「サークル」とは?

関連ニュース

ギャルのギャップにときめく瞬間9パターン - 06月24日(日)08:00 

異性にモテるために必要不可欠な二大要素といえば、個性とギャップ。その点、見た目が派手なギャル系の女性は、ただでさえ個性的なので上手くギャップを演出することができれば鬼に金棒です。そこで今回は、『スゴレン』読者の男性に対し、アンケートを実施。「ギャルのギャップにときめく瞬間」について、調査した結果をご紹介します。 【1】すっぴんの顔を見たとき 盛った顔と真実の顔の違いを目の当たりにして、二度おいしい気分になるパターンです。具体的には、「彼女はメイクをとると顔も性格も別人のようになるから、恋人がふたりいるような気分になる」(10代男性)というお得感や、「ギャルのすっぴんを見るのは、ハダカを見る行為に等しい」(20代男性)というレア感を好む男性が多いようです。ぜひ、好きな人の前では無防備な顔をさらけ出してください。 【2】チラ見えした下着が白だったとき 「遊んでそう」という第一印象を鮮やかに覆されるパターンです。「派手なファッションをしているのに胸元から白い下着が見えたとき、『え、実は清楚なの?』って思う」(20代男性)という意見があるように、男性は下着の色で女性の本性を判断する傾向があるようです。明日からは、お出かけ前に下着チェックの習慣を! 【3】親に帰宅時間を連絡しているとき 意外としっかりしている一面を垣間見て、見直してしまうパターンです。とくに、「口では『親はウザイ』と言い...more
カテゴリー:

新しい出会いのために…積極的に顔を出したい場所9パターン - 06月22日(金)17:00 

家と職場を往復するだけの毎日だと、「ステキな男性にめぐり会うなんて、夢のまた夢…」と悲観的になってしまいがちですが、同じような境遇なのに、幸せをモノにしている女性がいるのもまた事実。めげずにみずから進んでチャンスを作れば、出会いを呼び込むことができるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「新しい出会いのために…積極的に顔を出したい場所9パターン」をご紹介します。 【1】選り好みせずに手っ取り早く出会いたいなら「合コン」 「理想の男性が必ず来るとは限らないけど、すぐ実行に移せるのは魅力」(20代女性)というように、とにかく男性と話す機会を持ちたいなら、合コンが最適でしょう。「数撃ちゃ当たる」方式ですが、いつかは運命の人に出会えるかもしれません。 【2】気軽な気持ちで複数の男性とおしゃべりできる「街コン」 「声の掛け方すら忘れていたので、ゆるい出会いの場で勘を取り戻した(笑)」(20代女性)というように、大勢の男女が交流する街コンなら、気負わず参加できそうです。いまの自分の女子力が周りと比べてどうかを確認することもできるでしょう。 【3】同じ趣味を持つ相手だから盛り上がること必至の「オフ会」 「話題を見つけやすいし、恋愛モード全開で挑まなくていいからラク!」(10代女性)というように、オフ会で出会った男性となら、会話で苦労せずに済...more
カテゴリー:

「CisLugI-シスラギ-」の早期予約キャンペーン実施。7月16日まで - 06月22日(金)11:50 

CisLugI-シスラギ-配信元モエーション配信日2018/06/22<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>新進気鋭のNext Villageが贈る、SF革命群像劇『CisLugI-シスラギ-』の前日譚が描かれた小説を期間限定配布する早期予約キャンペーン実施のお知らせ  “創りたい人の創れる場所を作ること”を出発点に2017年に設立した新進気鋭の同人サークル・Next Vil…
カテゴリー:

是枝監督が「無駄なことを沢山したほうがいいよ」と大学生に伝えたい理由|あの人の学生時代。#26 - 06月21日(木)17:00 

著名人の方々に大学在学中のエピソードを伺うとともに、今の現役大学生に熱いエールを贈ってもらおうという本連載『あの人の学生時代。』。今回は、第71回カンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを、日本人監督としては21年ぶり、史上4人目に受賞された映画監督・是枝裕和さん。現在、母校である早稲田大学で教授としてもご活躍の是枝監督に、公開中の映画『万引き家族』について、また自身の大学時代についてのお話を伺いました。 インタビュー・文:落合由希写真:島田香 INDEX 1. 「大学時代は、毎日映画館に通っていました」2. 「卒業したら映画監督になるので、単位をください!」3. 「そんなに僕の言ってることを信用しないでほしいなと思って」4. 「犯罪でつながった家族」を映画で描こうと思った理由5. 劇伴・細野晴臣さんには、オファーを断られそうだった 「大学時代は、毎日映画館に通っていました」 ――是枝監督は早稲田大学の第一文学部に行かれていたそうですが、大学・学部選びの理由はなんだったんですか? 小説を書こうと思っていたので、文学部の文芸学科に入ろうと思いました。元々は小説家志望だったんです。 ――そんな大学時代に是枝監督がいちばん夢中になっていたことはなんですか? 映画です。なんか、大学に入って1カ月で授業に行くのは挫折しちゃったんですよ。大学がつまんないと感じてしまって。それからは基本、毎...more
カテゴリー:

まるで“あのアイス”の味!?ファミマ「スイカフラッペ」はもう試した?--プチッとチョコの種入り - 06月21日(木)09:30 

ファミリーマート(ファミマ)、サークルK・サンクス各店(沖縄県および一部店舗をのぞく)で販売されている「スイカフラッペ」を実際に飲んでみました。
カテゴリー:

大学生のハンデ?実家暮らしが恋愛で不利だと思う瞬間9パターン - 06月22日(金)18:00 

平和な大学生活を送るうえで、衣食住の心配をせずに済む「実家暮らし」ほど心強いものはないでしょう。とはいえ、恋愛においては、それが足かせになる状況もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性148名に聞いたアンケートを参考に「大学生のハンデ?実家暮らしが恋愛で不利だと思う瞬間」をご紹介いたします。 【1】親の存在が気になり、家デートに誘えなかったとき 「落ち着いてキスができる場所がない」(20代男性)というように、実家暮らしだと女子との「2人きりの空間」を確保しにくいようです。親にも相手にも気を使わせてしまうので、実家以外の空間を確保できるに越したことはないでしょう。 【2】「洗濯物が乾かない」などの家事トークに話を合わせられなかったとき 「日常生活の話に共感できないのはイタい」(10代男性)というように、一人暮らしの女子の「あるあるネタ」にうまく反応できないケースです。話に乗れなくても、「防犯面は大丈夫?下着泥棒とかいない?」などと相手の身を案じて、優しさをアピールしておきましょう。 【3】毎日弁当を持たされ、学食での交流に入りにくいとき 「定食の感想を言い合ってワイワイしてる男女がうらやましい」(20代男性)など、「実家の弁当」派はランチタイムに孤独を感じることがあるようです。友達の注目を集めたければ、自分で作る「弁当男子」になって、周囲に弁当ブームを巻き起こすの...more
カテゴリー:

『フォートナイト』最終サークルでのバランス調整を予告―ショットガン、ロケット、建築重視以外の選択肢の提供へ - 06月22日(金)15:30 

Epic Gamesは、『フォートナイト バトルロイヤル』の最終サークルにおけるゲームバランスについて、今後変更を行う旨を告知しています。
カテゴリー:

【サッカー】昌子源がW杯初戦で貫いた信念。誰よりも「何が何でも守りきる」。 - 06月21日(木)18:39  mnewsplus

 「危険なところに昌子がいる」――。  ロシアW杯、日本にとっての初戦・コロンビア戦は昌子源にとって記念すべきW杯デビュー戦となった。  いきなり初戦スタメンという重圧の中で彼が見せたのは、ピッチ全体を見渡し、日本にとって危険なところを鋭い身体の寄せで潰す技術。さらに、コンビを組んだ吉田麻也がより前で積極的に潰せるように、的確なカバーリングで守備ラインを巧みにコントロールする術だ。その姿はまさに“DFリーダー”そのものだった。  この躍動ぶりは直前まで多くの人が予想していなかった。それもそのはずで、...
»続きを読む
カテゴリー:

32歳で脱サラ、浪人。そして、日本人唯一の「FIFAコンサルタント」に。杉原海太のキャリアの築き方 - 06月21日(木)13:00 

「海外にいくというルートがあると知ったときに、ワクワクしたんですよ。そして、これをやらないと、死ぬときに後悔するだろうなと。そう思ったんです。32歳という年齢も関係なく、躊躇せずに行きました」 元サッカー日本代表キャプテン・宮本恒靖氏がFIFAマスターに進学して、話題になったことを覚えていますでしょうか? スポーツの歴史、組織論、マーケティング、法律などの全般的な知識に関する修士過程であるFIFAマスターを修了し、現在、日本人唯一のFIFAコンサルタントとして活躍するのが、杉原海太氏です。 杉原氏は世界中でサッカーを根付かせるために世界各国を飛び回り、各国が抱える課題にアプローチ。協会の仕組みづくりやクラブライセンス制度の導入、さらに根本的な財源確保の方法まで、幅広いサポートをしています。 元々英語も得意ではなかった杉原氏が32歳で脱サラを決意し、海外に、そしてスポーツ界に飛び込んだのは一体なぜだったのでしょうか。 ※本記事は、「AZrena」より転載・改編したものです。 プロフィール 杉原 海太(すぎはら かいた) FIFAコンサルタント 1971年兵庫県生まれ。駒場東邦高校、東京大学・東京大学大学院を経て、コンサルティング会社へ。32歳でスポーツ界を目指し、決して得意ではなかった英語の壁を乗り越えてFIFAマスターに5期生として入学。AFCを経てFIFA...more
カテゴリー:

ホストみたいなジムのトレーナーに翻弄されるセレブ主婦たち。争奪バトルの行方は…? - 06月21日(木)08:47 

 大人になって出会いが減り、ちょっとしたことに恋愛ぽい“ときめき”を感じることってありますよね。  その一瞬だけで流す場合が大半でしょうが、本気になってハマってしまうこともあるようです。そして、そういう心のスキマを狙われ、営業のターゲットにされてしまう場合もあるようで…。 ◆ジムのイケメントレーナーがホストのような色恋営業  豊田深鈴さん(仮名・32歳・主婦)は、近所のスポーツジムに通って2年目。  そこには、イケメンのトレーナー(20代後半)がいるのですが…どうも、40~50代のお金持ちな奥さん達にまるでホストの色恋営業のような手口を使い、パーソナルトレーニングの予約をバンバン入れてもらっているらしいのです。 「背後から抱きしめるように体幹トレーニングやダンベル運動のフォームを教えたり… 『僕は○○さん(下の名前)の顔が凄くタイプだから、身体ももっと引き締めてかっこよくしたくてたまらなくなっちゃうんです…なのでちょっとキツめのメニューを組んでしまいましたが許して下さいね』  なんて、はにかんだ笑顔でささやいてるのを見てしまいました…そうやって勘違いさせて予約させているんでしょうね」  するとNさんとRさん(共に40代後半)という2人の奥さんが特に入れ込んでしまい、トレーナーの奪い合いが始まってしまいました。 「どっちもトレーナーの出勤日全部に予約を入れるのですが...more
カテゴリー:

もっと見る

「サークル」の画像

もっと見る

「サークル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる