「コールスロー」とは?

関連ニュース

おっぱい揉みてぇー! 彼がムラムラしちゃう「超簡単おつまみ」レシピ #42 - 06月14日(木)21:30 

漫画家・イラストレーターの犬養ヒロさんが、うまい、早い、安い、3拍子揃った超簡単ズボラレシピをご紹介します! 第42回は、アレに調味料を加えて揉むだけで完成する簡単おつまみ。揉み揉みアピールをしたら、彼は発情して食べるどころじゃなくなっちゃうかも おうちデートを熱く楽しんで。 イラスト、文・犬養ヒロ 【犬養ヒロの超簡単ズボラめし】vol. 42 ずぼらコールスローサラダ 材料 キャベツの千切り 1袋 (市販のもの) マヨネーズ 大さじ1 塩コショウ 適量 コンソメ顆粒 小さじ半 レシピ 1. 市販のキャベツの千切りの袋に、全ての調味料を入れて揉む。 2. 冷蔵庫の中に30分放置して完成! ポイント 翌朝パンにはさんでホットドッグにも。 料理人のつぶやき ここまで簡単にできてしまっていいのだろうか……! このレシピは市販の袋入り100円で売ってるキャベツの千切り以外に、色のきれいなミックスサラダでも作れちゃうねー。野菜の入った袋の中にそのまま調味料を入れて揉めばいいとは……! 洗い物が出ないことがこのレシピの最大の魅力だね。 もし彼がひとり暮らしをしているなら、この優れたサラダの作り方をレクチャーしながら教えてあげて。「こーやってね、揉むんだよぉ~~」とあなたに優しく教えてもらいながら、彼はかさばっていたキャベツが揉まれてしなやかになっていくさまを見つめているだろう……。彼には「...more
カテゴリー:

95歳、現役ママから学ぶ「食と人生の楽しみかた」 - 06月11日(月)19:02 

味覚の形成は幼少期の食体験で決まる、とはよく聞く話。例えば、味の濃淡や付け合わせひとつとっても、“家庭の味”を通して知らぬ間に食卓で研ぎ澄まされていくものです。「Food52」に紹介された記事の著者Alice Medrichさんにとっても、料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。はっきり言って長いです(親指痛いわ!)。でもね、90を越えてもおいしい味を求めて外へと出かける。こういう歳の重ねかたしたいなあ、なんて思うわけです。「家庭の味」は自己アイデンティティ© Halfpoint/Shutterstock.com私の幼少期は、1950年代〜60年代にかけて。南カリフォルニアの郊外で育ち、夏になれば裏庭の木になるネクタリン、あんずやプラムを手でもぎ取って、お腹いっぱいになるまで食べたのをよく覚えています。それをときどきサラダに入れたりも。母の得意料理はクリュディテ(生野菜のオードブル)でした。学校のお弁当にも、おやつにも。で当の私はというと、20歳でフランスに行くまで、クリュディテなんて言葉があることすら知りませんでした。ただ、周りの友だちと比べても、我が家の食文化はどことなく違う気がしていました。我が家はユダヤ教の根強い信者でもないし、ロスの東側に住んでいたので、ユダヤ人の人口が集中して...more
カテゴリー:

「コールスロー」の画像

もっと見る

「コールスロー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる