「サイドテーブル」とは?

関連ニュース

『ゆるキャン△』のアウトドアグッズ発売!村の鍛冶屋コラボで数量限定アイテムも - 06月20日(水)17:00 

アウトドアブランド「村の鍛冶屋」より、TVアニメ『ゆるキャン△』とコラボしたアウトドアグッズが発売決定。2018年6月27日から予約受付がスタートします。 その他の画像つき【元記事】を見る 『ゆるキャン△』は漫画誌「まんがタイムきららフォワード」で連載中。山梨県を舞台に女子高校生たちがキャンプや日常生活を送る様子をゆるやかに描いた作品で、アニメ化もされて好評を得ています。 今回のコラボグッズはアウトドアグッズを手がけている新潟県三条市に拠点を構える「村の鍛冶屋」が制作しており、ペグハンマー、チタンマグカップ、サイドテーブル&トートバッグの3種類をラインアップしています。 販売は「村の鍛冶屋」の公式ECショップにて行われます。ペグハンマーとチタンマグカップは制限はありませんが、サイドテーブル&トートバッグについては数量限定となっており、初日からの第一期が150セット、11月に70セットの受注を予定しています。 「ゆるキャン△×村の鍛冶屋」コラボグッズ ■ゆるキャン△×村の鍛冶屋 アルティメットハンマー 燕三条にて製造するペグ打ち専用のペグハンマー『アルティメットハンマー』に村の鍛冶屋とゆるキャン△のダブルネームロゴ&キャラクターのシルエットを刻印。通常木柄に使用している白樫の表皮部分はばらつきがなく真っ白ですが、今回のコラボ用に中心部分の木目が濃い牡丹と呼ばれる部位を使...more
カテゴリー:

DELAKTIG/デラクティグ──イケア x トム・ディクソンがソファの常識を更新 - 06月11日(月)05:58 

スウェーデン発の世界的企業であるイケアとワールドワイドに活躍するイギリスのインダストリアルデザイナー、トム・ディクソン氏とのビッグなコラボレーションが実現した。両者が手を組んで誕生したのは、ソファの常識を塗り替えるようなコレクション「DELAKTIG/デラクティグ」。モジュールを自由に組みあわせることで、現代人のさまざまな生活スタイルにフィットする注目のコレクションだ。 アルミニウムのフレームによって多彩な組みあわせが可能に 「DELAKTIG/デラクティグ」は、用途にあわせて柔軟に姿を変えられるシーティング家具。1人掛け、2人掛け、3人掛けの3サイズがあるシートベースがプラットフォームとなり、それにモジュールを組みあわせることで、現代人の多彩なライフスタイルにフィットするしくみだ。 そのプラットフォームのデザインは実にシンプルで、フレーム素材には工業的製法に適したアルミニウムを使用。このアルミニウムのフレームが重要な役割を果たしており、押出成形することで、さまざまな追加モジュールの取り付けを可能にしている。アルミニウムには、ほかにも素材そのものの美しさや軽さ、長年の使用にも耐えうる丈夫さといった利点がある。 モジュールには背もたれやアームレストに加え、フロアランプにもなる照明やサイドテーブルもあり、カバーも3色から選択可能。これらの組みあわせや配置を変えることで、利用者は...more
カテゴリー:

時代に逆行するスピーカー - 06月18日(月)19:00 

重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピーカー。部屋に置いておいたら、きっと友だちやパートナーには「なんで買ったの?」なんて言われるかもしれない。だけど、バルキーなルックスには男らしさも感じる。周りの家具とも意外に調和がとれそうだ。実際にどんな音を放つのかは、ホームページにも紹介されていない。それでもデザインを手がけた「Mobilificio」は、12面体のダイヤモンド型は音楽を聴くのに理想的なカタチだという。部屋の模様替えに手間がかかってしまうことでさえ、だんだんと愛情に変わっていきそうだ。始まったばかりのクラウドファンディングの行く末が気になる。© Mobilificio© Mobilificio© MobilificioTop photo: © MobilificioReference: Consodi - A beautiful diamond speaker made out of concrete / Kickstarter
カテゴリー:

「サイドテーブル」の画像

もっと見る

「サイドテーブル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる