「シイタケ」とは?

関連ニュース

これぞ列車旅の醍醐味!コンプリートしたい九州おすすめ駅弁5選 - 06月15日(金)09:00 

ガタンゴトンと揺られながら、車窓からの絶景や季節を運ぶ風を満喫。そんな列車旅の醍醐味といえば、やっぱり「駅弁」。食材の宝庫・九州には、郷土色豊かな駅弁がめじろ押し。知れば断然旅が楽しくなる、そんな観光列車と駅弁5選を紹介! 【写真を見る】九州駅弁グランプリ3年連続1位!『百年の旅物語 かれい川』 ■ 特急『はやとの風』with『百年の旅物語 かれい川』 吉松~鹿児島中央間を結ぶ『はやとの風』は、質実剛健な薩摩隼人をイメージした漆黒のボディが特徴のイケメン列車。客室は車両によって色合いの異なる木材を使用。木の色によってクラシカルな雰囲気だったり、ログハウスのような温かみがあったり。それぞれの趣を見比べるのも楽しい。明治期そのままの姿を残す「嘉例川駅」も見どころ。 『はやとの風』といえば、九州駅弁グランプリで3年連続1位を獲得した駅弁『百年の旅物語 かれい川』(1080円)は外せない。「森の弁当 やまだ屋」が丹精込めた逸品で、竹皮に包まれた弁当の中には、甘く煮た分厚いシイタケ、味噌田楽、コロッケ、地元で「ガネ」と呼ばれるサツマイモの天ぷらなど地元食材にこだわったおかずがギッシリ。1つ1つ手間ひまをかけて作った品々は、手作りならではのやさしい味わい。それでいてしっかりと素材の旨味を引き出しており、その味たるや、まさしく王者の風格。この駅弁のためにここを訪れるファンも多い人気ぶりだ。「嘉例...more
カテゴリー:

さっそく夏バテかも…食欲がなくてもつるんと食べられる水餃子レシピ - 06月13日(水)06:00 

いつの間にか関東も梅雨入りしていて、ジメジメした日が続いていますよね。気温も上がったり下がったりで体調もなんだかイマイチ…。結果、食欲もなくなり、余計に体調管理が難しくなる。そんな悩みを持つママもいるはず。そこでおすすめなのが、“つるん”と食べられる水餃子です。とはいえ、水餃子をイチから作るのは時間がかかってしまうので、冷凍の水餃子を使ったお手軽レシピをご紹介します。 水餃子の卵スープ まずは、とっても簡単な卵スープレシピから。使用する調味料も多くのご家庭にあるようなものばかりなので、簡単です。 【材料】 ・冷凍水餃子…6個程度 ・卵…1個 ・水…300cc ・鶏ガラスープの素…適量 ・塩コショウ…少々 ・ごま油…少々 【作り方】 1)鍋に水を入れて沸騰させたら、鶏がらスープの素を加える 2)1に冷凍水餃子を入れて火を通す 3)さらに溶き卵を加えてひと煮立ちさせる 4)塩コショウで味を調えたら、ごま油で香りづけして完成 もちろん、冷蔵庫の中にニンジンやもやし、ネギなど、余っている野菜があれば使ってもOK。さらに、ニンニクやショウガで風味を加えると、食欲アップにつながりますよ。 水餃子雑炊 続いてのレシピは、丼ぶり一杯でお腹いっぱいになれる雑炊。保存しておいた冷ご飯を賢く消費しましょう。 【材料】 ・冷凍水餃子…4個程度 ・冷ご飯…1/2膳 ・ネギ…適量 ・ニンジン…適量...more
カテゴリー:

本場ベトナムの味を再現した「バインミー」テイクアウト専門店が下北沢にOPEN♩ - 06月11日(月)15:30 

本場ベトナムの味が楽しめるバインミーテイクアウト専門店「BANHMI BA BA(バインミーバーバー)」が、6月11日(月)東京・下北沢にオープンしました♪ 本場ベトナムのファストフード “バインミー”はフランスパンに肉類やたっぷりの野菜、マヨネーズを挟んだヘルシーなファストフード☆ 「世界で最も美味しい屋台料理10選」にも選ばれている、ベトナムの国民食なのだとか♪ 下北沢にオープンしたバインミーバーバーは「日本で美味しいバインミー を食べたい!」「日本の友人にも美味しいバインミー を紹介したい!」という思いから誕生したといいます。 レシピを担当するフォンさんが、1970年代にベトナム・ホーチミンでバインミー屋台を経営していたお母さんから引き継いだという秘伝のレシピを使っているので、本場現地の味が楽しめちゃいますよ♪ 肉類×野菜、ヘルシーなバインミーをチェック パン屋さんと一緒にイチから作ったというパンは、衣がカリッと香ばしく、口に入れると甘みが広がるそう♪ サンドする肉類は、チャーシュー、レバーペースト、ベトナムポークハムなど☆ また、“ジョートゥー”と呼ばれる自家製「ベトナムゼラチンハム」の粒コショウをきかせたピリ辛風味がバインミーにアクセントをプラス! 日本ではあまり馴染みのない食材ですが、豚耳、豚タン、きくらげ、シイタケを閉じ込めたサクサ...more
カテゴリー:

ベトナム名物「バインミー」が食べられる! 本格派専門店、下北沢にオープン - 06月14日(木)12:03 

ベトナムの人気ファストフード「バインミー」のテイクアウト専門店「BANHMI BA BA(バインミーバーバー)」が2018年6月11日、東京・下北沢にオープンしました。 本場の味を再現 「バインミー」とは、フランスパンに似たパンにチャーシューやレバーペーストなどの肉類、ダイコンとニンジンのなます、キュウリ、パクチー、小ネギなどたくさんの野菜を挟んだサンドイッチです。 ヘルシーなファストフードとして親しまれ、世界で最もおいしい屋台料理10選にも選ばれています。 「BANHMI BA BA」ではベトナム・ホーチミン(サイゴン)の本場の味を再現するため、レシピ担当者がベトナムでバインミーの屋台を経営していた母親から秘伝のレシピを引き継いだそう。パン屋とともにバインミー用のパンを一から作り、外側はカリッと香ばしく、内側は軽い食感で甘みがあるのが特徴なのだそう。 また本場の味を守るため、材料にはベトナムの「ジョートゥー(ベトナムゼラチンハム)」というハムや、豚耳、豚タン、キクラゲ、シイタケなどのベトナム食材が使用されています。辛みのある粒コショウがアクセントです。パクチー大盛も対応可能。 メニューはベトナムの魚醤風味のチキンフレークを使った「バインミーガー」(550円)や、「バインミージョートゥー」(550円)、「バインミーティットパテ」(600円)、1番人気の「バイン...more
カテゴリー:

<ほっとタイム>つづった夢、諦めない - 06月12日(火)14:34 

国連本部で読めなかった作文 お蔵入りになった作文には、東京電力福島第1原発事故後の素直な思いがつづられていた。 「おじいちゃんのシイタケが売れなくなったり、僕たちは外で遊ぶことができなくなったり、とて
カテゴリー:

「食堂」の次は「カフェ」へ!おいしく食べて健康になるタニタの新業態店がオープン - 06月08日(金)11:59 

株式会社タニタといえば、「おいしく、お腹いっぱい食べていたら、知らないうちにやせていた」がコンセプトの社員食堂とそのレシピ本『体脂肪計タニタの社員食堂』で有名だ。書籍は映画化もされ、また一般の人も利用できる「丸の内タニタ食堂」をオープンさせるなど、“社員食堂”を起点にさまざまなジャンルで挑戦をし続けている。 【写真を見る】蒸し鶏とお豆のトマトソースもち麦サラダボウル 980円。おいしい和ダシのスープが付いてくる そして、6月6日、こころの健康づくりをコンセプトにした新業態の旗艦店「タニタカフェ有楽町店」がオープンした。場所はJR有楽町駅、ルミネストリートの一角。“楽しさ”や“心地よさ”といった「こころの健康づくり」につながるエッセンスを採り入れたコンセプトカフェで、楽しみながら、自然と健やかになっていけるオリジナルメニューをラインアップ。新しいカフェの楽しみ方を提案している。早速、タニタ食堂となにがどう違うのか、試食チェックしてきた。 ■ 1日に必要な野菜量の半分を無理なく摂取できる! こんな魅力的なことがあるだろうか。人間に必要な野菜の摂取量は1日350g。栄養バランスを考えて食事をしたいのはやまやまだが、忙しい毎日、思うようにいかないのが現実だ。野菜を摂るに必死である。それが、ここタニタカフェで1食確保するだけで、1日の摂取量の半分=約175gをまかなうことができるというのだ!...more
カテゴリー:

「シイタケ」の画像

もっと見る

「シイタケ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる