「サップ」とは?

関連ニュース

田中律子、バス旅支えて3年超 徳光を愛すべきオヤジへと昇華させる慈愛 - 06月13日(水)08:40 

 この4月、レギュラー化から丸3年を迎えた『路線バスで寄り道の旅』(テレビ朝日系)。徳光和夫による移動中の「居眠り」や食後の「お薬タイム」など、自由すぎる姿が定番だが、そんな“ゆるい”バス旅番組の存続の要になっているのは女優・田中律子だ。徳光のパートナー兼世話役という特異なポジションをこなし、ともすれば視聴者から呆れられかねない放送ギリギリの場面を「微笑ましい図」に昇華させる田中。日曜の午後に程よい“ゆる旅”を提供し続ける彼女の慈愛に迫る。 【写真】”路バス旅”で田中律子、武田久美子、かとうれいこが温泉入浴 ■徳光の「居眠り」はもはや定番に バス旅番組でもダントツの “ゆるさ”  同番組は、徳光和夫と田中律子に女性ゲスト1人を加えた3人が、路線バスを使った小旅行を楽しむ旅バラエティー。一行は気になったバス停で途中下車し、地元の人たちのオススメを聞きながら各名所、グルメスポットを訪問。寄り道しまくりの気ままな旅を満喫している。元々は2013年から2015年にかけて不定期で放映されていた番組だが2015年4月にレギュラー化。この4月でスタートから丸3年を迎えた。  バス旅番組といえば、草分け的存在なのが太川陽介と蛭子能収の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)。ほか『ぶらぶらサタデー・タカトシ&温水の路線バスの旅』(フジテレビ系)なども放送されているが、これらに共通し...more
カテゴリー:

プロレスラー世界遺産 伝説のチャンピオンから未知なる強豪まで── 「ボブ・サップ」“ザ・ビースト”の栄枯盛衰 - 06月11日(月)18:03 

2015年に行われた曙との再戦以降、日本における実戦から遠ざかっているボブ・サップ(サップのTKO勝利)。 プロレスや格闘界のみならず、芸能界まで股にかけたかつての活躍も今は昔...
カテゴリー:

益子直美、夫と富士河口湖町に移住決意!術後の生活変化がきっかけ - 06月10日(日)12:00 

有名人が縁もゆかりもない地方に移住し、その田舎暮らし体験に密着するリアル・ドキュメント・バラエティ『イチから住~前略、移住しました~』(テレビ朝日系、毎週日曜18:30~)。6月17日の放送からは、益子直美・山本雅道夫妻の富士河口湖町篇がスタート。番組で夫婦揃って移住するのは、まこと(シャ乱Q)&富永美樹(移住先:静岡県沼津市戸田)、泉浩&末永遥(移住先:青森県青森市)に続き、3組目となる。元バレーボール女子日本代表選手で現在、タレント、キャスターとして活躍する益子と、プロロードレーサー・山本。2006年に結婚し、当時、益子は40歳、山本は28歳、12歳の“年の差婚”が大きな話題となった。そんな2人が移住するのは、富士山の北側にある“富士河口湖町”。富士五湖のうち、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖の四湖を擁し、青木ヶ原樹海もある自然豊かな町で、新宿から電車で1時間半ほどというアクセスのよさからも、移住地として人気を集めている。昨年、体調を崩して手術を受けたことをきっかけに、初めて死というものを意識したという益子。順調に回復した今、生活の変化を実感したそうで、「生活が変わってきた“今”が、いちばんいいタイミングじゃないかなと思った」と、今回の移住のきっかけを明かす。また、神奈川・藤沢で庭のある暮らしをはじめてから、「庭で野菜を作ったり、花を植えたりする作業が年々楽しくなってきて、もっと田...more
カテゴリー:

ローリングストーン誌が選ぶ「5月のベスト・ラップ・アルバム」トップ10 - 06月07日(木)23:30 

連日サプライズ・リリースが続いているヒップホップ・シーン。今回は、プシャ・Tからエイサップ・ロッキー、レイ・シュリマー、プレイボーイ・カルティまで、ローリングストーン誌編集部がオススメする5月のベスト・ラップ・アルバムをご紹介しよう。1. ・・・
カテゴリー:

渋谷区、実践女子が「ソーシャル・アクション・パートナー」協定 女性視点の防災対策も - 06月06日(水)17:28 

渋谷区と学校法人実践女子学園(日野市)が6月1日、「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定(通称S-SAP、エス・サップ)」を締結した。
カテゴリー:

2018年6月7日、改正食品衛生法が成立 - 06月12日(火)09:30 

[株式会社協和医療器] ■背景 わが国ではこれまで以上に食の安全を図るため、2018年6月7日(木)に改正食品衛生法が成立いたしました。 これにより、食品衛生管理の国際標準であるHACCP(ハサップ)が法制化となり、食品衛生の在り方は...
カテゴリー:

益子直美&山本雅道夫妻が富士山の麓へ移住! - 06月10日(日)13:04 

6月17日(日)の「イチから住~前略、移住しました~」(テレビ朝日系)では、益子直美&山本雅道夫妻が世界遺産・富士山の麓、山梨・富士河口湖町を舞台に新たな暮らしをスタートさせる姿を放送する。 【写真を見る】背後には富士山もくっきり! 「頑張らない」を合言葉に田舎暮らしに挑戦する二人/(C)テレビ朝日 夫婦そろっての移住は、シャ乱Q・まこと&富永美樹夫妻、泉浩選手&末永遥夫妻に続く3組目。 益子&山本夫妻の移住生活初日では、情報収集のため富士河口湖町役場を訪問する。 町には“空き家バンク”や“田舎暮らし応援隊”が設置されていることを聞き、早速応援隊のメンバーに物件を紹介してもらうことに。 国道にも出やすくスーパーやコンビニエンスストアが近くにある利便性が高い物件や、眺望抜群の一戸建て、緑に囲まれた一軒家などさまざまな住まいを見せてもらい、夫婦はこれからの生活に期待を膨らませながらも、住まい選びに頭を悩ませる。 また、物件巡りの合間には、地元名物“吉田うどん”を味わったりと、富士河口湖町の魅力を実感。 移住について、益子は「昨年、病気をしてしばらく療養したのですが、生活が変わってきた“今”が一番いいタイミングじゃないかなという思いが、今回の移住のきっかけになりました。 結婚して一軒家に住んでいたのですが、小さい庭で野菜を作ったり、花を植えたり…という作業が年々楽しくなってきて、もうちょ...more
カテゴリー:

益子直美、夫と富士河口湖町に移住決意!術後の生活変化がきっかけ - 06月09日(土)17:40 

有名人が縁もゆかりもない地方に移住し、その田舎暮らし体験に密着するリアル・ドキュメント・バラエティ『イチから住~前略、移住しました~』(テレビ朝日系、毎週日曜18:30~)。6月17日の放送からは、益子直美・山本雅道夫妻の富士河口湖町篇がスタート。番組で夫婦揃って移住するのは、まこと(シャ乱Q)&富永美樹(移住先:静岡県沼津市戸田)、泉浩&末永遥(移住先:青森県青森市)に続き、3組目となる。元バレーボール女子日本代表選手で現在、タレント、キャスターとして活躍する益子と、プロロードレーサー・山本。2006年に結婚し、当時、益子は40歳、山本は28歳、12歳の“年の差婚”が大きな話題となった。そんな2人が移住するのは、富士山の北側にある“富士河口湖町”。富士五湖のうち、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖の四湖を擁し、青木ヶ原樹海もある自然豊かな町で、新宿から電車で1時間半ほどというアクセスのよさからも、移住地として人気を集めている。昨年、体調を崩して手術を受けたことをきっかけに、初めて死というものを意識したという益子。順調に回復した今、生活の変化を実感したそうで、「生活が変わってきた“今”が、いちばんいいタイミングじゃないかなと思った」と、今回の移住のきっかけを明かす。また、神奈川・藤沢で庭のある暮らしをはじめてから、「庭で野菜を作ったり、花を植えたりする作業が年々楽しくなってきて、もっと田...more
カテゴリー:

ローリングストーン誌が選ぶ「5月のベスト・ラップ・アルバム」トップ10 - 06月07日(木)23:30 

連日サプライズ・リリースが続いているヒップホップ・シーン。今回は、プシャ・Tからエイサップ・ロッキー、レイ・シュリマー、プレイボーイ・カルティまで、ローリングストーン誌編集部がオススメする5月のベスト・ラップ・アルバムをご紹介しよう。1. プシャ・T『デイトナ』「アル・ロッカーの天気予報がスノー(コカイン)をお知らせするぜ」プシャ・Tがリリースした7曲入りアルバム内の「イフ・ユー・ノウ・ユー・ノウ」でのパンチラインだ。しかし今アルバム『デイトナ』は2000年代頭からのコカイン・ラップのマスターによるドラッグ・ディールに関するラップというジャンルだけには収まらない。パンチラインと比喩を使いこなすプシャはラッパーとドラッグ・ディーラーの物語を使って、危機的状況にあるストリートの現状を伝えているのだ。「俺の夢のジャマはするなよ。もしくはハーヴェイ・ワインスタインみたいなことをして欲しいのか。おはようマット・ラウアー。俺は生きていられるか?」と言及しているのはセクハラ事件を起こした2人の大物だ。「ワット・ウッド・ユー・ミーク・ドゥー」ではアキネリによる96年のセックス・ラップのヒット曲「プット・イット・イン・ユア・マウス」を連想させる「馬乗りになって、アキネリの審判をあおぎな」というリリックも。同曲上でのカニエ・ウエストのバーの感情むき出しのリリックと、ラフでミニマルなトラックが補完しあっ...more
カテゴリー:

「サップ」の画像

もっと見る

「サップ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる