「コロンビア」とは?

関連ニュース

【サッカーW杯】女性レポーター生放送中にセクハラ受ける 体触られキスも 「こんな行為は許されない」 - 06月23日(土)02:18  mnewsplus

http://www.bbc.com/japanese/44574201 【サッカーW杯】女性レポーター生放送中にセクハラ受ける 体触られキスも 8時間前 ワールドカップの会場で生放送中に体を触られた女性記者が、スポーツファンからハラスメントを受けたことについてSNS上で話した。 ドイツメディア「ドイチェ・ベレ」スペイン語版のモスクワ特派員でコロンビア人のフリエス・ゴンザレス・テラン氏は、生放送中に男性から胸を触られ、ほほにキスも受けた。 同氏は中断せず放送を続けたが、その後インターネット上でこの問題について声明を出した。 「こん...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】W杯テーマ曲、Suchmos「VOLT-AGE」の評判が芳しくない。「選んだNHKが悪い」「盛り上がらなさにビビった」「お通夜みたい」★10 - 06月23日(土)01:20  mnewsplus

W杯テーマ曲に「選んだNHKが悪い」 「盛り上がらなさにビビった」 6/20(水) 19:28配信 J-CASTニュース https://www.j-cast.com/2018/06/20331849.html https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000013-jct-ent サッカー・ロシアW杯のNHKテーマソング「VOLT-AGE」の評判が芳しくない。若者に人気のロックバンド「Suchmos(サチモス)」が手掛けた楽曲なのだが、インターネット上に「全然ボルテージ上がらない」との感想が溢れているのだ。 実際、コロンビア戦から一夜明けた2018年6月20日夕現在、ツイッターの検索欄にバ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】「PKを与えたならイエロー止まり」ではなく、コロンビア戦のハンドは競技規則通りの判定 - 06月22日(金)23:39  mnewsplus

ハンドで退場は日本に最大限好意的」「ルール改正で三重罰はなくなったのに、相当心象が悪かった」(サッカーライター)ではなく競技規則通りの判定【審判批評コラム】 先程、編集部から「日本×コロンビア戦でのハンドリングの判定について、『PKを与えたならイエロー止まりがスタンダードな判定になりつつあるなかで、日本に最大限好意的な判定をしてくれた』という記事を読んだのですが、FBRJの責務として再度ルール解説頂けませんか?」という連絡が来た。 確かに、翌日のワイドショーでもサッカー戦術に造詣の深い解説者の方が...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】W杯の日本代表との試合で退場処分を受けたコロンビア選手の殺害予告に対する捜査を開始 コロンビア警察 - 06月22日(金)23:20  newsplus

悲劇を繰り返さないためにコロンビア警察が動き出したようだ。 コロンビア警察は、日本代表との試合で退場処分を受けたコロンビア代表MFカルロス・サンチェスへの殺害予告に対する捜査を開始した。 イギリスの『ガーディアン』が報じている。 C・サンチェスは、ロシア・ワールドカップのグループH第1節・日本代表戦に先発出場。 しかし、開始わずか3分で無人のゴールに放たれた香川真司のシュートを右腕でブロックし、一発退場となった。 このプレーによりコロンビアは試合の大部分を10人で戦うことになり、結果的に1-2で敗戦し...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】ケイスケホンダ「ミスの何が悪いのか。どれだけミスを恐れずプレーできるか。失点につながらなかった、良かった、以上」★3 - 06月22日(金)21:22  mnewsplus

 あくまで軽傷を強調した。前日21日は別メニュー調整だった日本代表MF本田圭佑(パチューカ)だが、22日の練習にはスパイクを履いて参加。練習後、報道陣の取材に「問題ないです。あと2日あるけど、いい準備をしたい」と、24日のW杯グループリーグ第2戦・セネガル戦(エカテリンブルク)を見据えた。  後半25分から途中出場した19日のコロンビア戦(2-1)で痛め、試合後は足を引きずるような仕草も見せていた。「両方の打撲」と、両太腿を打撲したことを明かしたうえで、「大したことないです」と強調した。  過去2大会は全7試合に先発...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】「PKを与えたならイエロー止まり」ではなく、コロンビア戦のハンドは競技規則通りの判定★2 - 06月23日(土)01:41  mnewsplus

ハンドで退場は日本に最大限好意的」「ルール改正で三重罰はなくなったのに、相当心象が悪かった」(サッカーライター)ではなく競技規則通りの判定【審判批評コラム】 先程、編集部から「日本×コロンビア戦でのハンドリングの判定について、『PKを与えたならイエロー止まりがスタンダードな判定になりつつあるなかで、日本に最大限好意的な判定をしてくれた』という記事を読んだのですが、FBRJの責務として再度ルール解説頂けませんか?」という連絡が来た。 確かに、翌日のワイドショーでもサッカー戦術に造詣の深い解説者の方が...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<ついに香川真司が自信マンマンだ!>「僕は責任感を持ってやってきた」 - 06月22日(金)23:45  mnewsplus

コロンビア戦の前半3分。PKを獲得してキックに向かうとき、香川真司の表情は自信たっぷりだった。  ボールを抱えて離さず、審判とコロンビアの選手のやりとりを眺めている。そして笑みさえ浮かべながら、相手GKダビド・オスピナと会話をかわす。ペナルティスポットに置いたボールの位置がずれていると相手選手に指摘され、審判に修正を求められると、何やら文句を言いながら、それに従った。  細かなステップで助走し、GKとの間合いを測りながら右足で蹴り込んだキックは、日本にとって、そして香川自身にとっても待望の先制点とな...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<劇的勝利のブラジル代表>母国メディアが号泣の大絶叫!「地獄からの生還だ!」“怪物”ロナウド「あれは間違いなくPK」 - 06月22日(金)23:28  mnewsplus

終盤まで痛烈批評「なにをそんなに慌てているんだ!」 ドイツ、アルゼンチン、コロンビアと強豪が軒並み苦戦を強いられるなか、王国ブラジルもその餌食となる寸前だった。グループEのアウトサイダーと見られていたコスタリカを相手に後半アディショナルタイムまで0-0。絶体絶命の窮地を救ったのは、2戦連続ゴールのフィリッペ・コウチーニョだった。そしてさらにそこから英雄ネイマールが……。終わってみれば2-0の劇的勝利だ。    ブラジル最大手のメディア『Globo』はスポーツサイトでコスタリカ戦を速報レポート。第1...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカーW杯】初戦1アシストの本田「俺をちゃんと見ておけと」 - 06月22日(金)22:02  mnewsplus

「俺をちゃんと見ておけと」 初戦1アシストの本田、セネガル戦でパスを強気要求  日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦コロンビア戦で2-1と勝利し、24日にセネガル戦に臨む。グループリーグ突破も懸かる一戦となるなか、MF本田圭佑はセネガルの弱点を分析。パサーとしてだけでなく、ボールを受ける側としてもイメージを膨らませ、「俺をちゃんと見ておけと言っておきたい」と強気の要求をしている。  コロンビア戦の本田は、1-1で迎えた後半25分からMF香川真司に代わって途中出場すると、その3分後に...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】コロンビアに日本勝利で渋谷、痴漢大量発生 尻や胸触られスカート捲られ「クズしかいない」怒り殺到★8 - 06月22日(金)21:10  mnewsplus

「痴漢に遭った」「胸を触られた」と訴える女性たちが話題になっている。 ■女性からの痴漢被害の声が続出 試合終了直後から盛り上がっていた渋谷。多くの人々がハイタッチや肩を組み、歌を歌い、ジャンプして日本の勝利を喜んでいた。人がごった返しとなり、どこで何が行われているか判別できない、まさに「お祭り状態」だ。格上のコロンビアへの勝利ともあり、いつもに増してハイテンションだったことも予想される。 そんな中、ツイッターでは痴漢被害に遭ったという女性たちの叫びが投稿されている。 渋谷で飲んでたんだけと ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「コロンビア」の画像

もっと見る

「コロンビア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる