「ション作品」とは?

関連ニュース

細田守監督作品『未来のミライ』公開記念! みんなが知りたい「未来」って? - 06月21日(木)17:00 

是枝裕和監督の映画『万引き家族』が最高賞であるパルムドールを受賞して話題になった第71回カンヌ国際映画祭。このカンヌ国際映画祭の期間中に並行開催されていた「監督週間」で唯一アニメーション作品として選出され、負けず劣らずの注目を集めていたのが、細田守監督作品の『未来のミライ』です。 そこで今回は、7月20日に『未来のミライ』が公開されるのを記念して、「未来」という検索ワードについて掘り下げてみたいと思います。 「未来」について最も多くの人が検索したのはいつ? まずは検索ワード「未来」の直近1年間における検索数推移を、dメニューの検索ログから見てみましょう。期間は2017年6月1日~2018年5月31日です。 目につくのは今年1~2月にかけての急速な検索数増ですが、この時期にあった大きなイベントといえば、2月に韓国で開催された2018平昌冬季五輪(平昌五輪)ですね。 平昌五輪では米国代表として「長洲未来」がフィギュアスケートの女子団体フリーに出場して銅メダルを獲得しましたが、これが急激な検索増につながったと予想できます。「長洲未来」については後ほど詳しく解説しましょう。 「未来」を含む検索ワードで最も多かったのは? それではここで、直近1年間で「未来」を含む検索ワードにはどんなものが多かったのかについて、ランキング形式で見てみましょう。 1位 志田未来 2位 長洲未来 3...more
カテゴリー:

知英、日米合作アクション映画で殺し屋に「新しいジャンルに注目してほしいです」 - 06月20日(水)08:00 

 女優で歌手の知英が日米合作映画『殺る女』(10月27日公開)に主演することが、わかった。日本や韓国をはじめ、アメリカ、フィリピン、タイ、デンマークと各国のスターが共演し、世界をターゲットにしたアクション作品となる。 【写真】冷たい眼差しで銃を向ける知英  幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)が殺し屋となり、犯人を探し出そうとする復讐劇。アクションに定評のある女優の武田梨奈、LAの映画祭で最優秀主演男優賞を受賞した俳優の駿河太郎、元K−1選手のニコラス・ペタス、そしてセリーヌ・ディオンと共演しオプラ・ウィンフリーに「世界一才能のある少女」と言わしめた歌手シャリースも出演する。  知英は「今回もまた今までにない役どころの挑戦をさせてもらいました。小さい頃から心の闇をかかえた復讐を誓う殺し屋の役です、とてもシリアスな役を演じています」と自身の役柄を紹介。英語のせりふもあるバイオレンスエンタテイメントという新境地への挑戦となるが「新しいジャンルの知英の演技に注目してほしいです、そして観くださる方それぞれの見方をしてもらえたらと思います」と自信を見せている。  監督は、『夢二 愛のとばしり』で、アメリカ・ロサンゼルスにて開催されている「Japan Film Festival LA 2015」において最優秀作品賞を受賞した宮野ケイジ氏。7月12日から韓国で開催されるプチョン国際...more
カテゴリー:

DJ KOO、「TOKYO BON」で話題の『COOL JAPAN TV』とTRFリミックス作品をリリース - 06月19日(火)12:33 

DJ KOOと、世界的な盆踊りムーブメントを巻き起こしている「TOKYO BON 2020」をプロデュースした『COOL JAPAN TV』が、初のコラボレーション作品をリリースすることを発表した。共同制作を進める...
カテゴリー:

Huluオリジナルアニメーション作品Hulu×トンコハウス「ピッグ -丘の上のダム・キーパー」アヌシー国際アニメーション映画祭2018TV部門でグランプリのクリスタル賞受賞! - 06月18日(月)12:18 

[HJホールディングス株式会社] アヌシー国際アニメーション映画祭は、毎年6月にフランスのアヌシーで開催されるアニメーションを専門に扱う国際映画祭で、過去には映画部門で宮崎駿監督の『紅の豚』や、高畑勲監督の『平成狸合戦ぽんぽこ』など...
カテゴリー:

米HBO『Succession』NYの富豪一族がスリリングな権力争い 巨大メディアを継ぐのは? - 06月16日(土)20:00 

米HBOの『Succession(原題)』は、巨大メディア・コングロマリットを経営する一族の生活を描いたフィクション作品。「相続」「継承権」を意味するタイトル通り、一大メディア企業が誰の手に落ちるかをめぐる駆け引きから目が離せない。頑としてCEOの座を譲らない父親と、彼の引退を意識し虎視眈々と次期トップを狙う子どもたち。金と地位への執着を見せる富豪一家の駆け引きが、スリルの中に哀愁を誘う。【関連記事】 HBO、オスカー受賞スタッフと次々に社会派ドラマを制作へ◆引退を翻したCEO v.s. 執念の一族ニューヨークに本拠を構える複合メディア企業のトップを務める富豪、ローガン・ロイ(ブライアン・コックス『戦争と平和』)。自らの能力のみを信じる彼は、引退を表明する予定だった誕生日のパーティーの席で、向こう5年間はCEOの座に留まることを発表する。CEOになる予定だった息子のケンドール(ジェレミー・ストロング『グッド・ワイフ』)をはじめ、縁故による昇格を期待していた4人の子どもたちは混乱。そればかりか叔母に権力を与える発言も飛び出し、一族は緊張と波乱の渦に巻き込まれる。本作は、富豪の暮らしぶりにシニカルな視線を注いでいるのが特色。野球場のシーンにて、一族の一人のローマンは、ホームランを打てば100万ドルを支払うとラテン系従業員の息子に約束。金持ちなりの応援かと思えるのも束の間、三塁打に終るや...more
カテゴリー:

『若おかみは小学生!』ゲスト声優に薬丸裕英、鈴木杏樹、設楽統ら - 06月21日(木)15:01 

「講談社青い鳥文庫」で累計発行部数300万部を誇る人気シリーズ「若おかみは小学生!」(原作:令丈ヒロ子/絵:亜沙美)。すでにテレビアニメ化に続き、映画化も発表されているが、新たに劇場版アニメ『若おかみは小学生!』のゲスト声優が発表された。 本作は、交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子おっこが、ユーレイのウリ坊やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わったお客様をもてなすために、若おかみとして日々奮闘しながら、少しずつ成長していく様子を描いた笑いあり涙ありの物語。 『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』など、数多くのスタジオジブリ映画の作画監督として知られる高坂希太郎が『茄子 アンダルシアの夏』(03年)以来15年ぶりに本作で、劇場公開作品の監督をつとめている。 劇場版にはテレビアニメ版に引き続き、小林星蘭(おっこ役)、水樹奈々(秋野真月役)、松田颯水(ユーレイのウリ坊役)が声優をつとめることが明かされているが、今回新たに薬丸裕英、鈴木杏樹、ホラン千秋、設楽統(バナナマン)、山寺宏一らの出演が発表された。 薬丸が演じるのは、おっこ(関織子)の父・関正次役。鈴木が、おっこの母・関咲子役。ある出来事からスランプに陥った占い師の客、グローリー・水領役にホラン千秋。おっこが若おかみ修業する花の湯温泉の旅館「春の屋」を訪れ...more
カテゴリー:

「インクレディブル・ファミリー」、初週の週末興収199億円 アニメで過去最高 - 06月19日(火)14:20 

ディズニー/ピクサーのCGアニメ映画「インクレディブル・ファミリー」が公開後最初の週末、米国内で1億8000万ドル(約199億円)の興行収入を記録した。アニメーション作品の過去最高額を4500万ドル上回り、歴代1位となった。 これまでの最高額は同じくピクサーが手掛けた「ファインディング・ドリー」が2016年に記録した。6月の公開作品としては15年の「ジュラシック・ワールド」に次ぐ2位。 アニメ...
カテゴリー:

スタジオより先にCG学校を作り人材を育てた! ハリウッド帰りのタイのクリエイター達がいつか日本を追い越す日 - 06月19日(火)11:30 

 世界のアニメーションの主流が3DCGになりつつある今、我々の目にする作品のうちの少なくない数が、実は東南アジアの国、タイで制作されているという。 現在タイでは、ディズニー/ピクサーやルーカスフィルムのILM(インダストリアル・ライト&マジック)を始めとしたハリウッドの3DCGアニメーションスタジオで経験を積んだCGアーティストたちが最先端のスキルを身に付け、帰国後に地元タイでスタジオを開いている。さらに子どもの頃からコンピューターをおもちゃ代わりにして育った新たな世代も巻き込み、次々とハイクオリティーな3DCG作品を送り出しているのだ。  タイのクリエイターたちの仕事の舞台は、ハリウッドの映画・TVシリーズのVFX、3DCGアニメからミュージックビデオ作品、日本の遊技機のCGアニメーションまで幅広い。そんなタイのCGスタジオが他のアジアの国に比べて発展した背景には、早くからCG学校が作られ、今では大学でCGを学ぶことができる教育や、幼少の頃から日本のアニメやハリウッドの作品に触れられる自由な文化などがある。  ドワンゴ・吉川圭三とジャーナリストの数土直志が、今後のアニメーションの行方を明らかにする連載の第3回では、バンコクにあるタイを代表するCGスタジオであるThe Monk Studio、Imagimax Studio、RiFF Animation Studioを訪...more
カテゴリー:

木村佳乃、中川翔子、森崎ウィンらも登壇!ショートフィルムの映画祭、アワードセレモニー開催 - 06月17日(日)20:46 

今年で20周年を迎えた米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018」(SSFF & ASIA)で、ジョージ・ルーカス監督の名を冠したグランプリ「ジョージ・ルーカス アワード」受賞作を発表するアワードセレモニーと、レッドカーペットイベントが開催。木村佳乃や小池百合子東京都知事、千葉真⼀、ノミネート監督や豪華俳優が来場した。 【写真を見る】叶美香は大胆スリットのセクシードレスで美脚を披露! 小池都知事は「ショートショート フィルムフェスティバル & アジアがちょうど20周年を迎えられ、東京都も主催の一部といたしまして、応援をして参りました。こんなに大勢のみなさんにお越しいただき、都知事としても大変うれしく思っております」と挨拶をした。 栄えある「ジョージ・ルーカス アワード」を受賞したのは、アジアインターナショナル部門優秀賞(東京都知事賞)受賞作『カトンプールでの最後の日』で、次年度の米国アカデミー賞短編部門ノミネート候補作品となる。 本作を手掛けたシンガポールのイーウェイ・チャイ監督は「予想外のことで圧倒されています。本当にありがとうございました。夢が現実になったみたいです」と大喜びでトロフィを握りしめた。 ジャパン部門優秀賞は小原正至監督のアニメーション作品『THE ANCESTOR』が、インターナショナル部門の優秀賞はイタリア...more
カテゴリー:

『リメンバー・ミー』おばあちゃんの武器がスプーンからサンダルに変わった理由とは? - 06月15日(金)17:03 

今年3月16日に公開となり、興行収入49億円超の大ヒットを記録したディズニー・ピクサー最新作『リメンバー・ミー』。この映画のMovieNEXが7月18日にリリースされることを記念し、映画本編より、主人公ミゲルとおばあちゃんのとあるシーンと、MovieNEXのボーナス映像の中から、そのシーンの演出裏話が明かされるメイキング映像が解禁となった。 本作の主人公は、ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。だが、彼の家では、ある悲しい出来事がきっかけで生まれた<厳格な家族の掟>によって、ギターを弾くどころか、音楽を聴くことすら禁じられていた。特に大家族のまとめ役で、孫のミゲルを溺愛するエレナおばあちゃんは、「ミゲルを音楽から守る」ためなら、どんなことでもしてしまう。 解禁となった本編映像は、エレナおばあちゃんがミゲルから音楽を何が何でも遠ざけようとする強い意志が感じられるもの。公園で、靴磨きをしていたミゲルは、お客であるマリアッチ(メキシコの楽団)の一員から「君の腕前を見せてくれ。最初の観客になろう」とギターを手渡される。うれしくなったミゲルは早速ギターの腕前を披露しようとするが、その瞬間に何とエレナおばあちゃんが現れ、履いていたサンダルを脱いで右手に持ち替えると、「うちの孫にちょっかいを出すな!」とマリアッチの頭をパカンと一撃! それにしても、なぜ、エレナおばあちゃんは、ミゲル...more
カテゴリー:

もっと見る

「ション作品」の画像

もっと見る

「ション作品」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる