「システム」とは?

関連ニュース

沢村一樹、月950歳初主演報道に「ワクワクした」 - 07月16日(月)06:20 

 現在放送中の月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』で主演を務める俳優・沢村一樹。本作の第一報が出た際、“50歳で月9初主演”というフレーズが大きく取り上げられたが、沢村は「50歳という数字があんなにメディアで踊るとは思っていなかった」と苦笑いを浮かべつつも「でもこの数字が取り上げられて、実はワクワクしているんです」と語った。そこにはどんな思いがあるのだろうか――真意を聞いた。【写真】沢村一樹、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』インタビューフォトギャラリー 本作で沢村が演じる井沢範人は、AIが統計学的に、殺人を犯す可能性が高い危険人物として割り出す“未然犯罪捜査システム=ミハンシステム”の実用化プロジェクトの一員としてチームのリーダーを任された男だ。 「この話をいただいたとき、正直とても驚きました」と沢村は語ると「最初『刑事もの?』と思ったんです。ジャンル的にも多いし、僕自身もしっかり(過去の作品との)演じ分けができるのか不安だったんです。しかも月9ですからね」と理由を説明する。 しかし、制作陣の話を聞き「なにか新しいものに挑戦したいという空気が伝わってきた」と心が動いたという。さらに「内容を聞くと、おとぎ話みたいな刑事ドラマになってしまう危険性があるなか、台本を読ませていただくとリアリティもあり、なによりすごく面白かった」と時間と共に、不安は完全に消え去った。 沢村は「みんなが...more
カテゴリー:

佐野岳『絶対零度』で月9初出演!イメージと真逆の役に「嫌いにならないで」 - 07月16日(月)05:00 

俳優の佐野岳が、沢村一樹の主演ドラマ『絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第3話(7月23日放送)に、ゲスト出演することが決定した。本作は、『絶対零度』シリーズの7年ぶりとなる新作で、これまで主人公の女性刑事・桜木泉を演じてきた上戸彩から、月9初主演となる沢村にバトンタッチ。「未来の犯罪の予測と捜査」をテーマに、沢村演じる元公安のエリート刑事・井沢範人の率いる“未然犯罪捜査チーム”が、未然犯罪捜査システム「ミハン」の割り出した危険人物を秘密裏に潜入捜査。これから起こるであろう重大犯罪を未然に防いでいく。月9初参加となる佐野が演じるのは、名門・私立栄明大学薬学部4年生の湯川司という人物。物語は、「ミハン」が新たな危険人物として割り出した若槻真帆(柴田杏花)を井沢たちが捜査するところから始まる。真帆は、私立栄明大学の学生だったが、1年前にビルから飛び降り自殺を図り、現在も意識不明のまま入院中。そんな動けるはずのない真帆のスマホから、彼女の所属するテニスサークルのSNSグループに「復讐してやる」というメッセージが送られてきた。さらに、真帆のスマホから、大量の医療用ニトログリセリンが購入されていたことが判明。井沢(沢村)は、何者かが真帆になりすまして、復讐をしようとしているのではと思い立つ。その頃、井沢の部下である山内徹(横山裕)は、テニスサークルの代表を...more
カテゴリー:

【PC】ビットコインの暴落でハイエンドGPUの価格も下落 - 07月15日(日)22:08  bizplus

ゲーム用のハイエンドグラフィックボードは、その処理能力の高さから、仮想通貨のマイニングリグ(マイニング専用コンピューター)には欠かせない。2017年の終わりから2018年の初めにかけて、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨が空前の高値を付けたことで、こうしたグラフィックボードがかなりの品薄になった。 だが、ここへ来て流れが逆転しているらしい。仮想通貨相場の暴落を受けて、グラフィックボードも価格が下がり、供給が増えているようだ。  米調査会社Jon Peddie Researchのデジタルメディア担当マネージャー、C....
»続きを読む
カテゴリー:

イラストに釘付け!東大「あかちゃんラボ」監修、赤ちゃんが好きな絵本って? - 07月15日(日)21:30 

Photo by It Mama 泣いているわが子を前にまだ話せない赤ちゃんとのコミュニケーションに困った経験があるママも多いのでは? そこで今回It Mama編集部は、赤ちゃんの“発達の謎”に迫るべく、ママライターのyurinaさん&1歳4ヶ月のお子さんと一緒に、東京大学にある『あかちゃんラボ』に伺ってきました! そして「あかちゃんラボ」の室長であり、東京大学大学院 総合文化研究科 広域システム科学系 教授の開(ひらき)教授に、「あかちゃん学絵本プロジェクト」に関する秘話も伺いましたのでご紹介します。 ▼「東京大学あかちゃんラボ」とは?何を研究しているの? 「あかちゃんラボ」とは、赤ちゃんたちが発達していく過程で、感情やコミュニケーション能力、“自分”と“他人”の理解などをどのように獲得し、成長していくのかを科学的に調査・研究している研究室です。 その研究室は、東京大学駒場キャンパス内にあります。研究室はプレイルームのようになっており、赤ちゃんが遊べるおもちゃや絵本の他に、研究の際に使用する機械やモニターなどもあり、年間約300人以上の赤ちゃんが訪れているそう! 出典:あかちゃんラボ(東京大学 開一夫 研究室) ここでの研究は、人間の認知的活動の解明およびその工学的・社会的展開を目的に行われ、研究に参加した赤ちゃんは、ママと一緒にモニターに流れる映像を見て、どのような目の動き...more
カテゴリー:

都市対抗野球:ホンダ鈴鹿 成長の2年目右腕・滝中 - 07月15日(日)20:33 

 ●ホンダ鈴鹿(鈴鹿市)1-4三菱日立パワーシステムズ(横浜市)○(15日)  ホンダ鈴鹿の3番手・滝中が完璧な投球を披露した。3点を追う六回1死から登板し、最速151キロの切れのある直球を低めに集めた。七回の3者連続を含む6奪三振。前回大会は1回戦で先発したが、3回2失点で降板した。今年は体の開き
カテゴリー:

木と布がテーマ。シーンに応じ最適な音楽空間を演出する「WS-A70」 - 07月16日(月)05:58 

かつては、その重厚な存在感自体がインテリアとして機能していたオーディオ機器。テクノロジーの進歩やライフスタイルの変化により、邪魔にならないコンパクトさや多彩な機能性が重視されるようになったことに対し、いささか寂しさを感じている大人たちも少なくはないはずだ。そうした世代のニーズにも応じつつ、最新技術やデザインのトレンドを巧みに取り入れた新しい「オーディオ」の形として注目したいのが、TEACの新製品「WS-A70」。美しいウォルナット製の筐体、そしてカラフルなテキスタイルを採用したスピーカーグリルを自在に着せ替えできる、オールインワンネットワークハイレゾオーディオシステムである。 天然ウォルナットとアルミを使用した飽きの来ないシンプルなデザイン 音響機器メーカーのTEACが手がける、ハイレゾ時代にふさわしい質と芸術性を兼ね備えた「本物のオーディオづくり」を標榜する新シリーズ「NEW VINTAGE」。第1弾のネットワークCDプリメインアンプ「Reference7 series NR-7CD」に続く第2弾として登場したのが、「木」と「布」をテーマとしたネットワークオーディオシステム「WS-A70」だ。 まず目を引くのが、大量生産が困難な「180度円形曲げ処理」を行ったエンクロージャーを採用した、天然のウォルナット材によるキャビネットだろう。突板をオイルで仕上げることにより、天然木の風...more
カテゴリー:

シャープ「スマホ売れすぎワロタw」 2018年上半期No.1、シェアは25%超に - 07月15日(日)22:38  news

Andoidスマホ2018年上半期No.1はシャープ、シェアは25%超に  2017年のAndroid搭載スマートフォン年間販売台数No.1メーカーだったシャープが、18年上半期(1月~6月)も首位をキープした。全国の家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、シェアは25.9%。2位のソニーモバイルコミュニケーションズに6.1ポイントの差をつけて、トップに立っている。  これまでキャリアごとに異なっていた製品ブランドを「AQUOS」に統一し、認知度を大きく向上させたシャープ。今年6月には、au/ドコモ/ソフトバンク向けに、動...
»続きを読む
カテゴリー:

日本通運など2回戦へ=都市対抗野球 - 07月15日(日)21:49 

 社会人野球の第89回都市対抗大会第3日は15日、東京ドームで1回戦3試合が行われ、日本通運(さいたま市)、三菱日立パワーシステムズ(横浜市)、JR東日本(東京都)が2回戦に進んだ。 日本通運は1点を追う八回、稲垣の適時打などで3点を奪い、ホンダ熊本(大津町)に4-2で逆転勝ち。三菱日立パワーシステムズは計3本塁打を放って、ホンダ鈴鹿(鈴鹿市)を4-1で下した。JR東日本は5投手で無失点リレーして西濃運輸(大垣市)を3-0で破った。 [時事通信社]
カテゴリー:

その場にとどまりたくなる恐怖体験 夜の美術館で味わう美しいお化け屋敷『THE WITCH』[ホラー通信] - 07月15日(日)21:00 

横浜中華街最大級のエンターテインメント施設、横浜大世界のアートリックミュージアムがお化け屋敷へと変貌。絵画の持つ奇妙な力をテーマに展開されていく、怖いだけではない魅惑的なお化け屋敷が展開されるようです。 <ストーリー> 夜の美術館に訪れたあなたは、1枚の魔女の絵画に魅せられて、不思議な世界へと迷い込む。美術館とは思えない幻想的な空間。甘い誘惑。世にも美しい奇妙な世界の先で、あなたは一体何をみるのか? 『THE WITCH』は、“美しさ”に焦点を当てた女性プロデュースによるお化け屋敷。日本初上陸となる“ダウンステア式”のお化け屋敷となっており、はじめにエレベーターで最上階まで上がり、1フロアずつ下に降りながら楽しむシステム。怖くなって逃げ出したくなっても絶対に全貌を見る羽目になりますね? 会場では、様々な“覗く”演出でドキドキ息を呑む体験や、100本ものキャンドルとオリジナルのアロマに満たされた幻想的な体験ができるようです。館内はフォトジェニックな撮影スポットも用意されているそうなので、想い出の一枚をぜひどうぞ。 このお化け屋敷をプロデュースしたのは、協力型ホラーイベント『サマー・キラー』や、人狼ゲームとホラーを融合させた『ホラー人狼』を開催し成功させた実績のあるホラープロデューサー・夜住(よずみ)アンナさん。彼女の持つ独特の世界感を盛り込んだ、お化け屋敷が苦手な人をも魅了するダー...more
カテゴリー:

都市対抗野球:「大好物」左腕から2発 三菱日立・龍 - 07月15日(日)20:25 

 ●ホンダ鈴鹿(鈴鹿市)1-4三菱日立パワーシステムズ(横浜市)○(15日) 三菱日立パワーシステムズ・龍幸之介外野手(24)  やや外寄りの速球だった。打った瞬間に手応えがあったのだろう。振り抜いた後、右手で持っていたバットを、まるで勝ち力士が手刀を切る所作のごとく、ダッグアウトの方へ軽く払って投
カテゴリー:

もっと見る

「システム」の画像

もっと見る

「システム」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる