「コインチェック」とは?

関連ニュース

お気楽? いやいや大変 在宅ワークは「自分の時間」ゼロです! - 05月24日(木)07:00 

「働き方改革」によって企業が社員の自宅勤務を推進したり、フリーランス・ブームが起こったりしている影響もあり、在宅ワーカーが増えている。しかし、在宅ワークは自由すぎて集中力を保つのが難しいという。インターネットの働き方サイトでも、よく「どうしたらメリハリをつけて効率よく仕事ができるか」と話題になる。J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部は、在宅で働く4人のフリーランスを取材、集中力を保つコツを聞いた。 在宅ワークでストレスがひどく...... 在宅ワーカーというと、混雑の激しい通勤時間や嫌な職場の人間関係がなくなり、ストレスもたまらず、たっぷり仕事の時間をとれると思われがちだが、じつは「まったく逆だ。在宅のほうが疲れる」という人は少なくない。 神奈川県の編集・ライター業の女性Aさん(40歳、子供3人)はこう語る。 「在宅ワーク前は、都心まで通勤に往復3時間かけていましたが、在宅ワークを始めてからのほうがストレスはひどくなりました。会社員時代は自分の自由時間が結構取れたのに、在宅ワークは朝保育園に送ってから5分後には仕事を開始、仕事が終わったら5分後にはお迎えに行き、子どもが帰宅するので自分の時間がまったくなくなりました」 会社員の時は、通勤時間中にスマホで人と連絡を取り合ったり、夕飯の献立を考えたり、読書したりできた。また昼休みもあるし、同僚と息抜きの会話ができた。しかし、在宅ワーク...more
カテゴリー:

ビットコインに否定的なビル・ゲイツ、根底には「もっと馬鹿理論」 - 05月23日(水)04:45 

ビットコインに否定的な意見を持つビル・ゲイツのある発言が話題になっているようです。今回のメルマガ『週刊 Life is beautiful』では、著者でアメリカ在住の世界的エンジニア・中島聡さんがゲイツ氏の件の発言を取り上げ、氏がビットコインを批判する際に使った「もっと馬鹿理論」を紹介。さらに先日発生した仮想通貨モナコインのハッキング事件についても解説しています。 Greater Fool Theory ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットがビットコインに否定的なことは以前から知られていますが、ビル・ゲイツが「ビットコインを空売り出来るものならしたい(参照:Bill Gates: I would short bitcoin if I could)と発言したことが大きな話題になっています。 この記事のタイトルの“short”は動詞で、株などが値下がりすることを期待して、オプション取引などを活用して、利ざやを稼ごうというものです。つまり、ビル・ゲイツは「ビットコインの価格は今後下がる」と予測しているのです。 これを受けて、ビットコインで大儲けをしたタイラー・ウィンクルボス(Facebookを題材にした映画「ソーシャル・ネットワーク」に出てきたオリンピック選手の双子の一人)が、「本当にそう思うなら、やるべき」(参照:Tyler Winklevoss tells Bill Gates ...more
カテゴリー:

仮想通貨が高騰するワケを解き明かす! ヒントは「グローバル」だから?(その3) - 05月21日(月)11:45 

さっそくですが、2017年、仮想通貨のビットコインの価格が急上昇したワケを知っていますか――。 ビットコインの価格は1年間で10万円から240万円まで、24倍も上昇しました。しかし、多くの人は「なんだかよく分からないけど上昇した」。きっと、そう思っているのではないでしょうか。筆者は多くのメディア取材を受けましたが、その多くは「なぜ、ビットコインが上がったり下がったりするのか」という疑問があったように思います。 そこで、改めてビットコインをはじめとする仮想通貨が上昇したワケを、説明したいと思います。 理由は3つ! ズバリ! 仮想通貨の価格が上昇した主な理由は、3つあると考えられます。 【仮想通貨が高騰した3つの理由】 ・日本で仮想通貨法案が施行されたこと ・ビットコインのハードフォーク(分裂) ・世界中の投資マネーが一斉に集中したこと 順番に説明していきましょう。 【日本で仮想通貨法案が施行されたこと】 じつは、ビットコインは2016年末から中国人によるキャピタルフライト(資産逃避)先として注目され、価格が上昇。2016年12月から2017年年初にかけて10万円から15万円まで急騰したことがありました。しかし、その後に中国当局が国内の仮想通貨取引を規制。価格は再び10万円に押し戻されることとなりました。 その後に上昇の布石となったのが、2017年4月1日の日本の仮想通貨法案の施行なの...more
カテゴリー:

匿名性高い仮想通貨の扱い廃止 - 05月19日(土)05:00 

仮想通貨交換業者大手のコインチェック(東京)は18日、匿名性が高いとされる仮想通貨など4種類の取り扱いを6月18日に廃止すると発表した。利用者は、同社を介した売…
カテゴリー:

コインチェック:匿名性高い仮想通貨の扱い廃止  - 05月18日(金)19:48 

 仮想通貨交換業者大手のコインチェック(東京)は18日、匿名性が高いとされる仮想通貨など4種類の取り扱いを6月18日に廃止すると発表した。利用者は、同社を介した売買や送金、保有などができなくなる。6月18日までコインチェックで4通貨のいずれかを保有し続けた場合、日本円に換金して顧客口座に送るという。
カテゴリー:

マネックス:松本社長「コインチェック6月中に全面再開」 - 05月23日(水)20:33 

海外展開の意向も表明  マネックスグループの松本大(おおき)・社長兼最高経営責任者(CEO)が、毎日新聞のインタビューに応じた。完全子会社化した仮想通貨交換業者コインチェックの全面取引再開について「6月中が目標だ」と説明。今後、仮想通貨事業を米国、香港、オーストラリアなど海外で展開する意向も表明した
カテゴリー:

マネックスグループ松本社長インタビューvol.2 コインチェックのグループ入りの狙いとは【フィスコ 株・企業報】 - 05月22日(火)17:36 

*17:36JST マネックスグループ松本社長インタビューvol.2 コインチェックのグループ入りの狙いとは【フィスコ 株・企業報】。
カテゴリー:

就活で急増! 企業が親まで巻き込む「オヤカク」って何だ? - 05月20日(日)16:00 

2019年春卒業の大学生の就職活動が本格化しているが、近年、「オヤカク」という就活用語が広がっているという。「オヤカク」(親確)とは、「親に確認する」ことが語源。企業が内定者を確保するため、内定予定者の親に対して「内定承諾」を確認するという。子どもの就職に、ここまで親が干渉する時代になったかとの感慨があるが、当の親たちは「オヤカク」をどう思っているのだろうか――。 内定予定者の「親の承諾を確認する」 主婦に特化した就労支援サービスを展開するビースタイル(東京都新宿区)の調査機関「しゅふJOB総研」が、712人の働く主婦に子どもの就活への関わり方や、「オヤカク」に関する意見や印象を自由に書いてもらったところ、親の半数近くが「オヤカク」を行なう企業には批判的で、「(企業の印象が)悪い」と答えた人が、「良い」と答えた人より2.5倍も多かった。調査は2018年5月7日の発表。 「オヤカク」は、具体的には「挨拶を兼ねて親に電話する」ことから、「会社紹介のパンフレットやDVDを親に送り、どういう会社か説明して安心させる」ことや、「採用担当者が家庭訪問をする」「親の同意書をとる」ことまで、さまざまなケースがあるといわれる。 J-CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に応じた「しゅふJOB総研」の川上敬太郎所長はこう説明した。 「『オヤカク』は数年前から脚光を浴び始めた言葉です。企業が内定者の親...more
カテゴリー:

クラウドファンディングも成功! Mastodon『friends.nico』発自主制作アニメ『シマエナガの「ナガオくん」』がシュール&キュート - 05月18日(金)23:00 

分散型SNS・Mastodon(マストドン)のドワンゴが運営する『friends.nico』のユーザー有志が制作しているアニメ『シマエナガの「ナガオくん」』。第一“羽”は仮想通貨ならぬ“疑似マネー”を巡ってひと騒動が起こるというストーリーで、キュートなキャラクターが風刺を込みでシュールなセリフを吐くあたり妙にハマる人が出てきて、『ニコニコ動画』では無名ながらも再生数が18000回近くにまでなっています。 シマエナガの「ナガオくん」第一羽 – ニコニコ動画_GINZA http://www.nicovideo.jp/watch/sm32972314 企画・原案・キャラクターデザイン・音楽を担当しているのは、『friends.nico』のユーザーでもあるゆびにぃ。オープニングテーマの作詞作曲も担当しており、やはり『friends.nico』ユーザーの有印良品(@yu_jirushi)が歌を担当。声優陣や音楽協力なども、つぢい・海苔ゴン・あんず・ハノア・ちりぞうといったユーザーが集まっています。 シマエナガの男の子・ナガオくんが、シマエナガの女の子のシマエちゃんが、「無駄に値段が高い服」を着て現れるオカメインコの男の子でヒットホップが好きなオカメ。“疑似マネー”で儲けることをナガオくんに話すと、「不労所得が欲しい!」と話に乗ってしまいます。 その後、なんと“疑似マネー”...more
カテゴリー:

無期雇用転換「すでに希望」わずか3%! 4月スタート、広がらぬ理由は? - 05月18日(金)19:45 

有期契約のパートやアルバイトの無期雇用への転換申請を可能にした「無期雇用転換ルール」の適用が2018年4月からはじまったが、すでに無期雇用への転換を「希望した人」は、わずか3%だったことがわかった。ディップ(東京都港区)が運営する求人情報サイト「はたらこねっと」のユーザーを対象に調査(2018年5月14日発表)。ルールの認知度も、31%にとどまった。 認知度は3割にとどまる 「無期雇用転換ルール」は、2013年4月の労働契約法の改正で、同じ使用者(会社)とのあいだで有期労働契約が5年を超えて反復して更新された場合、契約社員やパート、アルバイトからの申し出によって、所定の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できる制度。「2018年問題」ともいわれる。 5年経った今年4月は、この制度を利用した有期雇用の労働者が、初めて無期雇用として働きはじめたわけだ。 ところが、このルールの認知度はまだ3割にすぎない。求人情報のディップの調査によると、1369人の有効回答者のうち、無期雇用転換ルールを「よく知っている」は9%、「少し知っている」が22%だった。一方、「まったく知らない」と答えた人は42%、「あまり知らない」は26%だった。 また、無期雇用転換への賛否を聞いたところ、「賛成」は57%、「反対」6%と、賛成が圧倒的に多かった。ただ、「わからない」との回答も37%と多く、認知度の低さが響...more
カテゴリー:

もっと見る

「コインチェック」の画像

もっと見る

「コインチェック」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる