「コース」とは?

関連ニュース

コーヒーの「廃棄豆」を無駄にしたくない。静岡・浜松のロースターの願いを叶えたプロダクト - 11月21日(水)06:00 

コーヒーの美味しさを追求するが故に生じる代償。静岡県浜松市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんは、焙煎後の豆の選り分けにこだわるからこそ出てしまう廃棄コーヒー豆の使い道を探していました。そして、「何かに利用できない?」と相談した愛知県瀬戸市の陶芸家、大江憲一さんとコラボして「カップ&ドリップポット」を作ることに。もともと知り合いだったお二人。いずれは一緒にプロダクトを作りたいという願いを、廃棄されるはずだったコーヒー豆を使って、コーヒーを美味しく楽しむためのプロダクトにすることで体現しました。廃棄豆を「釉薬」に表面をツルツルにコーティング廃棄コーヒー豆2kg分 「IFNi ROASTING & CO.」では、焙煎したコーヒー豆10kgのうち、2kgほどが廃棄されてしまうとか。大江さんのアイデアで、廃棄豆を陶器の表面をコーティングする「釉薬(ゆうやく)」として使うことにしました。気軽に使える「カップ&ドリップポッド」「日常で使えるものを作りたい」という大江さんの思いも込められた製品は、気軽(Laidback)に普段使いできるようにと「Laidback ceramics Cup & Coffee」と名付けられました。コーヒーカップは、浅型と深型の二種類。松葉さんが長年コーヒーを提供してきた経験をもとに考えた、「飲み切り...more
カテゴリー:

首位争い、無理に中国国旗渡され失速…マラソン巡り論争 - 11月20日(火)21:22 

 マラソンの成績と国旗、どちらが重要なのか――。中国・江蘇省で18日開かれたマラソン大会で、ゴール直前にデッドヒートを繰り広げていた中国人の女子選手がコース上で手渡された中国国旗を落とし、失速して2位…
カテゴリー:

【中国】 女子マラソン選手の「中国国旗投げ捨て騒動」、大会運営側の意図的な妨害行為だった可能性が浮上し風向きが変わる - 11月20日(火)21:12  poverty

中国国旗投げ捨て騒動、選手に国旗を渡したのは「ボランティア」ではなかった?  江蘇省蘇州市で行われた女子マラソンの大会で、ケニア人選手とトップを争っていた中国選手に ボランティアが中国国旗を手渡したと報じられた問題で、国旗を手渡したのはボランティアではなかった可能性が浮上した。  18日に行われた同大会の終盤、中国の何引麗(ハー・インリー)はゴールまで残り数百メートルというところで 黄色いビブスを付けたボランティアに中国国旗を差し出された。 何はこれを受け取らなかったが、そのボランティアはな...
»続きを読む
カテゴリー:

日本ハム、「ファンフェスティバル2018」のグッズ情報を発表 - 11月20日(火)17:35 

 日本ハムは20日、11月24日に札幌ドームで行われる「ファンフェスティバル2018」のグッズ情報を発表した。 今年も2階コンコース東ゲート前、バックスクリーン裏の特設ブースにて「鎌スタグッズ」が販売される。新商品のラインナップには、「C☆Bぬいぐるみキーホルダー」(1500円税別)、「C☆B2WAYニットマフラー帽子」(2800円税別)、「C☆Bジャガードハンドタオル」(750円税別)などがあり、恒例の「鎌スタ☆ルーレット」も1回500円(税込)で行われる。
カテゴリー:

コードキャンプ、デジタル変革を支援する研修を提供開始 - 11月20日(火)16:00 

[フューチャー株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/4374/315/resize/d4374-315-961446-0.png ] ■デジタル変革を牽引する経営者・事業リーダーのリテラシー習得を支援 「テクノロジーリテラシー速習コース」では、経営者や事業責任者...
カテゴリー:

【テレビ】<イッテQ>ヤラセ報道の余波...注目は総合演出“敏腕プロデューサー”の責任問題「なぜあんな企画にGOサインが出たのか」 - 11月20日(火)23:49  mnewsplus

看板バラエティ「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)のヤラセ疑惑で、同局の屋台骨が揺らいでいる。同番組の他の企画、同局の他の番組にまで“ヤラセ探し”が波及しそうな勢いだ――。  ***  朝日新聞でさえ、わざわざ社説で〈人気のバラエティ番組に何があったのか。すみやかに真相を明らかにして、社会に報告する責任がある〉(11月17日付)などと言い出す始末である。  ことの発端は「週刊文春」(11月8日発売号)が報じた「世界の果てまでイッテQ!」の人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」で、今年(18年...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】キルギス戦、“サブ組”個々のアピールはあったが・・・やっぱりNMD、という試合【どこよりも早い採点】 - 11月20日(火)21:20  mnewsplus

11月20日、日本対キルギスの一戦が行われ4-0で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。 “主力”投入で一気にリードを広げた 【日本 4-0 キルギス キリンチャレンジカップ2018】 権田修一 5.5 最後尾からチームを支え、いい飛び出しからボールを死守 槙野智章 5.5 キャプテンマークを巻き、後ろからチーム全体を鼓舞した 山中亮輔 6.5 得意の左足で先制点を奪取、鮮烈なA代表デビュー。守備の対応も見てみたかった 室屋成 5.5 前半から再三にわたってクロスを送るも、味方に合わなかった 三浦弦太 5.5 リスク...
»続きを読む
カテゴリー:

中国マラソン大会でゴール直前にボランティアが乱入し国旗を無理矢理持たせた為に優勝を逃す - 11月20日(火)19:08  news

中国で11月18日に行われた蘇州マラソン大会にて、中国の女性マラソンランナー、ホ・インリー(30)が フィニッシュ500メートルを目前にとんでもない妨害に遭った。 ホ・インリーはエチオピアの選手と接戦しておりどちらが優勝してもおかしくない状況。しかしそんなときに ボランティアが「この国旗を持っていけ」と妨害し無理矢理、中国の国旗である五星紅旗を持たせようとした。 1人目のボランティアは五星紅旗を渡すのに失敗したが、更に後方に待機していた別のボランティアが 強引にコースに割り込んで五星紅旗を渡した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【野球】<子どもに辛抱強く試合を見続けさせるのは不可能に近い>子どものリピーターをいかに増やすか?世界一レッドソックスの試み... - 11月20日(火)16:20  mnewsplus

現在のロブ・マンフレッドMLBコミッショナーは就任以来、子どものファンにいかに野球を好きになってもらうか、ファンの数を増やすかを大きな課題に掲げてきた。しかしながら、MLBの試合は近年長くなる一方。プレーオフになると4時間が普通だ。そんなに長くスタンドの観客席で、子どもに辛抱強く試合を見続けさせるのは不可能に近い。  いかに退屈させず、楽しい時間を過ごさせ、また球場に来たい気持ちにさせるか、各球団は工夫を凝らす。ワールド・シリーズ中、レッドソックスの本拠地であるフェンウェイ・パークで、ライトポールの...
»続きを読む
カテゴリー:

【両丹日日新聞】福知山マラソン 23日の本番へ向け車両運行リハーサル - 11月20日(火)15:03 

 京都府福知山市内のコースで23日に開かれる第28回福知山マラソンの準備が着々と進められている。20日には、安全な運営に向けて大会関係車両の運行リハーサルがあり、コースの最終確認をした。
カテゴリー:

もっと見る

「コース」の画像

もっと見る

「コース」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる