「ザ・マミィ」とは?

関連ニュース

斎藤工と瓜二つのイケメンが登場!おぎやはぎ矢作も「限りなく本物に近い」と太鼓判 - 02月25日(火)16:29 

おぎやはぎの矢作兼とアンタッチャブルの山崎弘也が若手芸人たちと街へ繰り出し、どちらがより女性審査員の好みのイケメンを探せるか競い合うバラエティ番組『矢作と山崎とイケメンパラダイス』が、FODで配信スタート。第1話の表参道編では、数多くのイケメンを輩出してきた芸能雑誌「JUNON」の編集長を審査員に迎え、“ご褒美”を賭けたイケメンの発掘対決が繰り広げられた。今回は、ファッションの中心地・東京の表参道を舞台にイケメン探し。ルールは矢作チームと山崎チームに分かれ、制限時間90分の間にできるだけ多くのイケメンに声をかけ、最後に1人を選んで連れて来るというもの。審査員の好みのタイプを把握し、より好みに合ったイケメンを連れてきたチームの勝ちとなる。さらに人力舎の若手芸人たちも登場し、くじ引きでチーム分けを行った後、イケメン捜索がスタート。矢作は、林田洋平(ザ・マミィ)、ゆめちゃん、岡野陽一を引き連れ、表参道ヒルズ方面へ。山崎は、酒井尚(ザ・マミィ)、さきぽん、コネオインターナショナルを従え、キャットストリートへ足を向けた。矢作チームが39歳のベッカム似のイケメンや、20歳の韓流風イケメンに声をかけている頃、山崎チームは46歳でオーストラリア出身のダンディイケメンや、27歳で新婚のEXILE風イケメンにアタック。それぞれがイケメンたちを写真に収め、手持ちのコマを増やしていった。さらに後半戦では、...more
カテゴリー:

「ビートたけし杯『お笑い日本一』」グランプリは…該当者なし! ビートたけしがその理由を明かす - 01月28日(火)22:43 

「江戸まち たいとう芸楽祭」の「たけしが認めた若手芸人 ビートたけし杯『お笑い日本一』」が1月27日、東京・東洋館で開催された。 【写真を見る】若手芸人8組と審査員が顔をそろえた表彰式/※提供写真 渥美清、萩本欽一ら、多くのスターを輩出した伝説の演芸場「東洋館」(旧浅草フランス座)を舞台に、おせつときょうた、オッパショ石、ザ・パーフェクト、ザ・マミィ、バオバブ、バジトウフー、マリオネットブラザーズ、まんじゅう大帝国という若手芸人8組が激突。 審査員の高田文夫、ナイツ、176人の観客の前で熱い戦いを繰り広げた。 だが、栄えあるグランプリは、まさかの「該当者なし」に。今回、グランプリや準グランプリがなぜ選ばれなかったのか? その理由を、「江戸まちたいとう芸楽祭」名誉顧問・ビートたけしが明かした。 ■ ビートたけしコメント ここは、僕が来たときはフランス座で、師匠に怒られながらコントをやっていた。毎回、神経を使った舞台をやらせてもらったおかげで、漫才を組むのが楽にできるようになった。 女の子の裸を見にきた客を笑わせるのは大変だろうと言われるけど、師匠の力のおかげでコントだけ見に来る客も増えてきた。不思議な時代といえば不思議な時代で、ありがたいことだと思う。 今日の結果は、笑いを取っていないってだけ。1番重要なのは、われわれは芸人だから、客からお金を取って芸を見せる。客が笑えないってことは...more
カテゴリー:

「ザ・マミィ」の画像

もっと見る

「ザ・マミィ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる