「ゲッベルス」とは?

関連ニュース

ナチスナンバー2の秘書が69年の沈黙を破る「ゲッベルスと私」 製作陣が撮影の裏側を告白 - 06月15日(金)14:00 

 ナチス政権の国民啓蒙・宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書を務めたブルンヒルデ・ポムゼルが、終戦から69年の沈黙を破り、撮影当時103歳でインタビューに応じたドキュメンタリー「ゲッベルスと私」。6月16日の日本公開を前に、ウィーンを拠点にする国際ドキュメンタリープロダクション「ブラックボックス・フィルム&メディアプロダクション」のクリスティアン・クレーネス監督、フロリアン・バイゲンザマー監督が、30時間にも及んだ独白の裏側を明かした。(取材・文/編集部)  1942年から終戦までの3年間、ゲッベルスの秘書として誰よりも近くにいたポムゼル。本作に着手する前、ナチス関連のドキュメンタリーを製作していた「ブラックボックス・フィルム&メディアプロダクション」は、そのリサーチ過程で彼女の存在へと偶然たどり着いた。「20世紀をずっと経験している彼女を題材にできるということは、我々にとって物凄いチャンスだった。聡明でユーモアがあり、ストーリーテラーとしての素質を備えていた」(バイゲンサマー監督)という発言を補足するように、クレーネス監督は立ちはだかった“壁”に言及した。  クレーネス監督「かつて取材を受けたドイツの新聞社に、自らの話を歪曲して書かれてしまったため、彼女は『(取材は)2度と受けない』という態度だった。製作はノーチャンスに等しかったんです。インタビューに応じてもらうための交渉に要し...more
カテゴリー:

ナチスへの熱狂、103歳独白 映画「ゲッベルスと私」 - 06月14日(木)13:28 

 ナチスドイツの国民啓蒙(けいもう)・宣伝大臣だったヨーゼフ・ゲッベルスの秘書だった女性にインタビューをしたドキュメンタリー映画「ゲッベルスと私」が16日、東京で封切られる。「深く考えることなく悪に同…
カテゴリー:

ナチスナンバー2の秘書が69年の沈黙を破る「ゲッベルスと私」 製作陣が撮影の裏側を告白 - 06月15日(金)14:00 

ナチス政権の国民啓蒙・宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書を務めたブルンヒルデ・ポムゼルが、終戦から69年の沈黙を破り、撮影当時103歳でインタビューに応じたドキュメンタリー「ゲッベルスと私」。6月...
カテゴリー:

【嘘も100回言えば】 ゲッベルス秘書独白、映画公開へ=監督「簡単に断罪できない」-都内で討論会 - 05月24日(木)01:04  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3175688?act=all 2018年5月23日 14:39 発信地:オーストリア 【5月23日 時事通信社】ナチス・ドイツのゲッベルス宣伝相の秘書だった女性が103歳でインタビューに応じた記録映画「ゲッベルスと私」が6月、日本で公開される。オーストリアから来日したクリスティアン・クレーネス、フロリアン・ヴァイゲンザマー両監督が22日夜、東京都目黒区の東京大学で討論会に臨み「歴史の回顧として撮影を始めたが、編集を進めるうちに今と似ていると思った」(クレーネス監督)と指摘。ゲッベルスの大衆扇動はポ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ゲッベルス」の画像

もっと見る

「ゲッベルス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる