「ケンドリック・ラマー」とは?

関連ニュース

ケンドリック・ラマーの国会議事堂前駅「黒塗り広告」 24歳仕掛け人を直撃 | BUSINESS INSIDER JAPAN - 07月17日(火)06:08 

ケンドリック・ラマーの国会議事堂前駅「黒塗り広告」 24歳仕掛け人を直撃 | BUSINESS INSIDER JAPANビルボードの年間1位アルバム「DAMN.」ケンドリック・ラマーは、今アメリカでもっとも影響力のあるアーティストだ。ビルボードが発表している年間アルバム・チャートでは2017年に1位を獲得。第60回グラミー賞(2018年)では5部門を受賞した。 さらに「現代のアフリカ系アメリカ人の人生の複雑さを捉えている」として、報道や...
カテゴリー:

【音楽】フジロック22年目の大変化 ヒップホップがメインのポジションに - 07月14日(土)14:09  mnewsplus

https://www.daily.co.jp/opinion-d/2018/07/14/0011442907.shtml 2018.07.14  世界的にも知られる国内最大級のロックフェス「FUJI ROCK FESTIVAL’18」(27~29日、新潟・苗場スキー場)が、22年目の今年、大きな変化を迎えようとしている。 6日に確定した最終ラインアップとタイムテーブルでは、なんといっても米国のヒップホップ勢が目を引く。最も大きなグリーンステージで初日がN.E.R.D、2日目がケンドリック・ラマーと、3日間中2日間のヘッドライナーを占めているのだ。   ◇  ◇ ...
»続きを読む
カテゴリー:

「3.5インチ革命」密かなブームとなっているフロッピーリリースの裏側 - 07月14日(土)10:00 

カセットブームの次は、フロッピーディスク?ノスタルジーを追求するヴェイパーウェイヴの世界で、今フロッピーディスクが愛される理由とは?カナダ・オタワでカセットとビデオテープでのリリースに特化したレーベルを始めたスターリング・キャンベルは、娘の住む場所に近いオンタリオ州コーンウォールに戻った際、自らを奮い立たせる新たな刺激を求めていた。「何か新しいことをやろうと思ったんだ」彼はそう話す。「世間が考えもしない、とことん馬鹿げたことをね」そうして誕生したStrudelsoftは、史上初のヴェイパーウェイヴ専門レーベルとされる。現在36歳の彼が運営する同レーベルの作品は、すべて3.5インチのフロッピーディスクでリリースされている。インターネットを住処とするその謎めいたサブジャンルは、これまでもノスタルジックなメディアにこだわってきた。既存の曲をスロー再生しつつ深いリヴァーブをかけ、センチメンタルとも不気味とも取れる世界観を生み出すヴェイパーウェイヴにとって、ヒスノイズを伴うカセットテープは理想的なメディアだ。同ジャンルが静かなブームとなっている現在、よりレアなフォーマットを求める各レーベルが目をつけたのは、80年代および90年代にWindowsやAOL、Doom等のシステムに用いられたフロッピーディスクだった。 「フロッピーはカセットよりも安価で、複製に手間もかからない。見た目もク...more
カテゴリー:

【ラッパー】ケンドリック・ラマーの「黒塗り広告」が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 - 07月13日(金)15:51  mnewsplus

霞ヶ関に突如現れた黒塗り広告。その企画意図は? ケンドリック・ラマーのセンセーショナルな広告が、突如東京メトロ国会議事堂前駅、霞ヶ関駅に出現した。 公的文書のような紙に書かれた文字を黒く塗りつぶし、その上にはケンドリック・ラマーの最新アルバムタイトルである『DAMN.』の文字、そしてケンドリックのサインが記されている。 日本に住む私たちには見覚えのある黒塗り文書。広告は全部で8種類あるが、塗りつぶされた文面をよくよく見ると、森友・加計問題を巡って国や自治体が公表した文書、そしてパワハラ告発に対して...
»続きを読む
カテゴリー:

【音楽】米上半期の音楽消費動向、「人気ジャンル1位」ヒップホップの勢いがさらに拡大 - 07月10日(火)21:55  mnewsplus

音楽セールスなどの実態を調査し報告するニールセン・ミュージックが、アメリカにおける2018年の上半期レポートを発表。「ヒップホップ/R&B」の人気がさらに拡大していることが明らかになった。 アメリカにおける音楽消費動向では、2017年の上半期に史上初めて、「R&B/ヒップホップ」がもっとも人気のあったジャンルに。R&B/ヒップホップ作品の総合ユニット(1ユニット=アルバム1枚の売り上げ相当)は前年の上半期に比べて17%上昇しており、R&B/ヒップホップ作品は音楽消費の全体の25.1%を占め、これまで1位だ...
»続きを読む
カテゴリー:

「日本3大音楽フェス」関係者だけが知っている歴代ベストシーン:フジロック編 - 07月15日(日)09:00 

今やすっかり夏の風物詩となった、音楽フェスが日本に根付いてから20年が経つ。近年は子連れで参加するオーディエンスも増えており、ビギナー/リピーターを問わず音楽と戯れ合う光景は、カルチャーとしての成熟ぶりを感じさせる。そのなかで、「日本の3大音楽フェス」と呼ばれるFUJI ROCK FESTIVAL(フジロック)、SUMMER SONIC(サマソニ)、ROCK IN JAPAN FESTIVAL(RIJF)は、アーティストと観客の熱狂が生んだ無数のドラマに加えて、フードやファッションといった音楽のみにとどまらないエンターテイメントの多様性でも時代をリードしてきた。そこで今回RSでは、それぞれのフェスと縁の深い関係者にインタビューを実施。彼らが目撃したベストシーンとエピソードを振り返ってもらった。vol.01 FUJI ROCK FESTIVAL(フジロック)1997年に誕生した、日本を代表する野外ロックフェス。国内外から集うラインナップの多様性や、自然に恵まれた開放的なムード、十人十色のスタイルで楽しめる懐の広さで、多くのリピーターを生み出し続けている。このようにフジロックが愛される理由を今一度確かめるべく、公式ファンサイトのカメラマン総括にインタビューを行った。音楽を被写体にするきっかけをくれたのがフジロック公式ファンサイト「FUJIROCKERS.org」(以下org)は、「FU...more
カテゴリー:

都内にケンドリック・ラマーの強烈なメッセージ広告登場 - 07月14日(土)10:59 

このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
カテゴリー:

【画像】ケンドリック・ラマーさん、来日記念に自民党の「黒塗り文書」を批判する広告を霞が関で展開 - 07月13日(金)17:12  news

2018年7月27日(金)、28日(土)、29日(日)新潟県湯沢町苗場スキー場にて開催される<FUJI ROCK FESTIVAL ’18>に 出演するために来日するケンドリック・ラマー(Kendrick Lammer)。 現代のブラックパワー(最前線で社会・不条理・不平等に徹底して抵抗する存在)の象徴であるケンドリック・ラマー来日のタイミングで、 日本で不都合なものを隠す意味で使用される黒塗り文書に『DAMN.』のメッセージを重ねた広告が、 7月13日(金)から19日(木)の期間に国会議事堂前駅、霞が関駅に展開されています。 https://qetic.jp/mus...
»続きを読む
カテゴリー:

黒塗り文書に“DAMN.”、永田町・霞が関にケンドリック・ラマーのメッセージ広告出現 - 07月13日(金)13:45 

ケンドリック・ラマーの5年ぶりの来日が迫る中、東京都内に登場した衝撃的なメッセージ広告が話題を呼んでいる。◆ケンドリック・ラマー画像この広告は、黒塗りされた公文書を思わせるデザインに、最新アルバムのタイトルで「くそ...
カテゴリー:

「ケンドリック・ラマー」の画像

もっと見る

「ケンドリック・ラマー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる