「シネマズ六本木ヒルズ」とは?

関連ニュース

大泉洋、キム・サンホと日韓相撲対決!? 井上真央の真相暴露に観客爆笑 - 06月22日(金)19:30 

 劇作家・演出家の鄭義信が長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲を映画化した「焼肉ドラゴン」が6月22日、全国160館で封切られた。鄭監督をはじめ、キャストの真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、大谷亮平、大江晋平は、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた初日舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  高度経済成長期真っただ中の日本を背景に、関西の地方都市の一角にある小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」で、故郷を奪われた家族6人が時代の波に翻ろうされながらも力強く生きる姿を描く。舞台版の初演が行われたのは、2008年のこと。鄭監督は、その10年後に映画版の初日を迎えた心境を問われると「本当に感無量です。10年は長い月日にも感じられますが、あっという間にも思える。本作の撮影も約1年前なんですが、それも遠い夢のようだった気がしますし、まるで昨日のことような気もしています」と思いの丈を述べていた。  「焼肉ドラゴン」の大黒柱・龍吉を演じたキム・サンホと、撮影を通じて深い絆で結ばれた大泉。来日したキムが登壇したイベント(5月22日開催)の話題が飛び出すと「私はイベントに出れなかったんですが、夜開かれた食事会には行ったんです」と振り返った。「『映画会社の金でメシだけ食べにきたのか』と悪口を言われましたね(笑)。その後、えらい飲んで大変だった...more
カテゴリー:

大泉洋“独り相撲”韓国俳優に勝負挑むも相手されず - 06月22日(金)18:58 

 井上真央(31)が22日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画「焼肉ドラゴン」(鄭義信監督)初日舞台あいさつで、大泉洋(45)が共演した韓国の俳優キム・サンホ(47)が来日した際、一緒に飲んで酔った揚げ句“日韓相撲対決”を…
カテゴリー:

「万引き家族」是枝裕和監督、安藤サクラの身に起こった反射に心躍らす - 06月22日(金)00:00 

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞となるパルムドールを受賞した是枝裕和監督が6月21日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた「万引き家族」(公開中)のティーチインイベントに登壇した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  12日に興行収入10億円を突破、14日には観客動員が100万人を超えた今作。現在は全国325館(330スクリーン)で公開されており、20日までの累計動員は171万6051人、興収は早くも20億8933万7400円を記録している。そして希望が殺到していた英語字幕版の上映が、23日から新宿バルト9でスタートすることが決定。この日のイベントの前には、いち早く英語字幕版をがお披露目され、観客のなかには外国人の姿も多く見受けられた。  「新作が公開されるたびに、ティーチインを劇場でやることにしている」という是枝監督は「国内と海外、それぞれのオーディエンスの印象は?」と問われると「受け取っていただく感覚は、どちちも変わらないと思っている」と回答。「歩いても 歩いても」「海よりもまだ深く」といったある種“ドメスティック”な過去作を例に出し「そういう作品でも、色々な齟齬はあるんでしょうけど、20年やってきて、軸はぶれずに伝わっているという実感を持っている。『超えられる』という確信を持って、作っています」と語っていた。  さらに“家族”とい...more
カテゴリー:

「バキ」に麦人、川原慶久、雨宮天、古谷徹が出演 闘士と死刑囚が入り乱れるキービジュアル完成 - 06月21日(木)04:00 

 テレビアニメ「バキ」に登場するキャラクターとキャストが追加発表された。地下闘技場の支配人である徳川光成役を麦人、“空手界の最終兵器”と評される愚地克巳(おろちかつみ)役を川原慶久、主人公の範馬刃牙(はんまばき)と親密な同級生の松本梢江役を雨宮天が担当し、ナレーションを古谷徹が務める。  原作は板垣恵介氏による人気格闘漫画「刃牙」シリーズの第2部。アニメ版第1話「シンクロニシティ」では、地下格闘技トーナメントの激闘をくぐり抜けた刃牙が、「敗北を知る」ために世界各国の刑務所を脱獄した最凶の死刑囚5人が、一斉に東京を目指していることを徳川から知らされる。  このほど、地下格闘技の闘士たちと最凶死刑囚が入り乱れて激突するキービジュアルや、「GRANRODEO」が歌うオープニング主題歌「BEASTFUL」と、田所あずさのエンディング主題歌テーマ「RESOLVE」を使用したプロモーションビデオも公開されている(https://youtu.be/ZI5sVsdU3mI)。  また、本編第1話をMX4Dで上映する「TVアニメ『バキ』放送記念・MX4Dバッキバキ体感上映会」が、TOHOシネマズ六本木ヒルズで、6月30日午後6時45分と午後8時30分に開催されることも決定した。刃牙役の島崎信長によるトークショーや、“地上最強の生物”と恐れられる刃牙の父親・範馬勇次郎役のキャスト発表も行われる。...more
カテゴリー:

竹内涼真「俺を落としてみなよ」に会場が熱狂! - 06月19日(火)13:26 

映画『センセイ君主』スペシャルイベント&完成披露舞台挨拶が6月17日に六本木ヒルズアリーナおよびTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行なわれ、竹内涼真、浜辺美波、佐藤大樹、川栄李奈、新川優愛、月川翔監督が出席した。 本作は、幸田もも子の人気コミックを、映画『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督が実写映画化。告白7連敗中の恋に恋するパワフルな女子高生・佐丸あゆは(浜辺)が、ふとしたことがきっかけで、好きになってしまったひねくれ者の数学教師・弘光由貴(竹内)と出会ったことから巻き起こる恋愛模様を描いたラブコメディ。 天候が悪いにも関わらず、大勢の女性ファンが詰め掛けた本イベント。大スクリーンに予告編が流れただけで、大歓声が上がるなど、キャスト登場前から会場のテンションはマックスに。 そうした中、登場した竹内は、客席に向かって「俺を落としてみなよ」と劇中のセリフを発言し、さらに観客をあおると、初の教師役について「やっとです。だんだんと制服は着なくなっていくんですね」としみじみ。続けて「先生と生徒の距離感を意識しました。あゆはの“直球の好き”をいなしながら、適度な距離を保っていくんです」と役へのアプローチ方を語る。 一方、これまでのイメージとは違うコメディ色の強い役柄を演じた浜辺は「とにかく明るい女の子なので、ちょっとでも戸惑いがあるとダメだと思いました。原作も大好きだったので、台本を開く...more
カテゴリー:

大泉洋「酔うと相撲を取っちゃう!」気になる勝敗について井上真央から意外すぎる回答 - 06月22日(金)19:05 

数々の演劇賞に輝いた舞台を映画化した『焼肉ドラゴン』の初日舞台挨拶が6月22日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、大谷亮平、大江晋平、鄭義信監督が登壇。大泉が「相撲を取った!」と共演者のキム・サンホとの交流を明かすも、井上が「相手にもされていません」とバッサリ。意外な勝敗の行方に大泉も会場も大爆笑となった。 【写真を見る】真木よう子、井上真央、桜庭ななみの“美人3姉妹”華やかコーデ! 本作は、高度成長期の真っ只中の昭和45年を舞台に、小さな焼肉店を営む家族が時代の波に翻弄されながらも力強く生きる姿を描く人間ドラマ。 日韓の俳優たちが集い、絆を育みながら撮影に臨んだというキャスト陣。父親役のキム・サンホがキャンペーンで来日した際には、大泉や井上らも一緒に会食を楽しんだという。大泉は「えらい飲んで。大変だったんですよ」とベロベロに酔っ払ったそうで、「私は酔っ払うとなぜか相撲を取っちゃう。韓国対日本で相撲を取っちゃった」と告白。井上は「しっかりと動画に収めました」と見守り役となったことを明かした。 大泉は「俺、覚えてないんだけど、勝敗はどうだったの?」と記憶にないそうで、井上が「勝敗というか…。“ジャパニーズ相撲”、“ジャパニーズ受け身”って言って、ひとりでやっていた。アボジ(お父さん)はまったく見ていなかったです!」と実は大泉の独り相撲だ...more
カテゴリー:

真木よう子「泣きそう」父役の韓国俳優の手紙に涙 - 06月22日(金)18:51 

 真木よう子(35)が22日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画「焼肉ドラゴン」(鄭義信監督)初日舞台あいさつで、劇中で父役を演じた韓国の俳優キム・サンホ(47)からの手紙に涙ぐんだ。  キムはスケジュールの都合が合わず、…
カテゴリー:

「万引き家族」是枝裕和監督、安藤サクラの身に起こった“反射”に心躍らす - 06月22日(金)00:00 

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞となるパルムドールを受賞した是枝裕和監督が6月21日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた「万引き家族」(公開中)のティーチインイベントに登壇した。12日...
カテゴリー:

竹内涼真「俺を落としてみなよ」に会場が熱狂 『センセイ君主』舞台挨拶 - 06月19日(火)14:40 

映画『センセイ君主』スペシャルイベント&完成披露舞台挨拶が6月17日に六本木ヒルズアリーナおよびTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行なわれ、竹内涼真、浜辺美波、佐藤大樹、川栄李奈、新川優愛、月川翔監督が出席した。
カテゴリー:

浜辺美波、憧れの北川景子との共演に感激!竹内涼真は山田裕貴の存在を猛アピール - 06月18日(月)20:36 

累計発行部数210万部を突破する人気コミックを『君の膵臓をたべたい』(17)の月川翔監督が映画化した『センセイ君主』(8月1日公開)の完成披露舞台挨拶が6月18日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、竹内涼真、浜辺美波、佐藤大樹、川栄李奈、新川優愛、月川翔監督が登壇。浜辺が「憧れの女優さんが出てくださっている」と本作に北川景子が出演していることを明かした。 【写真を見る】竹内涼真、手を振りまくり!サービス精神旺盛な姿に会場も大盛り上がりだった 本作は、“ヒネクレ者のイケメン教師”と恋に恋する“パワフルヒロイン”の2人が織りなす恋をハイテンションに描くラブコメディ。竹内は「実は山田裕貴くん、出ております」とこれまで明かされていないキャストを発表。「予告にもちょっと出ているのかな。劇中に出てくる雑誌で、女性の胸に顔をうずめている。お願いだから見つけてあげてください。小さい、数秒の役でも引き受けてくださった」と山田に感謝しつつ、猛アピールしていた。 すると浜辺も「大女優さんが出てくださっている。美しくて、私の憧れの女優さんなんですけど」と口火を切り、「なんと北川景子さんが出てくださっている」とコメント。「20〜30秒出ています。そこも注目して観ていただければ。私が合唱コンクールに向けて特訓している時に、ふいに現れる謎の女役です。北川さんが出ているから、そのシーンがめちゃくちゃ膨れ上が...more
カテゴリー:

もっと見る

「シネマズ六本木ヒルズ」の画像

もっと見る

「シネマズ六本木ヒルズ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる