」たちが、ふつうの人類を虐殺する惨事に陥っていた。亡命者たちは時空を超えて避難してきたのだ。異常な事態を把握した米国土安全保障省は、調査官エマ・レン(サンドリーヌ・ホルト)を現地に派遣。生存者に親身になるジュードは、亡命者たちを犯罪者予備軍として扱う彼女と激しく対立す...more
カテゴリー:

そんなゆるさで大丈夫!? 映画「ビルド」「ルパパト」キャストコメンタリー予告が公開 - 07月16日(月)14:20 

8月4日(土)公開の映画「劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)」「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アン フィルム)」から、犬飼貴丈、赤楚衛二、伊藤あさひ、結木滉星によるキャストコメンタリー予告が公開された。 【写真を見る】テレビ朝日「夏祭りスペシャルイベント」でくっつく伊藤あさひと結木滉星 これは、作品に登場する犬飼&赤楚(「ビルド」)、伊藤&結木(「ルパパト」)が予告映像に合わせ、それぞれが自らの演じる役のまま映画の魅力をテンポよく解説するというもの。「ビルド」のテレビシリーズでは冒頭でキャラクターたちがこれまでのあらすじを紹介しているが、そのノリのまま今回の劇場版予告でもトークを繰り広げている。 「ビルド」コメンタリー予告は、「この夏!全世界待望!て~んさい物理学者の桐生戦兎の映画がはじまる!」という、犬飼によるいつもの“戦兎節”に対し、龍我(赤楚)が「のんびり宣伝している場合じゃないだろ!」とツッコむやり取りからスタート。映画のシリアスな映像とは裏腹に、終始ゆるい掛け合いが行われている。 一方の「ルパパト」コメンタリー予告では、魁利(伊藤)と圭一郎(結木)が登場。テレビシリーズをはじめ映像では快盗と警察として何度もやり合っている二人だが、声だけでのやり取りは新鮮だ。「ボンジュールお巡りさん!」(魁利)、「出たな...more
カテゴリー:

三浦春馬が「共演できたのは感慨深かった」と語る子役出身の俳優とは? - 07月16日(月)07:00 

初めて『銀魂』ワールドに入り、新キャラを演じた三浦春馬さん。『銀魂2』から新たに登場した、真選組の伊東鴨太郎を演じる。大ヒットした映画のパート2から参加することに対して、プレッシャーはあったのだろうか。映画への思いを伺いました。 「なかったです、全然(笑)。もちろん、福田組(福田雄一監督)は初めてですから緊張感はありましたけれど、でも長らく福田監督から“一緒に仕事がしたい”とお声がけをいただいていたので、やっと参加できるという喜びのほうが大きかったです。しかも、真ん中にいるのは小栗旬さん。僕は小栗さんと一緒だったらいつどんな作品でも参加したいと思っているので、そこも嬉しかった。そして、いただいた鴨太郎という役柄も、すごく魅力的でやりがいのあるキャラクターで。今まで、彼のようなヒールはあまりやったことがなかったので、いろんな意味で、モチベーション高く、現場に臨むことができました」 福田組の現場の清々しさは、まるで部活のようだった?! そんな期待高まる状態で入った福田組は、予想を上回る楽しさだったそう。 「なんか、部活に通ってるみたいな現場でした。清々しくて、毎日気持ちよく終わって、美味しくごはんが食べられる感じ。福田さんは、演出方法はもちろん、ちょっと気がついたことなども、すべてきちんと提示してくれる。全部が直球勝負なんですね。だからなにか悩んだとしても、それをちゃんと現場で解決で...more
カテゴリー:

【秘話】『銀魂』監督が「最初から決めていた」二人の俳優とは? - 07月15日(日)22:00 

ゲラゲラ笑えるし、でもカッコよさもちゃんとあり、そしてクライマックスでは思わずホロリとさせられて…。前作の映画『銀魂』のヒットの秘密を福田雄一監督が語ります。 ――まず、1作目の大ヒットの感想をお聞かせください。 福田:僕的には、いろんなことのバランスが整ったことがヒットの理由だと思っています。適度に笑え、適度にカッコよく。そのミックス具合が良かったのではないでしょうか。僕自身は、“かっこよくて面白い”という価値観が大好きなんです。ベタなんですが、刑事ドラマでいうなら『あぶない刑事』的な、“すげぇカッコいいんだけど、すげぇ笑える”っていうのが、本当に好きで。『銀魂』も、まさにそれなんですよね。カッコいい男が出てきて、カッコいいことだけをやるのは、『銀魂』ではない。その『銀魂』の世界観と、僕の好きな“カッコよさと笑い”というバランスが、本当に奇跡のようにピタッときた。僕自身で分析をするなら、そこだったのでは、と思います。 ――他の福田監督の作品に比べると、笑いの部分で、“絶妙のラインまで行って、戻ってくる”という押し引きが、非常に気持ち良かったです。 福田:確かにそこは結構気をつけた部分かもしれません。割と僕は今まで、ギャグ色が濃い作品を手がけているんですが、『銀魂』に関しては、もっと広い層にお届けしたいという気持ちがあったので、自分の笑いというか、“福田テイスト”をガシガシと出し...more
カテゴリー:

もっと見る

「シリアス」の画像

もっと見る

「シリアス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる